事件

赤池洋文ツイッターが炎上「ラーメンWalkerの百麺人のひとり」フジテレビプロデューサー

梅澤愛優香さんのツイッター記事事件

赤池洋文フジテレビプロデューサーのツイッターが大炎上しています。

赤池洋文氏は、ラーメンWalkerの百麺人のひとりで、ラーメンに関すテレビ番組を持ってる方です。

赤池洋文氏のツイッターや顔画像、インタビューなどをまとめました

<追記>10/14 12:00 梅澤愛優香さんに脅迫状

梅澤愛優香-脅迫事件

赤池洋文氏には全く関係ないと思いますが、10/14のお昼頃、梅澤愛優香に脅迫状が届いたと本人がツイッターで明かしました。

梅澤愛優香さんはただラーメンを作ってるだけです。

ヤフコメ-口コミ

件の評論家も、この犯人も、彼女がどれだけ精神的な苦痛を味わっているか想像できないんだと思う。
あの評論家の方、あのブログ以降の発言があまりに軽くてびっくりした。
1日も早く、本来のラーメン業に集中出来ることを願っています。

 

多くの人は、「こうなったのは評論家のせいじゃん」と思ってるはずです。

業界をあげて、梅澤愛優香さんを守ってもらいたいものです。

赤池洋文氏の炎上したツイッター「上から目線」

赤池洋文ツイッター

私は自分のことを評論家だと
思ってないですが
世の中的に見たら
“評論家みたいなもん”でしょうから
出禁ですね
それで結構です

共にラーメン界を盛り上げられる
ハズなのに
なんでこんな風になっちゃうのかなー

とても残念です

 

梅澤愛優香
ラーメン評論家の入店お断りします
ラーメン評論家の方々とお会いしてきましたが、8割が私へマウンティングか言葉のセクハラが酷い人ばかりでした
それもあり避けたら裏で中傷される始末
うちにはマイナスしかなかったです

今後ラーメン評論家、同業で評論してる方の入店を全店固くお断り致します

元アイドル(バイトAKB)のラーメン店主梅澤愛優香さんのツイッターへのリツイートです。

「出禁ですね」

「それで結構です」

「共にラーメン界を盛り上げられる」

という上から目線の言葉が、そもそもマウントを取ってると言うことに気づいていないところに、炎上しています。

梅澤愛優香さんのツイッター記事「ラオタはいらない」

梅澤愛優香さんのツイッター記事

(一部抜粋)梅澤さんは今年9月、店をめぐるトラブルに見舞われたと明かし、大きな注目を集めていた。  今秋に新店舗の開店を予定していた梅澤さん。しかし9月5日、新店舗に不可欠な原料の仕入れが「ある中傷」により突如困難となり、開店の目途が立たなくなったとツイート。悲しみや悔しさを滲ませ、「全て壊されました」と書き込んでいた。

ある中傷とは、

「『反社との繋がりがある』と取引先様へ嘘の吹聴をされた」

ということです。

他にも抽象されているということで、全てに対して告訴するために9/24には県警に行かれたということです。

赤池洋文氏のようなラーメンオタクや評論家は、

「おれがあんたの店をはやらせてるんだ」

という間違った意識でマウンティングしてきているんだと推測されます。

かつて話題になった、すべてのリストを頼んで食べ残していく迷惑ユーチューバーと同じ意識です。

県警が動き出せば、現在のマウンティングラーメンオタクたちは一掃されるはずです。

とくに、梅澤愛優香さんのお店に絡んできた人たちに厳罰を下して名前などを晒してもらいたいものです。

赤池洋文フジテレビプロデューサーの顔画像

赤池洋文フジテレビプロデューサーの顔画像です。

赤池洋文フジテレビプロデューサー

赤池洋文フジテレビプロデューサー

(引用:Walkerplus)

Walkerplusというサイトでのインタビュー記事内画像です。

ツイッターもしています。

赤池洋文ツイッター

このツイッターでは、いろいろなお店のラーメンも紹介しています。

赤池洋文氏の経歴「雑誌にテレビに百麺人?」

赤池洋文氏ウィキペディア

ウィキでも赤池洋文氏のページがありました。

ウィキペディアで初回されてる経歴は、

  • 上智大卒業
  • 2001年フジテレビ入社
  • バラエティ制作センター
  • ディレクター・プロデューサーとして「ライオンのごきげんよう」、「アイドリング!!!」、「はねるのトびら」、「爆笑 大日本アカン警察」等を担当
  • 「寺門ジモンの取材拒否の店」、ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」、「NONFIX ドッキュ麺」を企画
  • 2018年よりBSフジで「RAMEN-DO」
  • 2019年に「ラーメンWalker」の「百麺人」に
  • 「ラーメンWalkerTV2」のナビゲーターに

「RAMEN-DO」という番組は、1時間で1軒のラーメン店に焦点を当てたドキュメンタリー番組です。地上波ほどではないですが、取り上げられることでかなり売上はアップします。

CSでも同じような「ラーメンWalkerTV2」という番組を持っています。出るにはお金が必要なのでしょうか?

ラーメンWalkerというのは、KADOKAWAが出してる情報雑誌です。

もちろん、ラーメンWalkerに自分のお店を載せるにはお金がかかります。ラーメンWalker

ラーメンWalker-費用

ラーメンWalkerに載せることで、売上は必ずアップします。

その点から見た某テレビ局関係者は、

「赤池洋文氏のさじかげんひとつで売上の増減ができてしまう」

と、ヒソヒソ声で話してくれました。

この雑誌で、赤池洋文氏は百麺人になりました。

百麺人は全国で10人、

  • 赤池洋文(フジテレビ社員)
  • 小野員裕(大衆料理研究家)
  • 加藤昌史(元キャラメルボックス製作総指揮)
  • 小林孝充(食ジャーナリスト)
  • 田中一明(公務員)
  • 田中貴(ミュージシャン)
  • 鳴見なる(漫画家)
  • はんつ遠藤(フードジャーナリスト)
  • ブライアン・マクダストン(ラーメンブロガー)
  • 山本剛志(ラーメン評論家)

この人達に評価されることで、売上が変わるわけです。

中には、それをネタにマウントを取ろうと思う人がいてもおかしくはありません。

ラーメン店の人もそれを良しとしてるお店も多いかも知れませんが、それを見てる読者たちは「一体何を見せられてるのだろう?」と疑問に思っています。

梅澤愛優香さんのように迷惑をこうむってる人もいます。バカなラオタたちに負けずに頑張ってもらいたいです。

梅澤愛優香さんの告訴がどの様になるのか、新しいことが分かり次第、追記していきます。

<追記>梅澤愛優香さんへのセクハラ評論家が判明

梅澤愛優香さんへのセクハラ事件

ラーメン店経営・梅澤愛優香さん:「セクハラについては、2年ぐらい前。その方が結構、酒を飲まれていて」梅澤さんと、その評論家が共通の知人も交え、食事をしていた時のことです。

梅澤愛優香さん:「『写真を撮らせて下さい』と。そこでお断りをしたんですけど、『顔は写らないから、首から下の体だけ写真を撮らせてくれ』という感じで。私がいいよと許可も出していないのに、すごく撮られて。結果、その写真はどうなったのかも分からないままですし。女性の私としては、気分が悪くなって、怖いですし、どういうふうに使われるかというのも」

梅澤さんはこれをセクハラと感じ、以来、そのラーメン評論家とは、関りを断ったといいます。

しかし、およそ1年後の去年4月、突然、その評論家がブログに、こんな書き込みをしたというのです。

ラーメン評論家の書き込み:「バイトAKB!!これはヤバい。ここヤバい会社だけど、地元の某業者にお金払わなくて。さすがに仕事では絡めないラーメン店」(引用:テレ朝news)

支払いとは内装費のことで、まだ工事が終わってなかったので当然支払っておらず、完了後にしっかりと払われてるということです。

この時の評論は、「H評論家」だということです。

このH評論家は、テレ朝の取材に対して、

ラーメン評論家:「写真は撮ったが、何のために撮ったかは忘れた。梅澤さんが抵抗感を持っているとは思わなかった。ただ、招待された会食の場なので、写真を撮ること自体は、悪いことだとは思わない」 また、「業者への支払いをしていない」と書き込んだことについては…。

ラーメン評論家:「その時点で、払っていなかったのは事実なので、そう書いただけ。『ヤバい会社』と書いたのは、お金を払わないという意味だ」(引用:テレ朝news)

と答えていて、とんでもない人のようです。

テレ朝も取材しているので、この評論家のことは名前をしっかりと報道してもらいたいです。

この評論家以外にも誹謗中傷してる評論家がいるので、明らかにしてもらいたいですね。

<追記2>H評論家以外に、「S」と「A」が

梅澤愛優香

私がラーメン評論家を嫌う理由の全て

・Hより受けたセクハラと中傷
・Sより受けた皮肉と屈辱
・Aによるラーメン店との癒着

下記2名は権威あるラーメン雑誌の審査員

一部を除くラーメン評論家より受けた衝撃的な出来事を3つ選び取材して頂きました(引用:キャリコネニュース)

Hは「はんつ遠藤」氏だとわかりました。もしかしたら、Aが・・・。

【関連記事】

はんつ遠藤(H評論家)が謝罪!「単なるエロおやじで飲むとダメ人間に」

コメント