服部恭太(京王線事件)

服部恭太の顔画像がヤバい「つり目の無表情」大人になれなかった中二病のニート

服部恭太容疑者-顔画像服部恭太(京王線事件)

11月1日の午後8時、東京調布市を走行中の京王線電車内で男が17人を刺傷した事件。

24歳の服部恭太(はっとりきょうた)容疑者がその場で取り押さえられました。

つり目で無表情な服部恭太容疑者の顔画像をまとめました。

渋谷ハロウィン2021ライブ動画まとめ「雨が降っていてヤバい」
2021年のハロウィンは10月31日(日)です。緊急事態宣言解除、時短営業要請も廃止されて、ハロウィンイブの10月30日はかなりの混雑になりました。10月31日は雨が降っていてヤバいようです。そこで、渋谷ハロウィン2021のライブ動画をまとめました。
行歩寿希生い立ちが悲惨「小学生の時から姉と一緒に児童養護施設」おりとちゃん事件
おりとちゃん事件の母親の行歩寿希(ぎょうぶじゅき)容疑者が一緒に虐待をしていたと逮捕されました。小学生の時から姉と一緒に児童養護施設に入れられて、性格と人生がねじ曲がってしまいました。行歩寿希容疑者の生い立ちを検証します。

服部恭太容疑者の顔画像「つり目で無表情」

服部恭太容疑者-顔画像

東京・調布市を走行中の京王線の電車内で男性が刃物で刺され、24歳の男が現行犯逮捕された事件で、男の新しい供述が分かりました。
逮捕された男は「6月、7月ごろから複数人の命を奪えば極刑になることを考えていた」と供述していることが新たに分かりました。
服部恭太容疑者は先月31日午後8時ごろ、調布市を走行中の京王線の車内で、70代の男性を刃物で刺して命を奪おうとした疑いが持たれています。刺された男性は意識不明の重体です。
警視庁によりますと、服部容疑者は車両の3号車から乗車して男性を刺した後、5号車に移動し、ペットボトルに入れた液体をまいてライターで火を付けたとみられます。
関係者によりますと、現場には殺虫剤とみられるスプレーが数本、残されていて、乗客にスプレーを噴射したり、スプレーを使って火を大きくしようとした可能性があるということです。
これまでの取り調べに服部容疑者は「8月の小田急線の事件ではサラダ油で火が付かなかったので、ライターオイルを使った」などと供述しているということです。
さらに、「仕事や友人関係がうまくいかず、6月、7月ごろから極刑になることを考えていた」などとも供述していて、警視庁は調布署に特別捜査本部を設置して詳しい状況などを調べています。(引用:テレビ朝日)

服部恭太容疑者は、犯行をおかしたあとに、警察が来るまで座席にゆっくりと座ってタバコを吹かしていました。

そのときに取られた動画はこちらです。

このときの服部恭太容疑者の顔画像をアップで拡大してみます。

犯人顔画像-2

服部恭太容疑者の顔と上半身をアップにします。

犯人顔画像-1

さらに顔だけを拡大します。

服部恭太-顔画像-3

ニュースで流れていた顔画像です。つり目で無表情です。

服部恭太-顔画像

つり目で顔は無表情でしたが、目撃者の情報によると、

「右手には、犯行に使ったと思われる刃物。そして、火のついたたばこが左手に。タバコを吸おうと口に持っていくが、緊張しているのか、手が小刻みに震えていた」(乗客)

手が震えるときというのは、医療関係者に聞くと

「アドレナリンが出ていると、筋肉を収縮させて手が震えます。寒い時などに震えて熱を出す仕組みです。また、低血糖の時にも手が震えます。」

服部恭太容疑者は犯行を犯したことで、アドレナリンが出まくっていたのか、低血糖の状態だったと推定されます。

そのとき、無表情の顔の下で思っていたことは

「おれはついにやったぞ」

「ヤバいことやっちゃった」

のどちらかです。

それなのに顔が無表情ということは、服部恭太容疑者は精神疾患を患っていた可能性が高いです。

おとなになれなかった中二病のニートと言われていますが、うなずけます。

服部恭太容疑者はジョーカーの仮装して顔の化粧はナシ

緑のシャツ、ブルーのスーツの上下はバットマンの敵役、ジョーカーの仮装だと言われています。

ただ、アメリカ映画の『ジョーカー』ではないです。アメリカ映画『ジョーカー』の中のジョーカーは、緑のシャツにオレンジ色のベスト、赤色のスーツなので違います。

どちらかというと『ダークナイト』のなかのジョーカーです。

日本の漫画『ワンオペJOKER』で描かれてるジョーカーにも近いです。『ワンオペJOKER』の表表紙には、

ワンオペJOKER

ただ、こちらもオレンジ色のベストを来ていますし、髪の毛は緑です。

楽天市場で、「ジョーカー 仮装」で検索すると、同じようなコスチュームがありました。

ジョーカー仮装

税込みで25,520円です。これを買ったのかも知れません。

服部恭太容疑者の髪の毛は、目撃者によると金髪です。服部恭太容疑者の顔にも化粧がないです。

スーツ、顔、髪の毛を考えると、それほどジョーカーに思い入れはなく、ハロウィンに紛れ込むための仮装だったと言えます。

また、ジョーカーを選んだ時点で、おとなになりきれない中二病だと推測されます。

服部恭太容疑者の顔は犯行後も「無表情」

仮装した服部恭太容疑者は、顔には黒いマスク、ふちなしメガネをかけ、17人を襲った後に何事もなかったような顔をして座ってるのが、逆に怖いです。

特に、顔の中のつり目が異常です。目撃者のツイッターによると、

「電車に入ってきたときから、顔つきや目が怖いやつだと思った。薄ら笑いを浮かべた顔、ちょっと開いた口、顔や首をかしげながら乗ってきた」(乗客)

「血がついた刃物を持って、表情がない顔だった。こっちを見たときの顔が怖かった」(乗客)

「めざまし8」のインタビューでは、その時の様子をこう語っていました。

「まず車両に変な顔のやつがいて、まず逃げようって話になって、前方の車両にどんどんと大人数になって。それが20人くらいが30人、40人になって。前の方が『たばこを吸うな』とか、そういうとこからはじまったのかな。『包丁持ってるから逃げろ』っていうところで、みんなのスイッチが入ったので、」(乗客)

「座って携帯を見ていたりしたら人が動き始めたので、最初はただ車両を移動しているだけだと思っんですけども。たくさんの人が次々来たので、あまりにもたくさん来たので、聞いてみたんです、『どうしたんですか?』って言ったら、ちょっとやばい人がいる、危ない人がいる、変な人がいるってなって、ちょっとそれは離れた方がいいなと思って」(乗客)

話していたひとはものすごい怖いものを見た顔で話していました。

逮捕されたときの服部恭太容疑者も顔は無表情

逮捕された瞬間を見た人は、

「電車の中だったんで詳しくは見えなかったんですけど、床に伏せてやっていたのかなっていうのが見えました。顔は無表情で、確保されたときも、抵抗する素振りも悔しそうな顔もみせなかったです」

逮捕されたときも顔は無表情だったということです。

服部恭太-逮捕-顔画像-1

服部恭太-逮捕-顔画像-2

このあとは、警察官におとなしく連れられていって、外に待機していた車に乗っていきました。

服部恭太容疑者のプロフィール

服部恭太容疑者のプロフィールは、

  • 氏名 服部恭太
  • 年齢 自称24歳
  • 住所 不明
  • 職業 不明

いまのところ、服部恭太容疑者の詳しいプロフィールは警察から発表されていません。

わかってるのは、ツイッターで映し出された服部恭太容疑者の顔画像だけです。

服部恭太容疑者と似た事件の犯人の顔画像

電車内や駅構内でおきた事件の犯人の顔画像をまとめました。

服部恭太容疑者は、

「人の命を奪って極刑になりたかった。2人の命を奪えば極刑になると思った」

「8月におきた小田急線の件を参考にした」

と供述しているとされています。

小田急線の件とは、対馬悠介が小田急線の快速急行内で起こした男女9人を刺傷したものです。

対馬悠介容疑者の顔画像です。

対馬悠介-顔画像

対馬悠介容疑者は、「幸せそうな女性を見ると○してやりたい」「女性なら誰でもよかった」と言ってました。

駅構内でおきたものとしては、地下鉄白金高輪駅で起きた「硫酸ぶっかけ」があります。

地上出口に向かうエスカレーターで花森弘卓容疑者が被害者に塩酸をかけて逃亡しました。

hanamori-hirotaka3-1

2018年に起きた新幹線「のぞみ265号」内での通り魔小島一朗容疑者の顔画像です。

小島一朗容疑者-顔画像

小島一朗容疑者も対馬悠介容疑者と同じく、「むしゃくしゃしていた。誰でも良かった」と平然とした顔で話していました。

(追記していきます)

服部恭太の生い立ちは貧乏だった

 

コメント