事件

星一平のFacebook顔画像「英語と音楽の先生」福室小教員わいせつ事件

2月24日に、16歳の女子高校生にみだらな行為をしたとして仙台市の教諭の男が逮捕された事件。

逮捕されたのは、仙台市立福室小学校の教諭星一平(ほしいっぺい)容疑者(39)。英語と音楽の先生だと思われる星一平容疑者のフェイスブック(Facebook)顔画像や経歴を検証。

星一平のFacebook顔画像

仙台市立福室小学校の教諭星一平容疑者の顔画像は、まだニュースなどで報道されていません。

そこで、フェイスブック(Facebook)などのSNSで顔画像を調査していました。

まずは、フェイスブック(Facebook)で「星一平」のアカウントがあるか確認してみました。

星一平容疑者-フェイスブック-1

「星一平」というフェイスブック(Facebook)アカウントは9件ありましたが、仙台市に住んでる人のフェイスブック(Facebook)アカウントはありませんでした。

次に、「ippei hoshi」でフェイスブック(Facebook)アカウントを検索してみると、

星一平容疑者-フェイスブック-2

こちらも9件しか同姓同名のフェイスブック(Facebook)アカウントはなく、星一平容疑者のフェイスブック(Facebook)ではありませんでした。

ニュースなどで顔画像が報道されたら、追記していきます。

星一平容疑者の他のSNSの顔画像

フェイスブック(Facebook)ではない他のSNSのアカウントを調査してみました。

インスタでは、

星一平容疑者-インスタ

「星一平」「ippei hoshi」のインスタアカウントは、3件しかなく、どれも違う方のアカウントでした。

ツイッターでは、

星一平容疑者-ツイッター

こちらも3件のアカウントしか確認できず、どのアカウントも星一平容疑者のものではありませんでした。

星一平容疑者の勤務先からの顔画像調査

星一平容疑者は仙台市立福室小学校に勤務していたので、学校だよりなどの学校関連の資料に星一平容疑者の顔画像が映っていないかを調べてみました。

まずは、仙台市立福室小学校のHPです。

仙台市立福室小学校-HP

学校だより、学校紹介など、星一平容疑者の顔画像が写り込んでいるようなページはありませんでした。

ただ、ちょっと引っかかるのは、仙台市立福室小学校の校長先生の名前が「星恭典校長先生」だということです。

関係はないと思いますが、これから調査してみます。

次に、星一平容疑者の今までの勤務先の経歴を調べてみました。

仙台市の教員の異動記録を見てみると、2つ出てきました。

まずは、2021年3月24日の記録です。

星一平容疑者-異動-2021-3

星一平容疑者は、2021年3月に同じ仙台市内にある錦ケ丘小学校から、現在の福室小学校に異動になったことがわかりました。

その一つ前が、2015年3月24日のものです。

2015年3月24日に、仙台市内の燕沢小学校から錦ケ丘小学校へ異動になりました。

つまり、燕沢小から錦ケ丘小に異動になった星一平容疑者は、5年間働き、2021年3月に現在の福室小に異動担ったということです。

そこで、錦ケ丘小学校で星一平容疑者の足跡を調べてみると、1件だけありました。

2016年に書かれた錦ケ丘小のブログで、校歌制定披露式の記事の中に星一平容疑者の名前が出てきました。

錦ケ丘小ブログ

星一平容疑者は、校歌制定披露式でピアノ伴奏をしたということです。その下にその時の画像が載っていました。

星一平容疑者-顔画像-1

体育館で生徒たちがステージに上って校歌を歌ってる場面です。手前の男性がピアノを引いてると思われます。

もう少し拡大してみると

星一平容疑者-顔画像-2

後頭部しかみえませんが、おそらくこれが星一平容疑者の顔画像だと思われます。

錦ケ丘小ではこの画像だけが星一平容疑者に関連してるものでした。燕沢小では、何も残っていませでした。

ただ、仙台市で星一平容疑者を検索してみると、幣制年度の仙台市教育課題研究発表会に星一平容疑者が参加していることがわかりました。

仙台市教育課題研究発表会-1

この中の第一分科会に星一平容疑者は参加していました。

仙台市教育課題研究発表会-2

第一分科会は、「外国語活動/ICT」です。

ICTとは、「Information and Communication Technology」の略称で、情報通信技術のことを指します。

つまり、英語学習とタブレットを使った学習を話し合ったということです。

このことと、前述のピアノ伴奏から、星一平容疑者は音楽と英語を専門とする教師だと思われます。

星一平容疑者へのネットの反応

なんで時間まで細かく報道してんだろ。時間まで詳細に記事になるのってあまり記憶にない。
これで学校名出すなら1年生のいじめでも出せよと思ってしまう
これだけ問題になってるのに懲りないですね。
最近は、一発免消しならぬ、一発懲戒免職
だから、もうダメだろ。
一生を棒に振る。
家族がもし居れば、路頭に迷わすし、
再就職も多分、ままならない。
650万の退職金もパア。
しかも、
もうすぐ、自治体の免職教師の採用可否権
が発令される。
他地域で教師の試験は、確かに3年経てば
受けられるが、未成年陰交者は間違いなく
自治体が受験さえ拒否する。
再犯すれば、自治体の首長が責苦を味わうから。
未成年の後ろには、必ず保護者が居る。
未成年=保護者を忘れちゃならん。
こういう輩が教論なんかするなら、やっぱり教員免許は更新制にすべき。
免許取ったら一生物って甘やかしているから駄目なんだよ、しっかりとコンプライアンス教育もして、教員免許を持っている人としてのモラルも持たせないと。
どこかの教論は、罰金40万円という安価で済んじゃったし、教論としてのモラルも無い奴が法を逸脱した場合は、8,000万円の罰金及び5年の懲役を受けるくらいのことをしないと駄目でしょ。
それくらいのことをしないと、甘んじる奴が増える一方だよ。
こんな雑魚教論なんか要らないんだからさ。

多くの人は、もっと厳罰を望んでるようです。

とにかく、最近の仙台市とか北海道ではこういった事件が頻発しています。

おそらく大学で勉強してるときには、立派な志があったと思うのですが、いつのまにかただの仕事になってしまったとおもわれます。

星一平容疑者は39歳と報道されていますが、一般的な39歳の男性小学校教師は結婚してる場合が多いです。

星一平容疑者も結婚していたとすると、奥さんはどんな気持ちなのでしょううか?

普段は「先生の奥さん」ともてはやされていたり、もしかしたら同業の先生なのかもしれません。

そんな奥さんからも見放されて、もちろんお子さんからは口も聞いてもらえないはずです。家族や近くにいる親戚などは引っ越さなくてはならないかもしれません。

星一平容疑者の今後は、退職、離婚、生活保護・・と地獄が待っています。それも自業自得だと思って、罪を告白してもらいたいところです。

青森ひき逃げの犯人はダイハツハイゼットカーゴ

柳生豪士の事故原因「スマホよそ見運転」

新納健太の顔画像「チー牛顔そのまま」

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント