事件

小松誠哉のFacebook顔画像「元重機のオペレーター」4歳男児縫い針虐待事件

小松誠哉容疑者-顔画像事件

交際していた女性の長男(4歳)のお尻に、縫い針を4本刺し重傷を負わせた事件。

逮捕されたのは、福島県郡山市の無職、小松誠哉(こまつせいや)容疑者(29)。小松誠哉容疑者のFacebook顔画像を検証しいくと、元重機のオペレーターで2022年4月に結婚していたことがわかりました。

小松誠哉容疑者のFacebook顔画像「元重機のオペレーター」

FNNプライムニュースでは、レクサスの上に乗ってピースサインをしている小松誠哉容疑者の顔画像がしっかりとほうどうされていました。

小松誠哉容疑者-顔画像-1

小松誠哉容疑者の顔画像だけを拡大してみると、

小松誠哉容疑者-顔画像-2

ニュースに出てるのは、このフェイスブックの顔画像だけでした。

そこで、フェイスブックで「小松誠哉」と検索してみると、

小松誠哉容疑者-フェイスブック-1

外国の方のフェイスブックアカウントばかりで、「小松誠哉」と同姓同名のアカウントはありませんでした。

次に「seiya komatsu」で検索してみると、

小松誠哉容疑者-フェイスブック-2

こちらも「小松誠哉」と同じ漢字の名前のアカウントはありませんでした。

そこで、爆サイなどの掲示板で調べてみると、既に、小松誠哉容疑者のフェイスブックアカウントが暴露されていました。

こちらです。

小松誠哉容疑者-フェイスブック-3

漢字は違いますが、読み方は同じです。

写真を見てると、

小松誠哉容疑者-フェイスブック-4

このプロフィール写真の右上にあるのがこちら。

小松誠哉容疑者-顔画像-4

ニュースで使われていた写真でした。このフェイスブックアカウントが小松誠哉容疑者のものだと判明しました。

このフェイスブックアカウントには、レクサスと熱帯魚、釣り関連の写真だけで、小松誠哉容疑者の顔画像はそれほど載っていませんでした。

小松誠哉容疑者-顔画像-6

小松誠哉容疑者-顔画像-5

小松誠哉容疑者-顔画像-3

この3枚ぐらいしかまともな写真はありませんでした。

ただ去年の夏頃の画像には、

小松誠哉容疑者-フェイスブック-5

小松誠哉容疑者-フェイスブック-6

ショベルカーを運転してる画像がありました。

今は無職ですが、2021年の夏頃は重機のオペレーターをしていたようです。

引き続き調査をしていきます。

小松誠哉容疑者の事件概要

小松誠哉容疑者-ニュース

(引用:FNNプライムオンライン)

交際していた女性の4歳の息子のお尻に、縫い針を刺して、ケガをさせた疑いで、無職の小松誠哉容疑者(29)が再逮捕された。男の子のお尻には、4本の針が刺さったままだったという。
今年3月7日、当時4歳の男の子は、群馬県・安中市内の病院を訪れていた。症状については明らかにされていないが、医師が、男の子の体を調べたところ、お尻に棒状の「異物」が刺さっていたという。
お尻の左右に合わせて4本。さらに、詳しく検査したところ、それは縫い針であることが判明した。かなり痛かったに違いない。昨今の病院は、児童虐待が疑われる事案が発覚した場合、動きは迅速だ。病院では、その日のうちに、児童相談所に連絡。
そして児相も、すぐに「病院からの連絡で虐待が疑われる児童を発見した」などと群馬県警に通報したという。男の子は、全治4週間の重傷だった。県警は、縫い針の刺さり方から、何者かが、意図的に、男の子のお尻に刺したと判断。傷害事件として捜査に乗り出した。
今回の事件は、人身安全事案に当たるため、県警の「子供・女性安全対策課」も捜査に加わった。ところが、捜査員が、男の子の母親(30代・パート従業員)から事情を聴いたところ、すぐに「重要参考人」が浮上したという。それが、福島県・郡山市の無職・小松誠哉容疑者だった。
当時、小松容疑者と、男の子の母親は交際していたという。同居はしていなかったようだが、お互いの自宅を、子連れで行き来する仲だったそうだ。今年2~3月ごろ、容疑者宅を車で訪れる女性と男の子の姿が、近所の人に目撃されていた。
そんな中、捜査の過程で、男の子が、小松容疑者の自宅の一室に、監禁されていたことも発覚。県警は、こちらの事件の方が「着手しやすい」と判断し、先月21日、小松容疑者を逮捕した。最初の逮捕容疑は監禁だった。
その後、捜査は「縫い針」事件にシフトしていく。まずは犯行時期の絞り込みが必要とされる。密室での犯行とみられているが、関係者に事情聴取を重ねるなどして、状況証拠を積み重ねることは可能だ。
最終的に「縫い針」4本が刺し入れられたのは、今年2月27日ごろから、男の子が病院を受診した3月7日までの間と特定された。県警は、きのう、犯行現場は不詳のまま、「縫い針」事件について、再逮捕に踏み切った。傷害容疑での通常逮捕だった。
調べに対して小松容疑者は「やっていません」と容疑を否認しているという。なぜ、男の子が”虐待”を受けたのか。母親は、こんな暴行を知らなかったのか。県警は、母親が関与していなかったのかも含めて、犯行の経緯を捜査している。(引用:FNNプライムオンライン)

小松誠哉容疑者の事件概要をまとめると、

  • 2022年2/27~3/7
  • 被害者は元交際相手の女性の長男(4)
  • 男の子のお尻の左右に縫い針を計4本刺す
  • 男の子は全治4週間の重傷
  • 小松誠哉容疑者は男の子を自宅で監禁もしてた
  • 病院から児相へ、児相から警察へ通報
  • 7/21に小松誠哉容疑者を監禁の疑いで逮捕
  • 8/11に傷害の疑い(縫い針)で再逮捕

今回の事件では、児相からの通報がとても素早くて称賛に値するものといえます。

ただ、児相の通報から逮捕まで4ヶ月ありました。幸いなことに、その間に大事件になることもなく無事逮捕することができました。

FNNプライムオンラインのニュースでは、イラストで小松誠哉容疑者の凶行を紹介していました。

小松誠哉容疑者-凶行-1

小松誠哉容疑者-凶行-2

縫い針が4本も刺さった男の子はさぞ痛かっただろうと思われます。

何のために刺したのか、他にも虐待していたのか、これからはっきりさせてもらいたいものです。

小松誠哉容疑者の経歴とFacebook顔画像

小松誠哉容疑者の経歴は、

  • 氏名 小松誠哉(こまつせいや)
  • 年齢 29
  • 職業 無職
  • 住所 福島県郡山市富久山町久保田水口
  • 家族 不明

元交際相手の女性は、30代のパートで住所は群馬県安中市でした。小松誠哉容疑者が住む群馬県安中市とは約240km程も離れてる場所です。

小松誠哉容疑者は、自慢のレクサスで3時間ほどかけて通っていたと思われます。なぜそれほどまで苦労して通い続けていたのに、針をさすような虐待をしていたのか不思議でなりません。

さらに、小松誠哉容疑者のフェイスブックの基本データには、

小松誠哉容疑者-基本データ

右下には、

「2022年4月27日以降、〇〇さんと既婚」

としっかりと書かれていました。

交際して虐待をしていたのが2022年の2月、3月頃で、そのすぐあとに結婚したということです。

<追記>小松誠哉容疑者の傷害罪の罰則

一般的な傷害罪の罰則は、弁護士サイトによると

「傷害罪の罰則は、刑法で「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と定められています(刑法第204条)。 暴行罪と比べると、拘留や科料はなく、懲役期間も罰金額も傷害罪のほうが重たいことがわかります」

小松誠哉容疑者の場合、児童虐待もあります。

児童虐待は、

「法定刑は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です」

小松誠哉容疑者は不起訴にはならないとおもわれます。どの程度の罰則になるのか、引き続き見ていきます。

<追記>小松誠哉容疑者の自宅判明

FNNプライムオンラインで報道されていた小松誠哉容疑者の自宅の画像は、

小松誠哉容疑者-自宅画像-1

小松誠哉容疑者-自宅画像-2

小松誠哉容疑者-自宅画像-3

この3枚の写真と、「福島県郡山市富久山町久保田水口」という住所から、小松誠哉容疑者の自宅がわかりました。

地図はこちら。

小松誠哉容疑者-自宅-地図

近くには、新幹線が通っていて、しまむらやラウンドワンなどがあってかなり暮らしやすい場所です。

グーグルストリートビューで見た外観は、

小松誠哉容疑者-自宅-外観-1

通りの奥の家の窓が、ニュースに載っていた小松誠哉容疑者の背景の窓にピッタリ合致しています。

反対側から見ると、

小松誠哉容疑者-自宅-外観-2

この画像ではクライスラーが止まっていますが、ここにレクサスを駐車していました。

新しいことが分かり次第追記していきます。

高井直子さん事件の詳細

小野優陽ちゃんの父親のツイッター

山上徹也容疑者のフェイスブック顔画像

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント