事件

藤森柊はなぜ上司に付き添われ自首?「バラすって脅されていた可能性もあり」札幌市児童相談所

藤森柊(しゅう)容疑者-事件事件

16歳の女子高校生にみだらな行為をしたとして、札幌市の児童相談所の職員・藤森柊容疑者(24,ふじもりしゅう)が逮捕されました。

ですが「藤森柊容疑者ははめられたかも知れない?」という意見もあります。

理由は「上司に付き添われて自首してきた」からです。藤森柊容疑者の自首してきた理由を検証します。

藤森柊容疑者はなぜ「上司とともに警察署に自首してきた」?

藤森柊(しゅう)容疑者-事件

 女子高校生にみだらな行為をしたとして、北海道警札幌東署は15日、札幌市児童相談所職員の藤森柊(しゅう)容疑者(24)=札幌市東区=を北海道青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕し、発表した。藤森容疑者は上司に付き添われて署に自首したという。

署によると、藤森柊容疑者は8月25~27日、SNSで知り合った高校生の女子生徒(16)が18歳未満と知りながら、生徒宅で2回にわたりみだらな行為をした疑いがある。容疑を認めているという。

児相によると、藤森柊容疑者は児童や家庭の相談に乗ったり、家庭環境の調査をしたりする業務を担当していた。11日に自らの行為について上司に打ち明けたという。

札幌市の山本健晴・児童相談所担当局長は「児童相談所は率先して児童の健全育成に全力を挙げなければならないにもかかわらず、信頼を大きく裏切る事件を引き起こしたことは痛恨の極み」との談話を出した。(引用:朝日新聞DIGITAL)

 

藤森柊容疑者は、児童や家庭の相談に乗ったり、家庭環境の調査をしていました。その自動とは、小学生とか幼稚園児です。

問題となった女子高生の出会いのきっかけは、ニュースでは「SNS」と書かれていますが、マッチングアプリです。

マッチングアプリがきっかけとなった犯罪が多発したために、現在のマッチングアプリは、18歳未満は使用禁止になっています。

ただ、実際には入会する時に、18歳だとウソを書くことで入会することが可能なものが多いです。

このことで、後から問題になって芸能界やスポーツ界を干された人は多いです。

伊藤充のFacebookには彼女が!「遊んで飽きたらポイ捨てがバレちゃった」
世界的なバレエダンサー、伊藤充容疑者が児童福祉法違反で逮捕されました。2年前に当時16歳だった女の子とみだらな行為をしたということです。なぜ今ごろになって逮捕されたのか?その裏には伊藤充容疑者の「別れ方がヘタだったから」とか、「遊んで飽きたらポイ捨てがばれちゃった」など言われています。

こういった人たちは、マッチングアプリは表面上18歳未満はNGなので、2人で会ったときにも年齢などは聞かないことが多いのかも知れません。

そして、何回かホテルであった後に、「実は、わたし・・・」と告白されてるのではないでしょか。

「18歳未満は犯罪」ということは、色々なニュースで知ってるので、そのままバックレてしまうことが多いように思います。

ただ、今回の藤森柊容疑者は上司に連れられて自首しています。

しかも、児童相談所の誰かがそういうことをしてるとか、被害者の女の子が訴えたから・・・ということではなくて、一番はじめに自首しています。

これはどういうことでしょうか。

考えられるのは、

  1. 芯からとても真面目な青年
  2. 被害者の親が児相へ
  3. 被害者からバラすぞと脅される

の2つが考えられます。

藤森柊容疑者がとても真面目な青年なら、

「俺は児相の人間なのに、なんで16歳のこどもと・・・。おれは鬼だ、悪魔だ、罪人だ」

と自らを責め続けて、耐えきれなくなって上司に相談したと考えられます。

そうだとしたら、この上司も立派な人で、被害者の家に示談をしに行ったり、隠蔽したりしていません。

数年前に同じ児相で事件がありましたから、その事が頭をよぎったのかも知れません。

また、被害者の女子の保護者が児相に乗り込んだかも知れないと想像できます。

「おまえら、何してくれんだ、可愛い娘に。誠意を見せろ」

など、藤森柊容疑者の上司たちとよく話し合った結果、被害者は一切表に出ない代わりに、藤森柊容疑者に自首させるということで決着したかも知れません。

もう一つは、「バラすぞ、金くれ」と脅されていたパターンです。いわゆる美人局てきな計画犯行です。

これはかなりセンシティブなパターンで、そんな怖いことはまず無いとは思いますが、上司が一緒に来たということから想像できました。

この3つのパターン、

  1. 芯からとても真面目な青年
  2. 被害者の親が児相へ
  3. 被害者からバラすぞと脅される

どれが本当なのか、実際はどうだったのかを藤森柊容疑者は警察ですべて自白してもらいたいです。

そして、二度とこんなことがないように児相の体制、教育、仕組みを強化していってもらいたいです。

過去の児相職員による犯罪

過去に児相職員や養護施設職員によるわいせつ系の犯罪はとても多いです。

立場が明確に上下に別れてるせいなのか、子供が唯一頼る存在のせいなのか、理由はわかりませんが、あきらかに犯罪傾向は偏っています。

  • 2016年 札幌児相 藤巻俊幸容疑者 男子児童
  • 2016年 京都迦陵園 松浦弘和容疑者 少女、虐待、横領
  • 2015年 相模原児相 女性職員 少女8人を裸に
  • 2005年 埼玉児相 男性職員 虐待
  • 2017年 宮崎さくら学園 前施設長 1300万横領
  • 2016年 宇都宮児相 市毛伸一郎容疑者 大麻
  • 2016年 市議 高村典令容疑者 かうはる

など、挙げていけばきりがないほどでてきます。

そして、トップや県、政府はそれを何もなかったかのように処理したり、停職だけで済まそうとしてるようです。

被害にあった女性にしたら、一生モノの傷を、その男たちから背負わさせられたようなものです。

被害者の親たちも、「なんでもっと思い罪にしてくれないの」「なんで同じような仕事に付いてるの」と思っています。

教師に限らず、こういった罪を犯してしまったら、「二度と同じような職場には戻らさせない」とか、「二度と日の目をみないでもらいたい」というようなことにしてもらいたいです。

いずれにせよ、今回の事件がどういう経過でこうなってしまったのか、藤森柊容疑者にはしっかりと話しをしてもらって、早く解決してもらいたいです。

 

コメント