井上盛司宅放火事件

井上盛司さん娘は犯人と同じ高校「何度もコクってフラれたストーカー男」甲府市蓬沢火災事件

井上盛司-事件井上盛司宅放火事件

甲府市蓬沢の井上盛司(いのうえせいじ)さん方が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日未明、出頭してきた同市の少年(19)を井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕したと発表。

犯人の少年は井上盛司さんの高校生の娘と同じ高校で、何度もコクってフラれてストーカー男になったちという噂があります。

井上盛司さん宅の放火犯人「恨みを抱いていた知り合い?」血を流して逃走中
10月12日午前3時半ころ、甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さんの家が放火され、井上盛司さん夫妻の命が奪われました。井上盛司さん夫妻に何らかの恨みを抱いていた知り合いが放火した犯人の可能性が高いです。逃げ出した犯人の特徴などを検証します。
岡崎敦の顔画像「45歳には見えない優しそうなバスケットマン」千葉県四街道市
千葉県四街道市「ACT(アクト)整骨院」の岡崎敦(おかざきあつし)院長が施術中に客の女性の下半身を触ったとして逮捕されました。岡崎敦容疑者の45歳には見えない顔画像と、岡崎敦容疑者が院長を務めるACT(アクト)整骨院の場所などを検証していきます。岡崎敦容疑者は中高生の時、バスケットマンだったようです。
森本彩加さんの元夫森本恭平の犯行動機「離婚でメンヘラしちゃったDV男」尼崎市
兵庫県尼崎市の自宅マンションの駐輪場で、森本彩加さんを後ろから刺して命を奪った犯人は、元夫の森本恭平容疑者(もりもときょうへい)でした。ネットで「離婚でメンヘラしちゃったDV男」と言われてる森本彩加さん元夫の森本恭平容疑者の犯行動機を検証。

井上盛司さん娘と宅放火犯人の少年は「同じ高校」

井上盛司-事件

甲府市蓬沢1で井上盛司(せいじ)さん方が放火されて2人が亡くなった事件で、遺体にはいずれも刃物で刺されたような傷が残っていたことが捜査関係者への取材で判明した。山梨県警南甲府署捜査本部は13日未明、井上さんの10代の娘に対する傷害容疑で甲府市在住の少年(19)を逮捕しており、2人の亡くなった原因や経緯について調べる。(引用:毎日新聞)

ニュースで報道されてる事件の概要は、

  • 10月12日の午前3時半ころ
  • 2階に寝ていた妹が階下の物音に気づく
  • 妹が1階に行くと、見知らぬ男と遭遇
  • 犯人に鈍器のようなもので殴られる
  • 妹は姉を起こして、2階のベランダから外へ
  • 外に逃げた姉が「泥棒にはいられた」と119番通報
  • 警察が来たら火事になっていた
  • 火災の前に「やめて、やめて」という50代の女性の声が
  • 近所の人が逃げる男を目撃
  • 火が回るのが驚くほど早かった
  • 北西方向に血痕が800mほど続く

となっています。鑑識の結果、両親の遺体には刺し傷があったことがわかりました。

昨日の夜に出頭してきた少年は19歳でした。しかも、井上盛司さんの高校生の娘さんとおなじ高校だとわかりました。

あきらかに、19歳の犯人の目的は井上盛司さんの高校生の娘さんです。

19歳の犯人は、

「井上盛司さんの高校生の娘を襲おうと、家に忍び込みました。

ただ、物音に気づいて飛び起きた井上盛司さん夫妻を見て『ヤバい』と思って刺した後、1階に降りてきた中学生の妹を殴って怪我をさせました。

2階から姉妹が逃げていったのに気づいて、証拠を消すために火を放って、井上盛司さん宅から逃げ出しました」

という感じになります。

始めは強盗とか物取りだと思われていたのですが、犯人が未成年の少年だとわかると、多くの口コミで

「犯人は19歳の少年だって。お金よりも高校生の娘さんが目的だったんじゃない?」

という声が多くあがっていました。

井上盛司さん宅放火犯人の少年は「高校生の娘のストーカー」

バクサイの掲示板でも、

バクサイ-口コミ-1

娘の友人関係の男だな。

 

バクサイ-口コミ-2

親に交際反対とか?逆恨みとか?

 

バクサイ-口コミ-3

娘(姉)との色恋沙汰からの派生?
そんな時間におそらく帰宅。別れ話からの言い合い。
男ブチ切れて…
そんな感じかな?

 

バクサイ-口コミ-4

長女と犯人
同じ高校

 

5チャンネルの掲示板にもありました。

5チャンネル-口コミ-1

娘さんもろとも、目撃者を消そうと
家に火をつけたのかな
まさか2階から逃げるともおもわずに
だとしたら相当悪質

 

5チャンネル-口コミ-2

親に交際を反対されて、もう娘に近づくなとかいわれ、たぶん娘からも付き合うつもりはないとか言われたので、頭に来て報復したんだろう

 

5チャンネル-口コミ-3

キレて持っていたライターで火をつけたくらいじゃあんな燃え方にはならんしやはり計画的犯行か

 

近所の50代のおばさんによると、

「普段はとても中の良い家族で、2人の娘さんもとても可愛い人だった。男の友達が訪ねてくるなんてなかったし、とてもやさしくて近所でも評判の娘さんたちだった」

40代の男性は、

「ありゃ、ストーカーっつうやつじゃないの?何度か遠くから見てるのをみたような気がするよ。気持ち悪いよね、ストーカーって言葉自体。なんか、怨念の塊みたいでね。ともかく、つかまってくれてよかったよね」

井上盛司さん宅の近所の同級生は、

「以前、誰かに付きまとわれてるっていう噂は聞いたことがあります。何回ことわってもしつこくつきまとってくるし、いつも遠くから見てるストーカーのような感じの男の子だったんだよね。いちど、お父さんからも注意されて、かなりキレていたっていうこともあったようです」

ある児童心理学の先生によると、

「ストーカーは心が未成熟な人ほど、陥りやすい精神障害です。一度、仲良くしたことで、全てを受け入れてくれる、全てを自分のものにできた、と勘違いしてしまうことからドンドン深みにハマっていきます。

恋愛も勘違いから始まるとよく言われていますが、ストーカーも同じです。

席が隣になった、〇〇を貸してくれた、笑顔で話をしてくれた、すれ違う時に触ってくれた、何でも良いのですが、単なる思い込みから勘違いが始まり、ストーカーに発展します。

ストーカー状態になると、それを邪魔するものはすべて敵だと認識して排除しようとします。ストーカーしている相手もそれを望んでいると勘違いしてしまうのも、よくあることです」

ストーカーも、遠くから見ている分には良いのですが、家に侵入してきたりすると無視することができなくなります。

ある関係者は、

「この19歳の少年も、かつて家に忍び込んで、お父さんに怒られたんじゃないかな。それを根に持って、邪魔をしてると思っていた可能性がある。

そして、煮詰まった挙げ句に家に忍び込んで、井上盛司さん夫婦を刺したんでしょう。

そのうえで、井上盛司さんの娘さんと一緒に天国に行こうとガソリンを撒いて火をつけた可能性がある。

勝手に恋して、勝手に盛り上がって、家宅侵入、暴行、放火・・・ってはた迷惑の何者でもない。

亡くなった井上盛司さん夫妻は本当に可愛そうだよ。娘さんの成人式や結婚式はこれからなのに、晴れの日を迎える前にこんなになってしまうなんて」

と悲しそうでした。

いまのところ、犯人の19歳の少年は、姉と同じ高校で面識があるということだけです。

<追記>

甲府放火事件-追記

「LINEをブロックしても執着してくる人がいて困っている」
「彼女(長女)には彼氏もいませんでしたし、そもそも過去にもAと付き合ったことなどないはずです。ただ、事件の少し前から『ストーカーにあっている』と聞いたことがあります。『ティファニーなどのブランド品を勝手に家に送りつけてきて、LINEをブロックしても執着してくる人がいて困っている』って……。その人の名前を聞いても、相手を気遣って私には教えてくれませんでしたが、おそらくそれがAだったのではないかと思います」 事件が発生した10月12日には、山梨県内の定時制高校に通う生徒による「意見発表会」が開催された。井上さんの長女は学校を代表して、スピーチをする予定だったというが、事件がすべてを壊してしまった。長女は「私のせいだ……」と語るなど、憔悴しきっている
「長女が発表する予定だった原稿の内容は『自分自身が嫌いで、悩みを他人に打ち明けられない性格だったが、ある友達を通じて変わることができた』といったものだったそうです」(前出・社会部記者)  Aの身勝手極まる犯行により、両親と家を失ってしまった姉妹。長女は保護先で警察の聞き取りに応じ、「私のせいだ……」と語るなど、憔悴しきっているという。

新しいことが分かり次第、追記していきます。

【関連記事】

高橋慶行はどこの小学校教諭

八ツ田和夫社長事件の犯人は第一発見者

岡崎敦の顔画像

コメント