東浦町遺体遺棄事件

東浦町遺体遺棄事件の場所は生路永栄2「車も通らない畑のど真ん中」

東浦町遺体遺棄事件-ニュース現場-2東浦町遺体遺棄事件

取り調べ中の30代女の供述から、別の女性の遺体遺棄事件が発覚。

遺体を遺棄したと供述した場所は、「愛知県知多郡東浦町生路永栄(ひがしうらちょういくじながさか)2」で、実際に遺体が埋められていました。車も通らない畑のど真ん中です。

遺体を埋めた場所や犯人たちの関係を検証。

東浦町遺体遺棄事件の場所は生路永栄2「車も通らない畑のど真ん中」

東浦町遺体遺棄事件-ニュース
(引用:中京TV)

 女性に性的暴行を加えたなどとして警察に逮捕された30代の女の供述から、愛知県東浦町で別の女性の遺体が見つかっていたことが分かりました。
捜査関係者によりますと、警察は今年2月、愛知県内で車に乗せた20代の女性から現金を奪い、性的暴行を加えたなどとして50代の男と30代の女を逮捕していました。このうち女が取り調べの中で別の女性の遺体の場所について供述し、警察が捜索したところ、今月4日、東浦町生路で土に埋められた40歳の女性遺体が見つかりました。女性はおととし7月時点では稲沢市に住んでいて、遺体の状態などから今年に入って死亡したとみられています。
警察は、女が遺体の遺棄に関与した疑いがあるとみて捜査するとともに、逮捕された男女が女性の死亡した経緯を知っているとみて調べています。(引用:中京TV)

取り調べを受けてる30代の女は、50代の男といっしょに、何件もの強盗暴行事件を繰り返してきたのに違いありません。

ニュースには、ヘリコプターから撮られた現場の画像が映っていました。

真ん中の畑の中に緑っぽくあるのは、ビニールハウスです。その横にはプレハブのようなものが建っています。

東浦町遺体遺棄事件-ニュース現場-1

ちょっと拡大してみると、

東浦町遺体遺棄事件-ニュース現場-2

現場は、緑のビニールハウスの左ちょっと上の十字路です。

東浦町遺体遺棄事件-ニュース現場-3

白い土のところに、女性が埋まっていたということです。

ニュースでは、現場は「東浦町生路」ということだったので、航空図で探してみると、

東浦町生路-航空図

緑色のビニールハウスの横に、プレハブが建っている場所が見つかりました。

まわりは畑ばかりです。ストリートビューで見ると、

東浦町生路-外観

右側にかすかにビニールハウスが見えます。

画像の真ん中の交差路の近くに、遺体が埋められたと推定されます。

東浦町-遺体遺棄-場所

ニュースでは、赤い丸の部分が白く掘り返されていました。

地図で見てみると、

東浦町生路-地図1

大きな地図で、大体の場所を確認します。

東浦町生路-地図2

亡くなった40代の女性は、名古屋市の左上、あま市の北側の稲沢市に住んでたと報道されています。

約50kmくらい離れている場所で、車で1時間位はかかります。

おそらく、稲沢市周辺で命を奪って、東浦町のあたりまで遺体を捨てる場所を探しながらやってきたのではないでしょうか。

近所の人の証言<東浦町遺体遺棄事件>

ニュースやネットの掲示板では、近所に住む人達の声が集まっています。

「このあたりは普段人があまり通らないところ」(近くで農作業をしていた人)

「10年前にもバラバラ事件があったけど、こわいねえ」(60代女性)

「こんななにもないところになんで。全然気づかなかったけどね」(70代女性)

「あそこの場所で、あの部分だけなんで草をかったのか不思議だったけど・・。うちの畑も近くにあるからちょっと心配だよ」(70代男性)

この付近には、農業をやってる方が多いし、高齢者の方も多いということです。偶然見つかったわけじゃなくて、供述から、というのが怖いです。

東浦町遺体遺棄事件の概要

遺体行き事件の害世をまとめると、

  • 犯人は30代女性と50代男性
  • 今年2月に20代女性を強盗、暴行して逮捕
  • 30代女性が別の事件を告白
  • 東浦町生路永栄の畑に遺体を埋めたと自供
  • 遺体は40歳女性、清掃作業員
  • おととしの7月までは生存確認
  • 捜索願は出ていない
  • 命を奪ったのは今年になってから

ということです。

犯人の50代男性と30代女性は、ぐるになって女性たちを襲って強盗、暴行を繰り返していたようです。

亡くなった40歳女性は、この2人とどういう関係にあったのか分かっていません。被害者だったかもしれませんし、共謀者だった可能性もあります。

今後の警察での取り調べや、ニュースでの報道で新しいことが出てきましたら、すぐに追記します。

東浦町遺体遺棄事件の場所と犯人の顔画像

東浦町遺体遺棄事件の遺体を遺棄した場所はわかりました。

東浦町生路永坂の畑のど真ん中に、50代男性と30代女性がおそらく車で遺体を運んできて、真夜中に埋めたと思われます。

上の画像を見てもらってよく分かるように、付近には民家や建物はなく、夜は車も通らず街灯もないような真っ暗な場所です。

そこに、二人できてこっそりと埋めていきました。

この犯人2人の顔画像は、まだニュースなどで報道されていません。報道されたら、すぐに追記していきます。

読者様でこの二人の情報など持たれていましたら、コメント欄に書いていただけるとありがたいです。

<追記>逮捕されたのは山下克己容疑者(54)と天池由佳理容疑者(37)

逮捕されたのは、いずれも住居不定・無職の山下克己容疑者(54)と天池由佳理容疑者(37)でした。

天池由佳理容疑者の顔画像

そして、遺体で発見されたのは、稲沢市の介護助手・門田典子さん(発見当時40歳)でした。

門田典子さん-顔画像

別の事件で逮捕されていた天池由佳理容疑者が、取り調べの中で門田さんの遺体がある場所について供述したことから警察が捜索し、先月4日に遺体を発見していました。

別の事件とは、20代女性をナイフで脅して監禁していた事件です。

山下克己容疑者と天池由佳理容疑者の二人が、今年の3月16日頃に、門田典子さんを東浦町の畑に埋めた疑いがもたれています。

警察の発表によると、

  • 山下克己容疑者と天池由佳理容疑者は2月ころに知り合って交際を始める
  • 門田典子さんは天池由佳理容疑者の知人
  • 山下克己容疑者は黙秘

ということです。

更に深く調べてみると、遺体で見つかった門田典子さんは、2019年に知人の石川一代容疑者と共謀して一人の女性の命を奪って山中に捨てていたことがわかりました。

門田典子容疑者と石川一代容疑者はホストに狂っていました。そのホストクラブの別の女性客とトラブルになった模様。

門田典子-顔画像

門田典子容疑者-顔画像-2

その時の裁判で、門田典子容疑者は石川一代容疑者と共謀して、犬飼幸子さん(当事31歳、写真真中の女性)の命を奪いました。

裁判ではその時の様子が語られました。

「日常的に暴力を振るっていたのが石川なので。主従関係にあるというか、石川が絶対的上位という感じがありましたけど。もともと門田の方が主従関係にあって、それより後に来た被害者の方(犬飼さん)がターゲットにされたというか、門田は上手く抜けた」(通っていたホストクラブの代表の証言)

「(石川被告と門田被告が)幸子を普段からいじめていたみたいな。裸でベランダに立たせたりとか、気に食わないことがあると暴力とかで従わせていた。完全に奴隷みたいな感じ」(通っていたホストクラブの男性の証言)

「2人は犬飼さんを真冬にベランダに放置したり、手足を針金で縛ったりして衰弱させたうえ、暴力で死に至らしめた」(検察の証言)

そして豊田市の山中に犬飼さんの遺体を捨て、犬飼さんの口座から現金13万円を引き出しました。

リーダーは石川一代容疑者で普段から門田典子容疑者をいじめていた所、あらたに加わった犬飼幸子さんに暴力の矛先が向かったという感じです。

3人は石川一代容疑者の中区のマンションで共同生活をしていました。

2020年7月に、石川一代被告に懲役2年8月、保護観察付き執行猶予4年、門田典子被告に同2年、保護観察付き執行猶予4年の判決を受けました。

つまり、門田典子被告は執行猶予期間中に、天池由佳理容疑者と山下克己容疑者によって、自らも命を奪われてしまいました。

まさしく、因果応報です。

山下克己容疑者の顔画像

天池由佳理容疑者の顔画像

門田典子さんのFacebook顔画像

持田崇容疑者の顔画像

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント