町田小6いじめ事件

五十嵐俊子校長が文春砲に「それでも捜査されないのは政界とのパイプ?」町田小6いじめ事件

町田第五小学校いじめ事件町田小6いじめ事件

町田第五小学校小6女児いじめ事件の悲惨な内容が文春に掲載されました。

文春の記事では、2021年4月に渋谷区教育長に栄転した五十嵐俊子校長がいじめを隠蔽した経緯や、新たな証拠”ころしかたノート”などが書かれています。

それでも五十嵐俊子校長は口を開いていません。第三者委員会も進んでません。なぜでしょうか?

町田市小6いじめ事件「半年間隠蔽して教育長へ」ICT大好き五十嵐俊子元校長
町田市の町田第五小学校で、小6女子児童がいじめのために亡くなりました。いじめの加害者以上に悪魔的だと炎上しているのが、原因ときっかけを作っておきながら隠蔽工作をし、みずからは渋谷区の教育長に栄転した五十嵐俊子元校長です。五十嵐俊子元校長の隠蔽工作などをまとめていきます。
石阪丈一町田市長も隠蔽に加わる「論点のすり替えがうまい!」【町田市小6いじめ】
町田市小6女児いじめ事件に、ついに石阪丈一町田市長も隠蔽に乗り出しました。石阪丈一町田市長の隠蔽のための「論旨のすり替え方法」と石阪丈一町田市長の経歴などを紹介します。
五十嵐俊子渋谷区教育長の顔画像「優しそうなおばあちゃん先生」元町田第五小学校校長
小6女子いじめ事件があったとされる町田第五小学校校長の五十嵐俊子さんが、2021年4月から渋谷区の教育長に栄転されました。タブレット導入などのICT教育をみごとに導入させた五十嵐俊子教育長の素顔の顔画像を、経歴とともにまとめました。
石阪丈一町田市長も隠蔽に加わる「論点のすり替えがうまい!」【町田市小6いじめ】
町田市小6女児いじめ事件に、ついに石阪丈一町田市長も隠蔽に乗り出しました。石阪丈一町田市長の隠蔽のための「論旨のすり替え方法」と石阪丈一町田市長の経歴などを紹介します。

五十嵐俊子校長が文春に掲載されるも「お答えできない」

町田第五小学校いじめ事件

東京都町田市の小学6年生の上野香織さん(仮名)が、2020年11月30日、いじめを訴えて自ら命を絶った問題で、児童が持つタブレット端末のチャット上に書き込まれた悪口が「ハッキング」で消されたと、小学校の校長(当時)が遺族に説明していたことが「週刊文春」の取材で分かった。小誌が入手した、香織さんの両親が昨年12月25日に校長と電話した際の音声データ(音声は 「週刊文春 電子版」 で公開)に残されている。~以下略~(引用:ヤフーニュース

【画像】として、「いじめに向き合わない校長」という写真もアップされていました。

教育長に栄転したイジメ隠蔽元校長

画像の下には小さく「23区のある区の教育長に栄転」と書かれています。どこからどう見ても、五十嵐俊子校長です。

五十嵐俊子校長の顔画像

今週の文春で明かされたのは、五十嵐俊子校長の音声データと新たないじめの証拠です。

内容は大きくわけて2つ。

  • 加害児童の悪口チャットの削除
  • 新たな証拠”ころしかたノート”

今までも、五十嵐俊子校長は加害児童の悪口チャットは誰かに消されたと言っていました。今回は、じっさいのそのときの会話が載ってしまいました。

校長 「なんかですね、あのその友達の中に、入り込むみたいな動きがちょっとあったんですよ」

両親 「入り込む?」

校長 「つまりですね、ハッキングっていうんですか。つまり何かお助け隊じゃないんですけども、誰かの中に入り込むような、誰かが見たとか見ないとか、何か急にそんな話になったので。(チャットを)止めました。全部使えないようにしたんですよ」(引用:ヤフーニュース)

ICT推進派で、ネット関連に詳しいはずの五十嵐元校長。

「ハッキング」とか「お助け隊」とか、「誰かの中に入りこむ」のようなよくわからないこと・・・本当に専門家でしょうか。

それどころか、思わず本音を漏らしています。これを読んだ人も、

「おいおい、【お助け隊】って、誰を助けてるの?五十嵐俊子校長のいじめ隠蔽を助けてるんじゃないの?」

と思ってるはずです。

さらに仰天の新しい証拠がでてきました。加害児童の2人が

「イラスト付きで”ころしかた”を記したノート」

を作っていて、それみんなで回し読みして笑ったり、書き込みしていたということです。

あるページには、似顔絵がひどくかかれてる。別のページには”ころし”の手順が9段階に分けて書いている。<押さえつける><殴りたいだけ殴る>などから始まり、徐々にエスカレートしていく・・・・(引用:文春)

週刊誌の文春や文春オンラインにはこれ以上のことが書かれています。

これを放置していた担任の先生、監督する立場の教頭や校長はどういうつもりだったのでしょう。もちろん、遺族の方にも見せてなかったと書かれています。

そして、被害児童が嫌がってるにも関わらず、加害児童と面談させて「いじめは解決した」と言ってるので開いた口がふさがりません。

面談させたのは担任の先生でした。

「あの子はとても嫌がっていたんだけど、鬼のような顔をして五十嵐俊子校長がやれって命じるから・・・仕方なく。

五十嵐俊子校長のバックには政府も付いてるし、逆らったらわたしがいじめられて村八分にされちゃう。

前もそういう先生がいて、結局はからだをこわしてやめてったの。だから、こわくて・・・」

他の先生方もきっと、

「あの校長に逆らったら、おわり。見た目はニコニコしていてとっても優しそうだけど、いざ、何かが起きるとすべてを人のせいにして圧力をかけてくる。それで何人やめたことか」

と思ってるはずです。

文春には、いじめの証拠や「ハッキング」の音声を突きつけてインタビューした五十嵐俊子教育長の回答のセリフも載っています。

「市の第三者委員会の調査には全面的に協力する」
「わたしもお話したいです。とにかく、言えることを書きました」
「ですから、お答えすることができないっていうことをお書きしました」
(引用:文春)

など、菅総理の答弁のようなことを言ってます。菅総理は結局辞任に追い込まれましたが、五十嵐俊子教育長はどうなるのでしょうか。

遺族にしたら、

「今更何を言ってるの?さんざんあなたと話をしたじゃない?あなたのおかげで娘の人生とわたしたち親の人生、同学年はもとより町田第五小学校の生徒、保護者の人生、みんな狂わしてるんじゃない。いいかげんにしろ」

町田第五小学校の同級生の保護者の方たちも、

「加害者のあの4人は、ちゃんとしたしつけ、矯正をしないとろくなおとなになれないと思う。でも、校長先生から逃げ出してるんじゃ、だれもいう事聞かないし、大人に対する不信感しかないはず。うちの子もしっかりとはなしをしないと」

と思ってるはずです。

小6というと、こどもから大人への入り口です。トラウマにならないことを願っています。

「週刊文春 電子版」 では、両親と校長の12月25日の電話の音声データの一部を公開しているということです。

政治家のような答弁を繰り返す五十嵐俊子教育長のバックには何があるのでしょうか。

五十嵐俊子校長が捜査されないは政界とのパイプ?

萩生田光一文部科学大臣

改めて、亡くなられた児童に、心よりご冥福をお祈りを申し上げたいと思います。今回の事案においては、昨年度、この事案のあった小学校の一部の学年の児童においてICT端末が先行的に使用されていたところ、当該児童に対するいじめの一部がその端末のチャット機能を使って行われていたものと聞いております。本日、町田市教育委員会及び東京都教育委員会に文部科学省にお越しいただく予定ですので、本件に係る事実関係の確認を丁寧に行いながら、いじめ防止対策法等に基づく、適切な調査の実施を行うことや、何よりご遺族に寄り添った対応をとることについて、指導・助言を行ってまいりたいと思います。(引用文科省HP)

萩生田光一文部科学大臣は、このように答弁をして町田市教育委員会と東京都教育委員会に調査を命じました。

ただ、文章を読んでもらえばわかるように、IDやパスワードなどの具体的に細かい部分の調査です。五十嵐俊子校長の隠蔽とか、担任の先生、加害児童の調査などは命じていません。

ヤフコメでも、この件で疑問を感じてる人が投稿しています。
ヤフコメ-1

最近この手の記事には「いじめは学校の責任じゃない」とするコメントがおいけど、こんな校長でも責任ないの?
何やっても隠蔽してくれる校長が是sン力で隠蔽する姿を見せて、本当に責任ないの?

 

ヤフコメ-2

警察介入しての事情聴取だろうに。こんなスッとぼけのまま栄転なんぞありゃしない。
絶対に逃してはならない。とことんやって頂きたい。これで進展なければ二次災害三次災害と歯止めきかなくなり皆責任逃れでチャンチャンになってしまう。

 

ヤフコメ-3

同じことが繰り返されるが文科省はだんまりだ。
先生の質が劣るということは国が衰退するきっかけになる。
教員の質の向上は政治家と1・2を争う重要案件だと思う。

という感じで、「なぜ、文科省も警察も捜査をしないんだろう」とつぶやいています。じつは、石阪丈一町田市長や町田教育委員会もなかったことにしようとしています。

石阪丈一町田市長も隠蔽に乗り出す?

そこで、どれだけ強いパイプを持っているのか、五十嵐俊子校長が参加されてる会議などを調べてみました。

内閣府のある会議では、

内閣府会議1 内閣府会議2

委員もすごいですが、オブザーバーとして警察庁、総務省、法務省、文科省、厚労省、経産省が関わってるものすごい会議です。この会議の委員で、一番上に名前が書かれています。

文科省でも、

文科省-委員会

これは日の市立平山小学校校長時代のものですが、名だたる大学の教授たちと同じ委員会に入っていました。

なぜか公正取引委員会でも、

公正取引委員会委員-1

事務局の氏名リストの中に、

公正取引委員会委員-2

経済調査室長として、しっかりと名前がありました。公正取引委員会では管理職もやっているようです。

五十嵐俊子教育長は、政府にとってかなり重要な人物ではないでしょうか。そんな重要な会議にでてた人がいじめを隠蔽していたとなると・・・。

そこに第三者委員会や捜査が進まない理由があるのかも知れません。

ただ、ある委員会に属してる良識ある人は、

「政府のメンツとか、大臣や官僚のメンツなんか捨てて、とっとと真実を明らかにしてくれ。そうじゃないと、一生懸命やってる俺たちまで悪く思われてしまう」

ある教育関連の専門家は、

「いじめは傷害罪、暴行罪を適用すべき。たとえ小学生といえど罪は罪だということを教えないとろくなおとなになれない。おそらく、加害児童の親たちもおなじような稚拙な精神性の持ち主だから、厳罰を処するべき。早く法整備をしてもらいたい」

と話されています。

新しい情報が出てきたら、追記していきます。

志村正浩の撮影会がヤバすぎる

丸山大輔議員の妻を襲ったのは外国人?

辻一憲県議の命を奪ったのは反原発派?

コメント