宮崎英美さん事件

熊谷20代女性事件「アパートの鍵を持っていた第一発見者が怪しい?というネットの声が」

kumagaya-jiken宮崎英美さん事件

9/6(月)のお昼頃、埼玉県熊谷市見晴町のアパートで、20代の若い女性が亡くなっているのが発見されました。

通報したのは亡くなった女性の知人の20代男性です。

アパートの鍵を持っていた第一発見者が怪しい?というネットの声があります。

<追記2>被害者の名前が判明「宮崎英美さん27歳」

9/8、埼玉県警の発表により、被害者の名前がわかりました。

被害者は、

宮崎英美さん 27歳 職業不詳

です。

<追記>事件として捜査開始

9/7午後7:30、埼玉県警より、事件として捜査することが発表となりました。

saitamakenkei

saitamakenkei-happyou2

【事件として捜査・熊谷市】 9月6日(月)午後0時ころ、見晴町のアパート居室内で、女性の遺体が発見された事案については、事件として捜査することとなりました。
引き続き、安全のため、在宅中でも確実に玄関や窓等を施錠する等の対策をしてください。また、不審者を見かけた際は、熊谷警察署又は110番による通報をお願いします。#埼玉県警

 

熊谷20代女性事件の経緯は?

kumagaya-jiken

この20代女性が亡くなってる事が発覚したのは、亡くなった女性の知人の20代男性からの通報です。

9/6の正午ごろ、連絡がつかなくなって心配になったこの男性が、女性の部屋に行ってみると、布団の上で亡くなっていることを発見します。

この男性は、「布団の上で知人が冷たくなってる」と警察にすぐに通報したと言ってます。

現場に駆けつけた警察官が行って見ると、通報通り、服を着たままの女性が布団の上に倒れてるのを発見しました。

亡くなった20代女性は病気?それとも事件?

charmant-kumagaya-2

亡くなった20代の女性には外傷はなく、衣服の乱れはありませんでした。

亡くなってから時間がそれほど立っていないことから、警察は身元と死因の確認を急ぐとともに、事件と病気の両方から捜査を進めています。

アパートの住民や近くに住んでる人の中には、もしかしたら痴情のもつれで事件が起きてしまったんじゃないかと噂が飛んでいます。

事件を解決するためのポイントとしては、

  • 男性が女性の部屋の鍵を持っていたこと
  • 布団の上に着衣で倒れていたこと
  • 月曜日のお昼

になります。

これから導き出される結論としては、

  1. 心臓麻痺などの病気
  2. 痴情のもつれからのケンカ
  3. 薬物

が考えられます。

心臓麻痺などの病気

1番は普通のパターンで、出かけようとして着替えたら発病して布団の上に倒れてしまったということです。

痴情のもつれからのケンカ

2番めは、通報してきた男性が痴話喧嘩の末、手を下してしまったということです。全てを片付けた後に通報すれば、はじめはわかりません。

一般的なドラマとか小説にありますね。

実は、現場となったアパートの最寄り駅の次の駅は熊谷駅です。

熊谷駅前ではキャバクラや居酒屋などが多く展開してます。なくなった女性はそんな水商売関連の仕事をしていた可能性があります。

実際の事件では水商売関係の人が絡んでる事件が数限りなくあります。

2021年6月 荒井奈津子容疑者

arai-natuko

2018年 被害者の小西さん

konisi-higaisya

2012年 被害者の森岡さん

morioka-higaisya

など、水商売の人たちが恨みを買ってしまうということがとても多いです。

商売柄、多くの異性たちと接しないといけないのに、束縛が強すぎる彼氏だととても危険です。

また、そういった危ない男性に惹かれるのも水商売の女性たちに多いですね。

また、第一発見者が犯人というのは、これ又よくあるパターンです。

2018年 札幌事件 熊倉昭洋容疑者

kumakukra-akihiro

アガサ・クリスティーなどの小説にはよくある設定です。

薬物による中毒

3番目はずばり「薬物」です。

上にも書きましたが、亡くなった女性はキャバクラなどに努めていて裏社会の男性と付き合っていたのではないでしょうか。

埼玉県警によると、

「埼玉県内における薬物時半の検挙者数はここ数年500人前後であり、横ばいで推移しています。しかしながら、10代及び20代の検挙者数は増加傾向にあり、全体でも8%増加しています」

と発表があります。

亡くなった女性、その知人男性は20代です。

しかもその男性は鍵を持っていたことと、月曜日の昼間にその女性の部屋に来れる仕事関係だということを考えると、可能性はゼロではないです。

普通の会社に勤めていたら、知人の男性というより会社の同僚と書くはずです。

それを「知人の男性が通報してきた」と書かれてることに引っかかります。

なぜ、心配になったのか、なぜ、昼間から部屋に来たのか、疑問が残ります。

もしも知人の男性が犯人だったら、亡くなった女性は

「これだけ貢いできて、最後に命まで貢いじゃうってどういうこと?シャレにならなから、早く捕まえてほしいわ」

ってきっと思ってるはずです。

亡くなった女性のお母さんも

「昨日まで元気にはなしていたのに、こんなことになるなんて。絶対に、病気なんてありえない。これからなにを希望にして生きていけばいいの?」

と思ってるはずです。

はやく真相を解明してもらいたいものです。

事件現場のアパート「シャルマン熊谷壱番館」の場所

kumagaya-jiken

事件が起きた熊谷市のアパートの名前と場所を特定してみました。

ニュースで流れてる画像を見てみると、このアパートは

charmant-kumagaya

  • シャルマン熊谷壱番館 2階
  • 埼玉県熊谷市見晴町370-1
  • 1K 約18㎡
  • 家賃 2.9万円
  • 秩父鉄道 上熊谷駅 徒歩11分
  • 秩父鉄道 石原駅 徒歩16分

ということがわかりました。

現在でも全21件中5件の募集がありました。

charmant-kumagaya-syuuhen

 

場所的には、荒川の河川敷のそばにあるアパートで、近所には小学校、病院、保育園、スーパー、コンビニなどがあります。

付近の住民たちも「とても住みやすくて、暮らしやすい場所だよ」と話されています。

最寄り駅は上熊谷駅ですが、そのひとつとなりに熊谷駅があります。

熊谷駅近辺の評判としては、

kumagayaeki-hyouban

という感じです。重大犯罪は無いかわりに、窃盗や盗難などの軽犯罪が多いと言うことです。

kumagayaeki-cabaret

熊谷駅前にはキャバクラ、ガールズバー、スナックなどが結構あり、キャバクラ無料案内もあります。

亡くなった20代女性は、キャバクラ従業員だった可能性が高いです。

ネットでの反応

charmant-kumagaya-3

ネットでの反応は、

いやいやほぼワクチンでしょ?

コロナ感染だとしたら不幸すぎる

最近だとまっさきにコロナだと思ってしまう

 

という声が多かったです。

実際にわたしもはじめはそう思いましたし、ニュースでも事件性はない感じでアナウンサーが話していました。

ところが、実は2021年8月現在で、コロナで亡くなった20代はいないんです。

corona-sibousyasuu

(引用:国立社会保障・人口問題研究所)

事件として捜査が始まりましたが、病気の可能性もまだ残っってるのかもしれません。

もしもコロナだとしたら、とんでもない大きな話題になります。

しかも、この20代女性が陽性だったとか、検査を受けたとか、そういう情報はまだ出てきてません。

そんな中で、いきなり亡くなってしまったというのは、日本中のコロナに対する考え方自体変えないといけないことになりそうです。

いずれにしろ、亡くなった女性の氏名、身元がまだ発表されていませんので、これからの警察の捜査に期待したいです。

【関連記事】

宮崎英美さんの顔画像「物静かでおとなしい感じの人だった」熊谷市

宮崎英美さん事件の犯人の顔画像「眼と眼が離れていて神経質そうなストーカー?」熊谷市

荒木章太郎の顔画像「俳優気取りで探偵や警察官のふりして女性をだます」

コメント