おとなのマル秘趣味クラブ

熱帯魚の初心者でもできるワンランク上の飼育法!キレイに見せるコツとは?

熱帯魚
LINEで送る
Pocket

最近、アクアリウムが話題になっています。アクアリウムとは、熱帯魚を水槽で飼うものですが、見ているだけで癒される、落ち着くなど女子に人気が高くなっています。ただ、熱帯魚を飼いたいけども、どうやって飼えばいいのか分からないって人多いと思いますので、初心者でもできる熱帯魚のワンランク上の飼育法をまとめました。しかも、熱帯魚をきれいに見せるには、ちょっとしたコツがあるんです。

スポンサーリンク

ワンランク上の飼育法とは?

熱帯魚の飼育法と言ってもいろいろあります。まず第一に、海水魚と淡水魚。真水か、海水かってことですが、初心者には、海水魚はまず無理です。装置の値段も高くなるし、海水魚自体の値段も高いです。見ている分にはとてもきれいなんですが、管理は大変だし、後処理も大変です。なので、クラゲを飼うとか、クマノミを飼いたいって思ってたら、あきらめた方が良いかもしれません。どうしても飼いたい!って思うのでしたら、まずは、淡水から練習してステップアップしていくことをお勧めします。海水魚は、5ランクくらい上の熱帯魚の飼育法です。

次に、魚水槽にするのか、水草水槽にするのか、それともミックス水槽にするのかによっても違います。魚水槽とは、アロワナとかの魚を魚だけで買うことです。アロワナの様な高級魚じゃなく、一般的な熱帯魚でしたら、あまり気にせずに熱帯魚を楽しむことができますが、見た目的には、如何にも初心者ってイメージです。水草水槽は、水草をメインに水槽を作ることで、魚は添え物にすぎません。見た目的にプロっぽいですよね。ミックス水槽とは、どちらも楽しむ水槽で、初心者がプロっぽく見せるにはこれが良いと思います。

その次は、どんな魚、どんな水草にするかによっても飼育法のランクは変わってきます。カンタンに言えば、アフリカにすむ魚とアジアに住む魚では、飼育法が違ってきます。基本的には、日本の水道の水を使って水槽を作るので、アジアの川でおよいでいるような魚と水草を使った水槽のセットでしたら、全くの初心者でもきれいに見せることができますし、飼育することを楽しんだり、見ることを楽しむことができます。逆に、アフリカの魚は、水質管理が大変ですので、2ランクから3ランクぐらい上の飼育法だと感じます。

なので、ワンランク上の熱帯魚の飼育法は、ミックス水槽で、アジアの熱帯魚たちを使った水槽セットです。ちょっとしたコツを使って、水槽をセットしていけば、初心者とは思えないような水槽を作ることができますので、楽しみに読んでみてください。さらに、水槽セット作ってから、動かしてみて、慣れてから、ランクアップしてく事もできます。ランクアップは、魚や水草の種類です。飼いやすい魚、卵を産みやすい魚はいます。そういった誰もが飼いやすい魚、水草を使って、プロっぽく見せることができます。楽しんでやってみてください。簡単な飼育法はコチラの記事をどうぞ。

参照 : 初心者におすすめの熱帯魚の飼育法

用意する器具。

まずは、用意する器具です。本格的に見えるために必要な器具です。水槽に使うものとして、

  • 60cm水槽
  • ガラスブタ
  • 上部フィルター
  • ろ過マット
  • 底面フィルター
  • カラーライト(光の色が違う二灯式)
  • 砂利(60㎝水槽で、8㎏~10㎏程度、大磯砂等)
  • サーモ付ヒーター
  • リングろ過材(エーハイムとか、バイオファーム等)
  • 活性炭
  • カルキ抜き(テトラコントラコロラインなど)
  • 粘膜保護材(テトラアクアセイフなど)
  • 流木、水草等
  • 水質安定剤
  • 水槽台

セットしたり、管理する時に使うものは、

  • バケツ
  • ホースポンプ
  • ネット(網)
  • ピンセット
  • テーブルタップ
  • 雑巾

熱帯魚の15点セットみたいなものもありますので、それを買われていも良いです。重複しないで下さい。カルキ抜き、活性炭、粘膜保護材、ろ過材などは、何でも良いです。販売している人に選んでも良いですし、見た目で選んでも良いです。ちなみに、私は昔からテトラ派です。上に書いたものは、基本です。新製品が出たり、魚が病気になったりするとそのたびに、いろいろ買い足すものが出てきます。近くにHC(ホームセンター)があれば、安いものが手に入ります。ムリして、専門店まで行く必要はないです。近くに売っているところが無ければ、通販でもいいです。

楽天でも安いものが手に入ります。

税込、送料無料で、15605円です。この水槽は、前面の角が曲がっていますので、とてもきれいに見ることができます。入っているものは、

  • LEDライト
  • 上部フィルター
  • マット
  • サーモヒーター
  • 水温計
  • エサ
  • ガラスふた
  • カルキ抜き

このセットにふそくしているものは、

  • 砂利
  • 流木関連
  • 水質安定剤
  • 底面フィルター
  • リングろか材
  • 粘膜保護材
  • 水槽台

これ等を買う必要があります。HCなどに行けば安価なものが手に入ります。

セッティング。

一応、全て水洗いしてください。ただし、洗剤は使わないでくださいね。水槽も、ヒーター類も水につかるものは洗うのが基本です。流木は、あくを出してあると思いますが水につけておいてみてください。すぐには使わないので、1日くらいは浸しておいてもイイかもしれません。

面倒くさいのは、砂利です。最後に洗ってください。少しずつばけつなどに出しながら流水などであらいます。砂利の種類にもよりますが、10回位やらないと濁りが取れないものもありますので、これだけはていねいにやってください。洗浄済みとか、酸処理済と書いてあってもお米を研ぐ要領で、洗ってください。洗ったら、あらかじめ底面フィルターをひいいた水槽の中にいれていきます。なので、あらかじめ、水槽を置く場所を決めて、水槽を置いてから砂利を洗い始めてください。水槽を置く場所は、

  • 直射日光が当たらない
  • コンセントから少し離れてる
  • 60kg以上になるので、しっかりした場所

水槽に水を入れてセットすると、60kg以上になるので、簡単には移動できません。なので、しっかり決めてから、砂利を洗い始めて少しずつ入れていってください。コンセントの位置は非常に大事です。コンセントの近くに水槽を置いて、万が一水漏れした場合には、漏電とか、ショートすることがありますので、なるだけコンセントには水がかからない位置にする事です。そこから、テーブルタップで電源を確保すればいいです。あと、直射日光が当たるところは、温度管理、コケ管理が難しいのでNGです。

全て水洗いし終わったら、セッティングです。

  • 底面フィルターのパイプと、上部フィルターを直結します。
  • ヒーターなどを設定。
  • 水を入れます。砂が舞い上がらないように、お皿などを敷いてその上から。
  • 水草付き流木や、観賞用石を入れて、水草を植えます。
  • ガラスブタを置き、カラーライトを置きます。
  • すべての電源コードを継なぎ、メインコードをコンセントに差し込み、回転!

これで、一応完成です。もちろん、フィルターマットとか水温計は適当なところでつけてください。電源を入れる時は、濡れていないことを確認してください。漏電、ショート・・・怖いですよ。書くと簡単ですが、半日仕事だと思ってください。やっていると、楽しくて、すぐに時間が経ちますけど・・・^^

初めは、水が濁っているはずです。 普通の砂利ですと、いくら洗っても濁りが出るから、仕方がないです。「濁り除去剤」と検索すると、いろいろ出てきます。HCに行けば、いろいろな水質調整剤を売っています。ますは、多めの活性剤をいれて、濁りやいらないものをとるようにして下さい。活性炭は、使い捨てなので、ドンドン使ってみてください。この状態で、1日たつと、透明になってきます。

ですが、魚はまだです。 本格的にやるわけですので、10日~14日我慢して、ろ過だけまわしていてください 。私は、せっかちだったんで、5日後位に、アカヒレを5匹くらい入れてしまいました。^^ でも、意外に大丈夫でしたね。あなたも、どうしても!って言う時は、2~5匹くらい、試しに入れてみてください。ただ、本番用の種類の魚はいれない方がいいですよ。

ちなみに、通販で魚の生体も買えますので 試しに、取ってみてはいかがでしょうか。待っている時間に、ちょうど水ができるかもしれません。

上の写真をクリックしてください。楽天の中の有名店のHPにジャンプします。1000円以下で、お得な魚を購入できます。水草、流木もHPの「水草 流木・石」の所をクリックすればいろんなものが載っていますのでいろいろ調べてみてください。

砂利の引き方は、手前を低く、奥側を高くすることです。 流木、水草などは、センス次第です。私は、水槽をゾーン分けにすることが多いです。左側を水草ゾーン、右側を何もないゾーンにすることが多いです。熱帯魚水槽 レイアウトでグーグルの画像検索をしてみてください。(一応、リンクしておきました)いろんなパターンがありますので、好きなレイアウトを参考にしてください。水草を植える時は、できればピンセットで根元をつかんで、砂利のおくまで突っ込むことです。田植えみたいなイメージですね。

まとめます。

  • 水槽、他の器具を水洗いしてセットします。
  • 砂利を敷いて、水を入れます。
  • 魚を入れるのは、10日~14日後に。

魚を入れましょう。

魚は、お好きな種類を入れてください。おススメは、カラシン類を2~3種類とグッピーや、プレコ、オトシンクルスなどの水底にいるタイプのものを何匹かいれます。もしくは、エンゼルフィッシュなどの中型の魚と、水底系の魚です。あなたの中に、熱帯魚水槽のイメージがあるはずです。なるべくそれに近くなるように、魚たちを選んで入れたほうがいいかもしれません。

 

混泳が向かない魚もいます。基本的に、大きさの違うものは、マズイと思った方が良いです。小型カラシン類の混泳は美しんですが成魚が、大きくなるものは入れないでおきましょう。サッカープレコなんて、その代表格です。コケ掃除として良く入れますが、本当に成長すると、50㎝位にはなってしまいます。

ここに説明は難しいのでゆっくり、自分で調べていくことで知識が増えていくと思います。では、普段のメンテナンスです。

メンテナンス。

普段のメンテナンスは、水替えが殆どです。初めは、1週間に1回、4分の一位を変えましょう。その際には、クリーナーポンプとかプロホースみたいな手動ポンプ付きのクリーナーが便利です。それ等を使って、砂の中のごみも吸い取ってしまいましょう。ろ過マットは、その吸いだした水で軽く洗えばOK!そのうち、1月に1回程度まで頻度を減らせます。水を足すだけになってしまう人もいます。ある程度、環境が整えば、それほど神経質にならなくても大丈夫です。コケが付き始めたら、えびを買ってくるとかコケ取りスクレーパー見たいのものを買ってきて自分で落としてください。

慣れてきたら、卵の孵化にもチャレンジしたらおもしろいですよ。

グッピーとか、エンゼルフィッシュとか、子供を作りやすい種類が沢山いますからそのことも考えて、魚種を選ぶことも必要です。後から入れて、方向転換も面白いです。2本目、3本目の水槽チャレンジもいいです。大きくしたり、小さくしたり、いろいろありますから。あとは、病気だけ気を付けてください。

スポンサーリンク

 

病気について

病気には、いろいろ種類があります。白点病、水カビ病、phショック・・・何か、おかしいなと思ったら、すぐにネットで検索することをおすすめします。かならず、対策が掛れているHPがありますから。なるべく早く処理するのが良いと思います。

それぞれの病気に対する薬も、市販されています。購入した専門店に行くのも、いい方法です。特に、高価な魚だと、思い入れもあるでしょうから早めの対策が必要です。そのためには、毎日、観察することが重要になります。朝晩の2回、エサを上げる時が、観察タイムです。よく見ながら、エサをあげてください。

もう一度言います。早めの対策が大事です。

最後に。

熱帯魚の飼育で一番大事なものは、水です。いかに、自然と同じ状態で、魚たちにストレスを与えない水を作れるか?そのことに、尽きます。ph、GH、KHと、いろいろな数値があります。それを調べるキットもたくさん売られています。水質調整剤もいろんな種類があります。毎日毎日が勉強だと思って、楽しみながら、飼育していってくださいい。

 

スポンサーリンク

 

水谷優太

水谷優太

投稿者の記事一覧

いつも読んで頂いてありがとうございます。
何かありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
【長野県出身。信州大学卒業。趣味は読書と映画鑑賞。松本市で取材活動をしています。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ステキな恋愛をするために

  1. 運命に、似た恋
  2. 夕焼け
  3. 結婚式
  4. クリスマス
  5. 指輪

最新記事

  1. 自信
  2. 蚊取り線香
  3. プロポーズ
  4. 本
  5. 結婚

成功するデート術

  1. 焼き鳥
  2. ピクニック
  3. 釣り
  4. ピクニック
  5. クリスマス
  6. ケバブ
  7. クリスマスプレゼント
  8. バーベキュー
  9. ディナー
スポンサーリンク
マンゴー
  1. カエル
  2. クリスマスプレゼント
  3. ピクニック
  4. スーパームーン
  5. 結婚式
  6. 結婚式
  7. 海

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. りんご
  2. 結婚
  3. 日帰り旅行
  4. 結婚
  5. サツマイモ
  6. 肩こり
  7. 弁護士
  8. 松本城
PAGE TOP