結婚したいっ!

プロポーズのタイミングを逃したら?逃がさない方法と逃がした後の対処法!

結婚式
LINEで送る
Pocket

プロポーズのタイミングを逃したと思ったら、ドラマ「ボク、運命の人です」の定岡くんを想い出してみてください。プロポーズのタイミングを逃さない方法と、逃したあとの方法をお話しします。

スポンサーリンク

タイミングを逃したら後悔?

「プロポーズのタイミングを逃した~!」と思うときはどういうときでしょうか。

ズバリ、断られたときではないでしょうか。後から考えて、あのときにプロポーズしていたら、OKしてくれたのに・・・と思ったときが、「タイミングを逃した」というときだと思います。色々なサイトで、生々しい言葉が載っています。

・天気の良い、1年記念日にプロポーズをしようと思っていたが、豪雨でできなかった。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・一緒に国内旅行に行った際に、フェリーの上で指輪を渡そうとしたら、甲板から海に指輪を落としてしまった。(30代/男性/会社員)
・付き合って5年たった時に、付き合いも長いしここがプロポーズのタイミングだと思い決心した途端、 肺炎にかかり入院してしまい、タイミングを逃してしまいました。(30代/男性/契約派遣社員)
・あまりにも、その人が自分には特別な存在で、あと一歩踏み出す勇気が出せなかった。(10代/男性/学生)
・断られるのが怖くて、プロポーズを言い出せずにタイミングを逃してしまいました。(30代/男性/会社員)
・当日、自分が熱を出してしまったとき、そのときが一番悔しかった。(20代/男性/会社員)
・彼女の親戚のおばさんから急な電話が入ってしまったこと。携帯はこのような時には究極の邪魔者です。(50代/男性/自営業(個人事業主))
・クリスマスイブで相手の女性もプロポーズしてもらいたいビームをだしていたのですが、いきなり急用の電話が掛かってきて帰ってしまった時です。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・プロポーズ予定だったのですが、当日電車が不通になり予定が狂いました。(70代/男性/無職)
・当日、電車等の公共交通機関が遅れてしまい、約束の時間に遅刻してしまった。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・勝負服を準備、髪型もきちんとセット、だけど指輪を忘れてしまい、その日はプロポーズできず残念なことに。(30代/男性/契約派遣社員)
・準備万端で臨みましたが、緊張のため、過度に酒を飲んでしまい意識を失いました。(50代/男性/自営業(個人事業主))(出典:I-PRIMO

ここに書かれてる人たちは、この後どうなったのかわかりませんが、もしも、断られていたら、タイミングのせいにして後悔しているのではないでしょうか。

また、つき合っていて、プロポーズしたときに断られた場合、タイミングのせいにする人が多いです。

  • もう少し早くしていればき
  • ちょっと早すぎたかも
  • あのときプロポーズしていれば

なんて考えるのではないでしょうか。他に付き合ってる人がいない場合には、その人にたいする気持ちがなくなっているということですから、タイミングの問題なのかもしれませんね。

つまり、それだけプロポーズのタイミングは大事だと言うことです。タイミングを逃すと、後悔する確率が高くなります。

逃さない方法

では、プロポーズのタイミングを逃さない方法と言うのはあるのでしょうか。

あります。

それは、結婚すると決意することです。

何が何でも結婚すると思うことが一番大事だとわたしは考えています。ただし、相手もあなたのことが好きだと言う条件があります。嫌われていたら、単なるストーカーになってしまいますので、やめてください。相手もあなたのことを好きだという前提で、あなたが結婚すると決めることが大切です。

「それって、当たり前じゃない?」と思うかもしれませんが、とても大事なことです。結婚することよりも、そこにたどり着くまでのプロセス、手段にこだわってしまう人が多いです。

たとえば、上の例で言えば、

  • 雨が降ったから
  • 指輪を落としたから
  • 入院したから
  • 断られるのが怖かった

など、自分で考えてるプロセス、手段がくるってしまい、プロポーズしなかったわけです。天気が良い日にカッコよく、指輪をだしながらカッコよく・・プロポーズしたかったのにできなくなってしまったから、プロポーズ事態をやめてしまったんですね。

その部分が大事だとわたしは思います。もちろん、記念になるようなプロポーズをしたいという気持ちはわかります。一生に一回ですから。ですが、イチバン大事なことは、結婚すると言うことではないでしょうか。だったら、なにがあろうと、プロポーズしようと決めたら、してしまえばいいのです。

男性にはその傾向があります。思い通りにならないとあきらめてしまうとか、カッコ悪いんじゃないかなと思ってしまったりします。

なので、プロポーズのタイミングを逃さない方法は、「決意する」ことです。プロセスがくるっても、手段が代わってもプロポーズをすることが後悔しない事です。

そして、「○○したらプロポーズする」という条件を考えることをやめることです。出世したら、お金がたまったら、異動になったら・・・という人がいますがそれを頑張ってるうちにタイミングを逃してしまいます。とりあえずプロポーズしてしまいましょう。「○○したら結婚してください」と、プロポーズを結婚という言葉に切り替えて、あらかじめ伝えておきます。そうすれば、相手の気持ちが分からなくなって、離れて行ってしまうことはないです。

結婚を匂わせたら

また、結婚を全く考えていなかったのに、結婚の話をにおわせてくる時があります。

やたらと、友達の結婚式のはなしをしたり、TVを見ながら結婚式のシーンに食いついているとか、芸能人の結婚、恋愛にいつも以上に反応が強いときありますよね。そういうときは、結婚を従ってると思ってください。うすうす感じてるとは思いますが、大体、あっています。

じつは、それがプロポーズのタイミングです。プロポーズを待ってるんですね。いそがしいとか、早いとか理由をつけて先延ばしにしていると、今度は相手の熱がさめてしまい、プロポーズのタイミングを逃してしまったということになります。

なので、プロポーズのタイミングを逃したくなければ、結婚の話をにおわせてきたときにプロポーズをすることです。少しでも結婚される意思があれば、プロポーズしてみてはどうでしょうか。言葉は単純で良いと思います。

「じゃあ、俺らも結婚する?」

で、良いのではないでしょうか。もしも「ちゃんとして」と言われたら、ちゃんとプロポーズするだけで良いと思います。一番大切なのは、相手がどう思っているのかっていうことです。

しかも、男性と女性では考え方が違いますから注意が必要です。人によっても違いますが、ちゃんと考えないと相手に失礼だと思う男性が多いはずです。というのは、男性は、同時進行で考えることに不向きな人が多いです。料理で言えば、スープ、メイン、サラダ、デザート、明日のお昼、お弁当を同時進行にかんがえることが苦手です。スープを完璧にしたら、メインに、という感覚ですね。その表れは、「仕事が一区切りしたら真剣に考えるよ」みたいなドラマでよくあるセリフです。

男性側としては、ちゃんと考えるつもりなのですが、女性側としたら、ちゃんと考えていない、後回しにされているとと言う感覚になってしまい、信じられなくなったり、他に好きな人が出来てしまう訳です。なので、プロポーズのタイミングを逃がさないためには、相手が結婚を匂わせたらすぐプロポーズすることです。

逃したと思ったら

プロポーズのタイミングを逃したと思ったら、どうすればいいのでしょうか。

あらかじめ決めておいたプロセスや、手段が変わってしまって、プロポーズのタイミングを逃したと思ってるのなら、カンタンです。

先日のドラマの「ボク、運命の人です」のなかで、定岡くんがプロポーズしていたのをご覧になったでしょうか。定岡くんは、プロポーズする前に三恵がOKをだしてしまいました。その瞬間結婚行進曲が流れました。そして、三恵が言いました。

「結婚するなら一緒でしょ」

定岡くんは、三恵が記念に残るプロポーズをされたいと思っていたようですが、三恵はそんなことは思ってもいませんでした。逆に嫌だと言っていました。

これを見て、はっきりわかりました。プロポーズのサプライズは、あなたからプロポーズされることだと言うことです。場所やプレゼント、タイミングなどは些細なことで、あなたからプロポーズされることが一番のサプライズですし、プレゼントなんだと思いました。それよりも、実際に結婚することの方が大事だということですね。

なので、プロポーズのタイミングを逃したと思った瞬間、何もかも忘れて、「結婚してください」ということが大切だと思います。あとから、本当は・・・と打ち明ければイイだけです。相手と結婚をしたいという気持ちを打ち明けるのが、プロポーズですから、それには、雨も、指輪も病気も関係ないと思います。

ただ、タイミングを伸ばしてしまい、相手の気持ちが離れて行ってるな~と感じたときには、焦りは禁物です。「あのとき、結婚したいビーム出していたよね」というのは、もう過去の話です。熱が下がってしまった相手に、プロポーズしてもむりです。まずは、相手の熱量を感じてください。

「そう言えば、ちょっと前に、結婚の話していたよね」

など、問いかけて、乗ってこない様なら、冷めてますから新たに作戦を考えることが必要です。まずは、相手の気持ちをチョット確かめてみることが大事です。

【PR】

まとめます。

プロポーズのタイミングを逃さない方法は、結婚するという決意をすることです。そして、プロポーズにこだわらないと言うことが大事です。手段やプロセス、ぷれぜんとにこだわってしまうひとがいますが、イチバン大事なことは、結婚したいという意思表示をすることです。何があっても、結婚したいと言うことだけを伝えることが大事です。

そして、「○○したら・・・プロポーズしよう」みたいに条件を付けるのではなくて、「○○するので結婚したい」とあらかじめ伝えておきましょう。ある意味、予約みたいな感じなのですが、多くの人は相手がどう思ってるのかわからなくて悩んでしまうことが多いですので、そうならないために、あらかじめ予約しておくことをお勧めします。

プロポーズを逃したら、まずは相手の気持ちを確認して見ることです。当たり前ですが、熱が冷めてしまっていたら、プロポーズしてもとうていOKはもらえません。新しい作戦を考える必要があります。

多くのドラマ家、映画でプロポーズをテーマにしたものがありますので、そういうものを見て参考にして見ることも大事です。結婚を匂わせたら、結婚をしたいと思ってるというサインも大事です。見逃さないでくださいね。

イチバン大事なことは、相手の気持ちです。相手の表情、言葉、態度などからなにを思ってるのかを想像しながら、プロポーズをどうやってやっていくのか、考えてみてください。

【PR】

 

水谷優太

水谷優太

投稿者の記事一覧

いつも読んで頂いてありがとうございます。
何かありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
【長野県出身。信州大学卒業。趣味は読書と映画鑑賞。松本市で取材活動をしています。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ステキな恋愛をするために

  1. ガム
  2. 手をつなぐ
  3. 手をつなぐ
  4. 目は口ほどにものを言う
  5. 指輪

最新記事

  1. 結婚
  2. 結婚式
  3. 結婚式
  4. 結婚式
  5. 結婚

成功するデート術

  1. ピクニック
  2. 公園
  3. 釣り
  4. とまと
  5. サンドウィッチ
  6. キャンプ
  7. ケバブ
  8. 子猫
  9. イルミネーション
スポンサーリンク
蚊取り線香
  1. 山口達也
  2. キムチ鍋
  3. 諏訪湖
  4. 小麦粉
  5. アーモンド
  6. クリスマスプレゼント
  7. 古本
  8. そばの花
  9. ご飯

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. クリーナー
  2. プロポーズ
  3. line
  4. オクラ
  5. 日帰り旅行
  6. 結婚
  7. 肩こり
  8. 釣り
  9. ブーツ
PAGE TOP