大切にしたい日を集めました。

折り紙付きとは?お墨付きと太鼓判との違いも知ってる?

ツル
LINEで送る
Pocket

「折り紙付き」って言う言葉、知ってる?

最近の子供たちは、
どうも、昔の言葉はわからないみたい。

 

同じような意味で、ちょっと違う言葉、

「お墨付き」「太鼓判」

についても、その違いを調べてみた。

スポンサーリンク

折り紙?

何で、今さら「折り紙付き」か?って言うと、
昨日、掃除機を買いに行ったら
となりに、4人家族が同じように、買ってたんだよね。

 

「このメーカーなら、折り紙付きですよ!」

って、量販店の店員が。

 

そしたら、小学生くらいの子供が、

「折り紙もついてくるんだったら、これにしよ!」

だって。

ツル

 

えっー?知らないんだ?

 

もちろん、夫婦は、すぐに教えていたんだけど、
一瞬、折り紙付きって言葉、合っていたっけ?
って思った。

 

そりゃそうだ!

折り紙と言えば、あの千代紙。
こどもは、正直だから、
折り紙と言えば、鶴を折ったりする紙しか
思い浮かぶわけが、ない。

 

そこで、ちょっと疑問が。

なんで、折り紙がつくと、
権威が付いたようになるんだろ?って。

 

ん?折り紙?

 

で、ちょっと調べてみた。

折り紙の意味?

ウィキペディアで調べてみると、

折り紙とは、

折り紙(おりがみ、折紙)とは、紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊び。また、折り上げられた作品そのものや、折り紙用に作られた正方形の専用紙、千代紙などのことを指す。

(ウィキペディアより引用)

え?

そのまんまじゃん!

 

あ!そうか

折り紙付きで調べないとダメなんだ!

 

で、折り紙付きで調べみると、

載ってない!?

 

じゃ、ってんで、家にある広辞苑で調べてみると、

鑑定保証の折り紙が付いているもの。
(広辞苑より)

折り紙とは、

① 奉書、鳥の子、檀紙などを、横二つに折ったもので、公式の文書、消息、進物の目録、鑑定書などにもちいる。 ② 書画、刀剣、器物、技量などの鑑定書。
(広辞苑より)

なるほどね!

 

「これ、本物!」っていう鑑定書が

折り紙って事なんだ!

 

「なんでも鑑定団」に出て、鑑定されたり、
家電の保証書と一緒。

買う方から言えば、
この商品は、大丈夫!っていう鑑定書や
保証書が付いてたら、安心だもんね。

 

 

あーーヨカッタ!

ちょっと、ホッとしちゃった。

 

でも、広辞苑なんて開くの、
何回目だろう?

調べる時は、広辞苑に限るよね。^^
(決して、宣伝じゃないです。)

 

さっそく、恋人にその話をしたら、

「じゃ、お墨付きってのは?」

だって。

 

え?

なんで、そんなこと急に言うの?
って思いながら、「なんでも鑑定団」を思い出して

なんか、昔の古文書みたいに、
殿さまからもらった手紙の事じゃない?
って、言っといた。^^

 

お墨付きの意味は?

結局、家に帰るまで、

なんなんだろう?

って、ずーーーと。

 

家に着くとすぐに、広辞苑に。

お墨付きとは、

主君の花押(かおう)の押してある文書。幕府、大名から証明のために家来に与えた。御判物(ごはんもの)
(広辞苑より)

よかったー!!
合ってた!

 

実は、「なんでも鑑定団」だーーーい好き!^^

だから、花押(かおう)ってのも、
すぐわかっちゃった。

墨で書いた、サインみたいなもの。
家康とか、秀吉のものが高いんだよ~!
って、当然、買えないけどね。

 

って、一人で、ニヤニヤしてたら、
TVの中から、TVショッピングのあの人の声が・・・

「・・・・この商品は、私が、太鼓判おします。さらに・・・・・」

 

え?太鼓判?

 

なんか、折り紙つき、お墨付きと同じ意味・・・?

 

太鼓判の意味は?

すぐさま、広辞苑を。

太鼓判とは、

①古甲金(ここうきん)のひとつ。太鼓形で、一分金・・・

② 太鼓の様に大きな印判。転じて、確実な保証の意。
(広辞苑より)

なるほど!
太鼓の様に大きな印判を押して、
保証を証明するんだ・・・

 

って、思ったけど、

ん?

太鼓の様な大きな印判?

そんなの、本当にあったの?
って言うか、そんなの押したら、字、書けないんじゃない?

って、ちょっと疑問に。

 

・・・・?

 

って、3分位考えたら、
①の古甲金(ここうきん)?

 

もしかしたら、こっち?

 

 

古甲金と言うのは、
昔、武田信玄よりずっと前、戦国時代のころから
甲斐の国で、つくられていた金貨。

実は、甲斐の国が、日本で一番早く、
お金を作って、流通させてるんだ。
金山があったから。

ちょっと前の記事で、
南北朝時代、楠木正成の事を書いたけど、
その頃からの話なんだ。

 

で、その古甲金の一分金には、
まわりが、太鼓のへりみたいに
丸い模様がついてるんで、太鼓判とよばれてるんだって。

 

ちろん、どこで作ったか判るように(多分?)
花とかの模様も押してあるんだよね。

 

おおっ!それだっ!

それが、本来、というか、
転じた元の話だよ!

 

つまり、こんな感じ。

古甲金の太鼓判をどこで作ったか、
保証するために模様を付ける。

ホントの古甲金だとわかる。

太鼓判に模様が押されてる。=本物
っていう、意識が広まる。

太鼓判には、模様が押されてる。

転じて、「太鼓判を押す」と言う言葉に。

 

う考えても、
こっちの方が、本当でしょ!

しかも、ハンコの大きさで
保証できたら、だれでも保証できちゃうでしょ。

もう、広辞苑に文句言おう!

 

んて、チョット思ったけど、
広辞苑だし、偉い先生だし・・・・・

ま、いっか~。
私の中だけで、それ間違ってる!
って思っとこ。^^ ね。

 

【PR】

まあ、ちょっと長くなっちゃったけど、
今日は、日本の昔からの言葉について
調べてみました。

 

一番保証が大きいのは、

お墨付き

なんてったて、お殿様からだもんね。

 

次は、

折り紙付き

最後は、

太鼓判

これは、ちょっと根拠があいまいだからね(私的に)

 

何かあったら、ちょこっとつかってみると、
相手の反応がおもしろいよ。

 

じゃあね。

 

PS。

ちなみに、札付きってのもあるよね。
これは、逆の悪い意味だけど。

これは、江戸時代の住民登録みたいなとこに、
これは、要注意人物だよ!
って札を付けておくことから始まったんだって。

豆知識でした。ジャンジャン。

【PR】

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ステキな恋愛をするために

  1. バラ
  2. 素敵な恋愛
  3. 結婚
  4. カレンダー
  5. シルバーウィーク

最新記事

  1. 旅行
  2. 手をつなぐ
  3. ピクニック
  4. サンドウィッチ
  5. ピクニック

成功するデート術

  1. バーベキュー
  2. キャンプ
  3. こんにゃく
  4. お泊り
  5. サツマイモ
  6. クリスマス
  7. キムチ鍋
  8. ピクニック
スポンサーリンク
オクラ
  1. ボンゴレビアンコ
  2. 初詣
  3. 海
  4. 手をつなぐ
  5. 旅行
  6. お茶
  7. 本
  8. 熱帯魚

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ディナー
  2. まりも
  3. 子猫
  4. マンゴー
  5. ういろう
  6. きゅうり
  7. 結婚
  8. 目は口ほどにものを言う
  9. 指輪
PAGE TOP