事件

小西智也は日本大学3年生「他人のクレカで150万円購入」ネット詐欺事件

小西智也容疑者-逮捕事件

千葉県市川市中山に住む日本大学3年生の小西智也(こにしともや)容疑者(21)が、他人のクレジットカード情報を盗んで、不正に商品を購入した疑いで逮捕された事件。

アルバイト先で9人の同僚のクレジットカードから情報を抜き出し、150万円分を購入した模様。小西智也日大生のネット詐欺の経緯などを検証。

小西智也は日本大学3年生「他人のクレカで150万円購入の経緯」

日本大学3年生の小西智也容疑者は、他人のクレジットカード情報を盗んで不正使用した疑いで逮捕されました。

小西智也容疑者-逮捕

(引用:日テレNEWS)

他人のクレジットカード情報でアニメグッズを不正購入したなどとして、日本大学に通う21歳の男が逮捕されました。 警視庁によりますと、日本大学3年の小西智也容疑者は去年4月、他人のクレジットカード情報などをサイトに入力し、アニメのコラボ時計4個、約17万円相当を不正に購入した疑いなどがもたれています。 小西容疑者は、アルバイト先の更衣室で同僚のカード情報を盗み見していたとみられ、これまでに9人のカード情報を使い、アニメグッズなど約150万円分を購入したとみられています。 調べに対し、容疑を認めているということです。(引用:日テレNEWS)

日本大学3年生の小西智也容疑者は、中華料理店で働いていました。

その中華料理店で一緒に働く9人の同僚たちのクレジットカード情報をスマホで撮影し、その情報で、

  • アニメコラボ時計
  • 腕時計
  • DVDボックス

など、全部で150万円分を購入したということです。

日本大学3年生の小西智也容疑者は、購入したものをほとんど転売しており、遊ぶための小銭稼ぎのための犯行だと見られています。

ちなみに、不正に利用されたクレジットカードの料金は、カード会社の条件にもよりますが、後日返金されることが多いです。

もしも、見に覚えのない明細が届いたら、すぐにクレジットカード会社に連絡することをおすすめします。

小西智也容疑者が逮捕されたきっかけ「エヴァの腕時計?」

日本大学3年生の小西智也容疑者が逮捕されたきっかけは、クレジットカードからの通報でした。

同じ店舗ではたらいている従業員のクレジットカードが不正利用されてることに気がついたクレジットカード会社が、警察に通報したということです。

日本大学3年生小西智也容疑者のはっきりと分かってるネット詐欺案件は、

  • 2021年4月4日
  • 同僚の女性のクレジットカード
  • 通信販売サイトより腕時計4個
  • 販売価格計約17万5千円

小西智也容疑者は自宅に送らせたわけではなく、JR下総中山駅(千葉県船橋市)の宅配ロッカーに一度配送させて、自ら受け取りに行ったということです。

この件で、日本大学3年生の小西智也容疑者は逮捕されました。

これ以外にも8人の同僚のクレジットカードを反復使用して、小西智也容疑者はアニメグッズなどを購入していたわけです。

警察の取り調べでは、小西智也容疑者(日本大学3年生)は他の不正利用についても自白を始めてるということです。

小西智也容疑者が犯罪に手を染めたきっかけ「Apple Watch」

捜査関係者によると、小西智也容疑者(日本大学3年生)がこの犯罪に手を染めたきっかけは、

「『飲み会で同じ学部の子が儲かる方法を教えてくれた』と話し始めている」

ということです。

商品は「Apple Watch」だったということです。

21歳の大学生で、しかも日本大学の学生ですから、自白を始めるとすべてを話すのは時間の問題だと思われます。

ニュースの記事にありました9人の方以外のクレジットカードも使われてる可能性がありますので、はやめに捜査してもらいたいところです。

小西智也容疑者の顔画像「白トレーナーでうつむき加減」

小西智也容疑者(日本大学三年生)は、警察に連行されるときの顔画像が報道されています。

小西智也容疑者-逮捕

正面から見た小西智也容疑者の顔画像です。

小西智也容疑者-顔画像1

小西智也容疑者(日本大学三年生)は白いトレーナーのようなものをきて、顔を見られないように深くうつむいて後部座席に座っています。

せっかく日本大学に入ったのですが、この姿を見た親御さんはどう思うのか、若気の至りでは済まないと思われます。

小西智也容疑者の顔画像をフェイスブックで検索してみると、

小西智也容疑者-フェイスブック

該当するようなフェイスブックアカウントはありませんでした。

小西智也容疑者は日本大学の何学部?

気になるのは、小西智也容疑者が日本大学のどの学部に通っていたか?です。

今のところ、どの学部に通っていたのかはっきりした情報は出てきていません。

ただ、3年生となるとゼミに入ったり研究室に入ったりする場合もありますので、そこからわかる場合もあります。追跡調査していきます。

小西智也容疑者(日本大学三年生)へのネットの声「人生終わり」

「今の子たちは、他人のクレジットカード情報を使うことが悪いことだとわからないの?
一応成人しているのに、どーいう教育されてきたんだろう?学校ではもちろん教わっていないが、親とかに教育されていないのかなぁ?」

「会社では、コンプライアンス研修等で不正について教育してくれるが、学生はそういった教育受けないのかな?

数百万の利益?を得ても、バレたらその何十倍の賠償請求が来るって事を知らないのかな?
それとも、絶対バレないと思ってるのかな?

人生終わるよ。」

「世間で言われる「儲け話」「確実に儲かる話」はまず嘘だよ。本当に儲かるなら他人に教えるわけない。
一時的に儲かっても後でそれ以上のダメージや出費が必要となる。このダメージや出費のところだけは確実だから。」

「それを儲けと呼ぶのか、、、

まさか、クレカ会社は保険で補うから使われた人も損しないし大事にはならんとか訳の分からん事言われて信じたとか?」

「カード情報をどういった端末で入力して商品を購入したのか気になります。 通販サイトという事なので自分のスマホや自宅のPCなどで購入したという事であればすぐに誰がやったかバレてしまいます。ネットは匿名性があるという認識が強いのかもしれませんが、どの端末からという点は基本的に匿名性は無くしっかりと記録されているものです。その端末を誰が使ったかという点は追跡できませんが一般的には推測が可能で結果的に犯人が割り出されます。ネットカフェとかであっても防犯カメラ等から同様の追跡が可能で、盗んだ端末などでない限りはかなりの確率で犯人を割り出すことが可能なのです。 それ以外の部分でもサイバー犯罪の刑事は優秀な人が多いので基本的にしっかり逮捕されるのでこういった犯罪はすぐにつかまるからやらない方が良いでしょう。」

多くの人が言われてるように、ネットと言うと匿名性が高いようにみえるけど、真逆だということです。

つまり誰が何をしたのかあまりよくわからないように見えるけれども、実は大元の企業には誰がどこからなにをしたのか、はっきりわかってるわけです。

なので、誹謗中傷をした人は裁判にかけられるし、逮捕されるし、損害賠償もされます。

そのあたりのことも、学校の時点で教えるべきだと感じる事件でした。

高井直子さんの養子の顔画像

末海征河の生い立ち

末海征河は冤罪「真犯人は別にいる」

 

 

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント