おとなのマル秘趣味クラブ

初心者におすすめの熱帯魚の飼育法。熱帯魚の飼育に必要なものは?

熱帯魚
LINEで送る
Pocket

グッピー、ネオンテトラ、コリドラス。熱帯魚の種類です。どれも、かわいらしい色や形をしています。見ているだけで、飼いたくなってしまいますよね。そこで、熱帯魚の初心者でも簡単にできる、おすすめの熱帯魚の飼育法や飼育に必要なものを紹介します。

スポンサーリンク

飼い始める前の注意点

まずは、一番初めに考えるのは、水槽の大きさです。

  • 30cm
  • 45cm
  • 60cm
  • 90cm

などがありますが、おすすめは、60cm水槽です。安売りしているのと、水の交換が楽、熱帯魚を沢山入れられるなどの理由からです。が、45cmでも、大丈夫です。

この時に大事なのは、置き場所です。60cmの水槽に水を入れると、水だけで約65kgになります。そこに、砂利とか付属器具などを足していくと、かなりの重さになります。簡単な台では壊れてしまったり、靴箱の上に置くと扉が開かなくなることもあります。専用の台とか、頑丈な置き場所が必要になります。コンセントも必要になりますので、置き場所としては、

  • コンセントが近くにある事
  • 直射日光を浴びない所
  • できれば家1階
  • 水がこぼれてもあまり大騒ぎにならない所

そんなところがあるかどうかを、まずは探してみてください。しかも、一度設置したら、簡単なことでは動かせませんので、一年を通しておいておける場所を選んでください。

熱帯魚飼育に必要なモノ

場所が決まったら、必要なものをそろえましょう。熱帯魚を始めようとする人は、夏が多いです。真冬に始めようと言う人は、あまりい無いと思います。そこで、夏に設置する場合の最低限必要なものを書き出します。

  • 水槽
  • カラーライト
  • 上部フィルター
  • ガラス板
  • カルキ抜き
  • サーモ付ヒーター(冬場に必要)
  • 活性炭など
  • ホースポンプ(水抜き)

これは、水槽の中には、熱帯魚だけがいるというシンプルな場合です。こんな感じで。

熱帯魚

これでは、「味気ない」「水草と土も・・」って言う人は、さらに必要なものがあります。

  • 砂利
  • 底面フィルター
  • 流木、水草(好きなモノ)

流木や水草は、後からでも追加できますが、砂利や底面フィルターは、ちょっと難しいですので、初めにどうするか決めることが大事です。まあ、初めに、お試し感覚でやってみようかな~って言う人は、水と熱帯魚だけで充分なような気がします。熱帯魚に、アロワナとかエンゼルフィッシュとか、大きめのものを入れると見栄えがしますから、大丈夫です。楽天ではこんなセットがありました。

こういうものに、足していけばいいんです。まあ、これだけでも、充分に飼育できます。お近くのホームセンターに行けば、いろんなものが売ってますから、見てみてください。でも、もう絶対飼うゾ!回り道はしないで、直球勝負!砂利、流木、水草をおいて、魚は、、〇〇だ!って言う人は、別です。60cmの水槽の10~15?点セットを初めから買ってください。どっちみち必要になりますから。

必要なものを購入できたら、さっそく飼育を開始です。 まずは、水作りから。

水作り。

水槽などを買ってきたら、まずは、水洗いしてください。その時の注意は、洗剤はゼッタイに使わないことです。水洗いで良いですので、内部の誇りやいろんなものを洗い流してください。水洗い出来たら、ろ過装置をセットします。ろ過装置は、上部式がおすすめです。上部フィルターというものです。水を一度汲み上げてから落とすので、エアを一緒に入れてくれますので、非常に便利です。濾過能力も高いので、魚たちにも優しいです。水槽、ろ過装置をセッティングしたら、水を入れます。水道水で充分です。8分目くらい入れたら、ろ過装置の電源を入れて、水を回し始めます。

ろ過装置は、ずーっと回しっぱなしで大丈夫です。電源を抜かないってことです。逆に、止める時は、水替えの時くらいです。そしたら、もうやることは終わりです。最低でも3日、できれば、1週間まわします。水草水槽の人も、そうでない人も、できれば、初めから水草を入れて下さい。一番最低のもので良いです。何もせずに、買ってきたポットのまま入れてください。水を作るために入れますので、枯れても良いですし、どうなっても構いません。

この1週間という時間の秘密は、3つあります。

  • 水温を部屋の温度と同じにする
  • カルキ抜き
  • バクテリアを多少増やす

魚が住んでいた環境と、なるべく同じにするためです。カルキ(塩素)をなくして、酸素を増やして、ろ過マットに、ごみを分解するバクテリアを育てる。とういことです。1週間たったら、次は、魚を買ってきましょう!!

魚の購入。

お待たせしました。念願のお魚です。基本的に、好きなものを買ってください。でも、注意点が3つあります。

  • 専門店
  • 安い熱帯魚

専門店

できれば、HC(ホームセンター)でなく、専門店に行きましょう。お近くになければしょうがないですが、なるべく専門店の方をお勧めします。HCでは、よく言われる様に、管理が甘いんです。また、状態や見栄えのいい魚は、まず専門店に買われます。つまり、余ったものがHCに入ってきます。その割に、値段が高いんです。管理が甘いというのは、病気になりやすかったり、すでに病気なのに、隔離しなかったりして広まってしまう事です。病気で、値段が高いというイメージ。専門店が委託で入っている所は別です。そういう所は、しっかりしていますから。

なので、どこで買うかは別にしても、病気の魚と一緒の水槽にいるものは、ゼッタイダメです。病気の魚が多いのお店も避けた方が良いですね。病気かどうかは、水の色で判ります。有名な「グリーンF」という薬があるんです。病気になると、その薬を入れて泳がせて治します。その名前の通り、グリーン(緑)色になります。一目瞭然です。^^

まとめると、第一のポイントは、できるだけ、専門店で買いましょうという事です。

数量

水槽に入れるが大事です。種類にもよりますが、初めは、10匹位にしましょう。本当に、試しと言う感じです。種類は、体の丈夫なものがいいです。たとえば、アカヒレとか、ネオンテトラとか。入れた日はエサを与えずに、次の日から、少なめに。少な目と言うのは、すぐになくなってしまうくらいの感覚です。初めに入れた魚たちのフンとか、エサの残りで、生きたバクテリアを増やしていきます。そのバクテリアが、魚たちにとって有害なものを食べてくれるんです。はじめは、ちょっとさびしいですが我慢してください。毎日見ることで、個体の識別ができるようになるかもしれません。そうしたら、名前を付けてあげて、かわいがってくださいね。^^

安い熱帯魚

いきなり高級魚はだめです。(値段です。)絶対失敗します。高級魚は、環境を調節するのが大変です。万が一、うまく行ったとしても、高級魚って、だいたい大きくなるものです。例えば、45㎝の水槽に、30㎝の魚って変でしょう。アロワナなんて、120㎝の水槽が普通です。水槽だけで、何万円もします。^^あとが大変なんですよね。川に捨てるなんて、ゼッタイやってはいけないし、専門店に引き取ってもらうなんて難しいです。

さらに、水槽のなかの環境づくりも全く違う魚もいます。 サンゴ砂を敷かないといけないものとか、肉食の魚なんで、エサの小魚、コオロギを買わなきゃいけないとか。一般に名の通った安い魚は、それほど苦労しないで済みます。気軽に、熱帯魚ライフを楽しむことができマス。^^  2~3種類入れる場合は、店員さんに、一緒に入れても良いかどうかを、聞いてから買ってくださいね。

もう一度書きます。魚選びのポイントは、

  • 専門店で
  • 少量
  • 安い種類を

具体的な魚種は、アカヒレ、ネオンテトラ、グッピー、〇〇グラミ―、〇〇コリドラス、ランプアイ、〇〇テトラ、プラティ、プリステラ。熱帯魚飼育になれてから、飼ってみたい熱帯魚をチョイスすることをお勧めします。こんな感じです。

熱帯魚の通販店にリンクしていますので、見てみてください。値段とか、いろいろ見れますので、見てるだけでも、飼ってる気分に浸れます。

熱帯魚を買ったら

熱帯魚を買ってきて、すぐに、水槽の中に入れてはダメです。はやる気持ちを抑えて、透明のビニール袋ごと、水槽の中に浮かべましょう。水槽の水温と、持ち帰ってきた水温が違うためです。急激な水温の変化は、魚たちにとって、大ダメージです。水槽に浮かべることによって、水温を同じにしていきます。2~3時間たったら、水ごと水槽の中へ入れてあげましょう。でも、ゆっくりとですよ。やさしく!!最初は、びっくりしながら泳ぎ回るはずです。もしも、水草が入っていたら、そこに隠れるかもしれません。水作りの時の水草が役に立ちます。^^

魚を入れた日には、エサは、与えないでください。次の日から、少な目に与えるのがコツです。少な目というのは、見ているうちに食べちゃう量です。

エサの話がまだでしたね。えさは、魚を買ったところのおすすめでいいです。自分で選ぶのなら、魚種に合わせたエサを、HCで買ってください。メーカーは、キョーリンとか、テトラとかなんでもいいです。上に書いた魚種でしたら、特別なエサは必要ないです。フレークになっていたり、顆粒状になっているものがあります。私は、ずーっとテトラミン 52gでした。これは、フレーク状なんですが、魚が小さい時には、細かく砕いてあげていました。えさをあたえて、食べている所を見ていると、やってみてよかったなーって、しみじみ思うはずです。今までの苦労が癒される瞬間です。楽しんで、見てくださいね。

エサは、朝、晩の2回でOKです。

水替え

魚を入れてから、1週間後、初めての水替えです。よく、3分の一から半分と言われますが、そんなに変えなくてもいいです。まあ、4分の一から5分の一くらいで、ホースポンプを使って、下にたまっているごみと一緒に水を吸い出しましょう。ろ過装置のろ過マットは、洗わないでください。エサなどで、汚れてしまっている場合、捨てる水槽の水で、洗ってあげればいいんですが、軽くゆすぐ感じにしておいてください。せっかく着いたバクテリアが消えちゃいますから。その後は、1週間に1回程度、こまめに水替えをしてください。

まとめると、

  • 買ってきたら、水槽にビニール袋ごと浮かべる。
  • 3時間後、ゆっくり入れる。
  • エサは、次の日から、1日2回。少な目に。
  • 水替えは、1週間に1回。4分の一から5分の一。

うまく行けば、夏休みの間くらいは、こんな感じで、熱帯魚ライフが楽しめます。そのあとは、厳しい冬がやってきますから、ヒーターとかで、温度管理しなきゃいけないです。9月頃になったら、サーモ付ヒーターを入れて、温度を26度くらいに保ってください。

【PR】

最後に。

熱帯魚は、本当に面白い趣味です。どちらかというと、頭脳系の趣味ですね。ふっかくハマっている人は、僕の周りにもいるんですが、変な人が多いです。ぜひ、あなたにもこのおもしろさ判ってもらいたいです。ただ、女性にはわかりづらいかもしれません。僕のおすすめは、グッピーのペアとコリドラス2匹です。見ているだけでも、たのしいんですが、グッピーって意外にカンタンに子供を産んでくれます。そのあたりも、飼う人が多い理由です。グッピーを4ペアくらい入れて、ネオンテトラを20匹くらい入れて、水草ポッドを適当に入れておけば、キレイだし、繁殖も楽しめます。今回は、最低限の基本の水槽のセットの方法でした。

一応、気休めかもしれませんが、バクテリア剤も入れた方が良いかもしれません。バクテリア剤と言うのは、ろ過バクテリアなどを生きたまま容器に封印して売ってるものです。例えば、

などですね。これらによって、魚たちが元気になると言われています。多少、気分の問題かもしれませんが・・・^^  何かわからないことがありましたら、遠慮せずに、コメント欄で聞いてみて下さい。以上、初心者におすすめの簡単な熱帯魚の飼育法でした。

【PR】

 

水谷優太

水谷優太

投稿者の記事一覧

いつも読んで頂いてありがとうございます。
何かありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
【長野県出身。信州大学卒業。趣味は読書と映画鑑賞。松本市で取材活動をしています。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

結婚したいっ!

  1. バラ
  2. お風呂
  3. 子猫

素敵な恋に出会う方法

  1. アクセサリー
  2. 散歩
  3. 恋する女の子

最新記事

  1. 旅行
  2. 手をつなぐ
  3. ピクニック
  4. サンドウィッチ
  5. ピクニック
PAGE TOP