体にイイモノ大事典!

りんごの栄養と効能をまとめました。えっ!こんなスゴイ効果が?

りんご
LINEで送る
Pocket

 

りんご、食べていますか?

たまに、パサパサするから嫌い!って言う人いますが、
よっぽどまずいリンゴを食べているんじゃないでしょうか。

おいしいりんごについて、調べてみました。


スポンサーリンク


りんごは、オイシイだけじゃないんです。
様々なお得な成分が含まれています。

 

りんごに含まれる栄養素!

りんごは、100gあたり、

  • 水分      86.67g
  • エネルギー  48kcal
  • 食物繊維   1.3g
    (Wikipediaより引用)

 

他の成分は、後で書きますが、
見て驚いたのは、
りんごの大部分が水分なんですね~!

 

約85%なんです。
という事は、カロリーを気にせず、
食べられるってことです。

 

他に含まれているのものは、、
ペクチン、カリウム、ビタミンC
プロシア二ジン、リンゴ酸、クエン酸
など、体の為になるものがいっぱい!
ふくまれているんです。

 

まずは、ペクチン

ペクチンって言っても、何の事?
って思うと思いますが、
これが、大事な食物繊維なんです。

 

食物繊維は、
難しく言うと、細胞壁などを作っている元の物質の総称で、
人間の体内では、消化されない物質です。

 

じゃあ、入らないじゃん!
って言わないでください。
とっても大事なものなんです。

 

物繊維は、人間は消化できないんですが、
腸内細菌によって、分解されてエネルギーとして
体内に取り込んでいきます。

 

また、よく言われますが、
食物繊維って、
便秘の解消にも効果が高いんですよね!

 

食物繊維の他の効能は、
血糖値の急激な上昇の抑制、コレステロールの吸収抑制から、
肥満予防、糖尿病予防、
動脈硬化の予防が期待されます。

 

して、近年では、
ガン、心筋梗塞の予防としても、
考えられているものすごい成分が、
食物繊維なんです。

 

その食物繊維の一種がペクチンなんです。
ペクチンは、基本的に、同じ働きをしますが、
脂肪の吸収を抑えたり、
コレステロール値の低下、インスリンの分泌低下の効果が
特に高いんです。

 

腸内の乳酸菌の生育を助け
悪玉菌を抑えて、善玉菌を増やす働きもあります。
という事は、下痢にも、便秘にも効果がある、
整腸剤みたいなものですね。

 

んか、ヨーグルトと一緒に食べると、
スッゴイ効果が高そうですね。

 

まあ、簡単に言えば、
女性にとって、大事な成分が
このペクチンかな。

 


スポンサーリンク

 

次は、カリウム

カリウムは、
体内のナトリウムを排出する作用があります。

 

その結果、血圧の調整と、
むくみ解消、腎臓病や、高血圧の予防に優れた効果があります。

 

ただ、他の果物と比べてみると・・・

  • アボカド   720
  • バナナ   360
  • メロン    340
  • ザクロ    250
  • パパイヤ  210
  • マンゴー  170
  • ブドウ    130
  • スイカ    120
  • リンゴ    110
    (単位:mg、果実100g当り
    Wikipediaより引用)

うーん?
アボカド100gの6分の一。
他のサイトで言われるよりは、
効果が高い果物とは言えないようです?

 

だ、リンゴ100gと、アボカド100gでは、
金額と、食べる頻度が違うんで、
リンゴの方が食べやすいかもしれませんね。

 

アボカド1個が、大体100gです。
リンゴ100gは、大体半分弱です。
なので、同じ量のカリウムを取ろうと思ったら
アボカド1個に対して、リンゴ3個です。

 

やっぱり、うーん?
僕的には、リンゴの方がイイかな~。

 

そして、有機酸。

クエン酸リンゴ酸などです。

 

胃腸の働きを良くしたり、
疲労回復、新陳代謝を良くしたりします。

 

「疲れがとれる」という代名詞のような
物質で、レモン、ブドウ、ナシに多く含まれます。

 

食べて、疲れが取れるって
サイコーですね。

 

最後に、りんごポリフェノール!

りんごポリフェノールが含まれています。
茶カテキンとか、ワインに含まれる
ポリフェノールの一種です。

 

プロシア二ジンという物質が主で、
カテキンがいくつかつながった形をしています。

 

効能は、脂肪低減、アンチエイジング、
筋力アップ、抗がん寿命延長、
そして、美白
など、すばらしい効果が多いです。

 

りんごポリフェノールを取るだけでも、
健康になりそうな気がします。

 

アサヒビールなどでも、
商品化されていて、
今、大注目のサプリの一つですね。

 

若摘みのりんごに、多く含まれます。
なので、店先にはならびませんので、
気になる人は、サプリを探すといいと思います。

 

まとめます。

りんごには、数多くの有効な成分が
たっぷり含まれています。

 

ペクチン、カリウム、有機酸
そして、りんごポリフェノール。

 

ほかにも、フルーツですから、
ビタミンCとか、Aとか・・・

 

歯にも効くようです。
りんご1個を丸かじりすると、
自然に、歯が磨かれたり、
虫歯を抑制してくれるようです。

 

ヨーロッパはもちろん、日本とか
多くの国で、
「りんごが赤くなると、お医者さんが青くなる」
とか、言われています。

 

リンゴダイエットみたいな過激なものもありますが、
1日1~2個くらい食べていると、
健康になるのは、間違いがないようですね。

 

ひ、オイシイりんごを食べてください。
出来たら、信州産で・・・ m(_ _)m

 

今日は、おいしいりんごに隠された、
すっごい効能をお話しさせて頂きました。

 

最後まで読んでもらって、
感謝しています。
ありがとうございました。

 

では、また。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

水谷優太

水谷優太

投稿者の記事一覧

いつも読んで頂いてありがとうございます。
何かありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
【長野県出身。信州大学卒業。趣味は読書と映画鑑賞。松本市で取材活動をしています。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ステキな恋愛をするために

  1. ひまわり畑
  2. 日帰り旅行
  3. 結婚式
  4. クリスマスマスイブデート

最新記事

  1. 楽天テレビ
  2. 睡眠負債
  3. カリグラフィー
  4. りんご
  5. 海

成功するデート術

  1. サンドウィッチ
  2. 公園
  3. とまと
  4. キムチ鍋
  5. キャンプ
  6. 諏訪湖
  7. ディナー
  8. 釣り
  9. クリスマスプレゼント
  10. クリスマス

ピックアップ記事

  1. 焼き鳥
  2. 睡眠負債
  3. 手をつなぐ
  4. 肩こり
  5. 卒業式
  6. クリスマス
  7. シルバーウィーク
  8. サンドウィッチ
  9. 夕焼け
  1. 月見
  2. 結婚
  3. ビーチ
  4. 海
  5. 素敵な恋愛
  6. 海中
PAGE TOP