小野優陽ちゃん放置事件

大阪府富田林市の集合住宅で、2歳の小野優陽(おのゆうは)ちゃんが11時間もひとりきりで家の中に放置されて、熱中症で亡くなりました。

逮捕されたのは、亡くなった小野優陽ちゃんの祖母の小野真由美(おのまゆみ)容疑者(46)。小野真由美容疑者は同居する内縁の夫の桃田貴徳容疑者と二人の間の5歳になる子供とUSJに遊びにいってました。

小野真由美家系図が複雑「虐待を隠蔽か」

小野真由美容疑者の家系図はかなり複雑です。

小野真由美容疑者はまだ46歳ですが、5人の息子と一人の孫がいます。5人の子供の打ち4人は前夫との間にできた子供で、USJに一緒に行った5歳の五男は同居する内縁の夫・桃田貴徳容疑者との子供です。

亡くなった小野優陽ちゃんは、小野真由美容疑者の三男の息子の子供で、離婚したために引き取って育てていました。

小野真由美容疑者の家系図が複雑「虐待を隠蔽か」

小野優陽ちゃん父親のツイッター「子煩悩の優しい男性」

小野優陽(おのようは)ちゃんの父親のツイッターが判明しました。

優陽ちゃんの父親は、優陽ちゃんが生まれて6ヶ月後に激しいDVを奥さんにしたとして離婚した人物です。かなり危険な男性課と思いきや、ツイッターからは「子煩悩で優しい男性」という姿が浮かんできました。

優陽ちゃん父親のツイッターが判明

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。