結婚したいっ!

プロポーズのタイミングは付き合って1年!幸せになるには昼間や朝に!

結婚式
LINEで送る
Pocket

プロポーズのタイミングは、つき合って1年が良いと言われています。交際期間と年齢から考えていくのが大事ですが、幸せになるためのプロポーズのタイミングと、プロポーズする時間は何時が良いのか、夜よりも昼間や朝の方が良いのか?を考えてみます。

スポンサーリンク

プロポーズのタイミングは?

「プロポーズのタイミングは?」と考えているというあなたは、結婚したいと思ってるはずです。しかも、プロポーズを成功させてOKをもらいたいし、幸せな結婚生活をしたいと思っているのではないでしょうか。もしくは、そろそろかな?とか、最近、結婚式の話とか、誰それが結婚したっていう話題が多いと感じているかもしれません。

問題は、相手がどう思ってるかですよね。

結婚したいビームをだしている相手ならわかりやすいのですが、あなたが一方的に結婚をしたいと考えてるのでしたら、作戦が必要です。心理学的にも、周りの環境を見ながら作戦を立ててプロポーズをすることで、成功の確率が高くなっていきます。

そこで、成功しやすいプロポーズのタイミングを見て行きたいと思います。

成功しやすいプロポーズは、つき合ってから1年経った辺りです。会う回数にも関係しますが、1年くらいが成功率が高いと思います。

理由としては、出会って付き合うまでに、3か月くらいあります。大体、3~5回会うと、付き合いが始まります。その後、週に1度会うとしたら、半年で24回、1年で48回会うことになります。回数にはあまり意味がありませんが、大体1ヵ月一緒にいれば、相手のことも良くわかってきて、自分に合うのか遭わないのか、はっきりしてくると思います。

なので、付き合いはいじめてから30回会ったくらいの、1年くらいたった時点で、一生一緒にやっていけると感じたら、プロポーズをされたらどうかと思います。

ただ、その前に、旅行に入っておいた方が良いと思います。1泊か2泊くらいの旅行で、親に内緒でも打ち明けてもどちらでも良いです。プロポーズをする前に一度旅行をしておくとことで、今まで隠していた相手の本音が少しずつ見えてくるはずです。人間は、3時間までは本音を隠しておけると言われています。結婚式や会社の宴会も2時間過ぎると嫌になってきませんか?仕事でも、3時間おきに休憩がしっかり入っていませんか?

フッと、本音をはいているところを見逃さないでください。言ってみれば、結婚のお試し旅行、プチ同棲みたいなものです。ここは譲れないとか、ここを直してもらいたいと言う部分があったら、それとなく言ってみることです。それでだめだったら、どんなに好きでもプロポーズはしない方が良いのではないでしょうか。結婚した後に、大変になってしまいます。

それに、お泊りの旅行に誘うことで、そういうつもりがあるかどうかも判断することができます。

出会って、5回位までに付き合って、1年後に旅行してOKならプロポーズするのが、タイミング的には王道と言えると思います。

付き合って1年以上?

付き合って1年以上たって、相手からなにもアクションがない場合、そろそろお互いの気持ちを確かめ合って行った方が良いかもしれません。

まずイチバン大事なことは、お互いに結婚する意識があるということです。世間には、結婚なんてとんでもない、とか、一緒に住むなんて・・・、子供って必要?っていうような人が沢山います。今、つき合ってるひとが、普通に結婚する気持ちを持ってるひとかどうかが大切です。

その次に大事なことは、あなたの気持ちです。これを機会に、結婚をどうするのか本気で考えてみることをお勧めします。年齢にもよりますし、いろいろな環境もあります。そう言った事をひっくるめて、いまおつきあいしている人と結婚できるかどうかを考えてみてはどうでしょうか。その時は、結婚しなきゃいけないと言う考えは捨てて、残りの人生、そのあいての人と長く暮らしていけるかどうかを想像してみることです。なんとなく、一緒にいると幸せになれそうだな~くらいの気持ちがあればいいのではないでしょうか。

そして、あなたの気持ちが固まったら、ちょっとずつ、会話に結婚のキーワードを差し込んでいくことです。そして、結構、反応が良いリアクションが帰ってくるようでしたたら、プロポーズをされることをお勧めします。いきなりするよりも、それとなく雰囲気を出していくことで、相手も考えるようになったり、用意を始めますので、スムーズにいくと思います。

その場合、相手の人や、環境などで、「結婚してください」とかしこまって言うのが良いのか、「結婚してみる?」や「一緒にくらそうか」なんて軽めの言い方が良いのか、プロポーズされる前に少し考えてもらった方が良いと思います。

では、いつプロポーズすればいいのでしょうか?

プロポーズの時間

プロポーズすると決めたときに問題になるのが、いつするか?です。

上に、書いたように、正式に言うのか、流れで言ったり、軽く言ったりするか考えるのと同時に、いつそれを言うのかを考えておいた方が良いです。

プロポーズの時間と言うと、多くの人が夜、夕食後、夜景を見ながら9時くらい・・・と、圧倒的に夜のプロポーズをイメージします。実際に、その時間でされている人が多いと思います。実際にプロポーズされたい場所は、

  • 自宅
  • レストラン
  • 夜景の見える場所
  • 思い出の場所
  • ホテルや旅館

などです。想像してもらえればわかると思いますが、大体、夜のシチュエーションですね。では、朝、昼、夜のうちどの時間帯にプロポーズすればいいのでしょうか?

結論から言えば、いつでもいいのですが、それぞれの特徴があると思います。まとめてみると、

朝のプロポーズ

朝、プロポーズしたいと言う人もいます。理由は、朝はすがすがしくて気持ちが良いからとか、1日の始まりだからとか、その日1日が楽しくなるからと言った理由があります。朝、プロポーズして、婚姻届をもらいに行って、両親に挨拶しながら記入してその日のうちに提出してしまうのもイイかもしれません。結婚式や披露宴、新婚旅行など、かんがえることが一紀に来てだいぶ忙しくなりますが、意外に、さっぱりとするかもしれませんね。

昼間のプロポーズ

イチロー選手など、昼間のプロポーズを進める方もいます。理由母っきりしています。冷静に考えることができるからです。太陽の光の下でプロポーズしたりされたりすることで、現実の自分たちや、未来のことをしっかりと考えることができます。

その分、雰囲気でOKをしないので離婚したりする割合が少ないといえます。ほとんどOKしてもらえる場合、わざと昼間にプロポーズして、夜は将来のことを考えながら食事をしたり、お酒を飲んだりすると、忘れられない思い出になると思います。

夜のプロポーズ

夜のプロポーズの一番の利点は、雰囲気で押し切れるところです。プロポーズに良いムードを求めている人たちは多いです。星空の下で、夜景を見ながら、ムードのあるバーで、旅先の旅館の縁側で・・・など、ロマンティックなシチュエーションでささやくことで、OKをもらいやすくなります。お酒が入ってるなら、なおさら、ノリや盛り上がった状態で決断を迫るので、断ろうとする気持ちすらなくなってしまいそうです。

なので、後からキャンセルになったり、離婚してしまう確率が高くなるような気がします。ただでさえ恋愛と言う魔法にかかってるのに、さらに夜の魔法をかけながらプロポーズをするので、後から考えれば「なんであんなこと・・」って思ってしまうのではないでしょうか。

まとめると、幸せに結婚生活を送るためには、昼間にプロポーズした方が良いとわたしは考えています。断られた場合も、逆に、結婚しないで良かったと考えることができます。ムードで結婚してしまって、後から地獄を見る目になるカップルもいるはずです。そうならないためにも、ぜひ、昼間にプロポーズしてください。昼間にプロポーズしてOKしてくれたら、結婚しても幸せになるはずです。それは、冷静にお互いの将来について考えた結果、結婚をするからです。

ちなみに、わたしも昼間にしました。考えたわけではなく、自然にそうなってしまったのですが、その後の夕食はとてもおいしかったことを記憶していますし。今でも、幸せにやっています。

スポンサーリンク

 

まとめます。

プロポーズのタイミングと時間についてみてみました。

プロポーズのタイミングは、出会って3~5回で付き合い始めて、それから1年後が、ベストタイミングです。その近辺にある誕生日やイベントなどの記念日に焦点を絞って、計画を立ててみてください。おそらく、付き合い始めて1年経つと、多くの人は、会えるだけの幸せからステージが上がって、これからどうしようと考えますので、いいタイミングになってきます。

また、その時期が、一番気持ちが盛り上がる時期です。脳の中のホルモンの量が多くなっていますので、恋愛モードマックスのような状態になっていくはずです。3年目から減っていくと言われていますので、付き合いだして3年経つ人は、赤信号がともってると考えてもらっていいと思います。「鉄は熱いうちに打て」と言われますので、つき合いだしてから、1年から2年くらいで結論を出してプロポーズしてみてください。

そして、いきなりプロポーズは厳しいと思いますので、ちょっとずつ、結婚の話を匂わせることもイイかもしれません。芸能人の話とか、友達の話、赤ちゃんや恋愛ドラマなど、話題は沢山あると思いますので、結婚をイメージさせるようなことを小出しにしていかれることをお勧めします。

プロポーズのタイミングは、昼間をお勧めします。朝プロポーズもいいのですが、頭がボーっとしている人もいます。起きて2時間たつとシャキッとします。その時間帯、お昼から夕方にかけて、プロポーズしてみてください。言う本人もそうですが、言われた相手も、かなり冷静に判断してくれます。その結果、結婚した後に幸せになれる確率がかなり増えると思います。

時間的には、昼食を終えてから午後のお茶をしている間が良いのではないでしょうか。

昼プロポーズでは、冷静に判断するだけではなく、しっかりした決断も下してくれるからです。ムードに流される夜のプロポーズは、お酒のせいとか、雰囲気に流されてという言い訳ができますが、昼プロポーズには言いわけできることがあまりないので、自分で結論を下したという記憶が刻まれます。なので、結婚に対して、真正面から取り組んで、自分の責任で結婚したんだと思ってもらえます。

その結果、結婚してからも、おたがいに相手を思いやりながらいい夫婦生活を送っていけると考えています。

付き合って1年後に、昼間にプロポーズ。それが王道だと思います。参考にしてみてください。

以上、プロポーズのタイミングと幸せになるプロポーズの時間でした。

スポンサーリンク

 

水谷優太

水谷優太

投稿者の記事一覧

いつも読んで頂いてありがとうございます。
何かありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
【長野県出身。信州大学卒業。趣味は読書と映画鑑賞。松本市で取材活動をしています。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ステキな恋愛をするために

  1. 女子
  2. 指輪
  3. カレンダー
  4. クリスマスマスイブデート
  5. 恋する女の子

最新記事

  1. 自信
  2. 蚊取り線香
  3. プロポーズ
  4. 本
  5. 結婚

成功するデート術

  1. 子猫
  2. キムチ鍋
  3. 諏訪湖
  4. ピクニック
  5. キャンプ
  6. おそば
  7. ピクニック
  8. ボンゴレビアンコ
  9. クリスマス
スポンサーリンク
卒業式
  1. 熱帯魚
  2. 軽井沢
  3. エアコン
  4. ハイキング
  5. 焼き鳥
  6. 手をつなぐ
  7. 恋する女の子
  8. 目
  9. ホットアイマスク

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. バラ
  2. キャンプ
  3. 除雪
  4. カエル
  5. 焼き鳥
  6. まりも
  7. ボンゴレビアンコ
  8. カップル
PAGE TOP