事件

櫛田昇わいせつ逮捕はえん罪か「不妊治療を鍼灸施術しただけなのに」と容疑を一部否認

櫛田昇福容疑者事件

9/16の午後、施術中にわいせつな行為をしたとして、千葉県船橋市にあるカリカ鍼灸院の櫛田昇福院長、本名 櫛田昇容疑者(72,くしだのぼる)を逮捕しました。

櫛田昇容疑者は、容疑を一部否認しています。もしかしたら櫛田昇容疑者のわいせつ逮捕は、えん罪なのかも知れません。

<追記>逮捕時の画像

櫛田昇容疑者が逮捕された時の画像が発表になりました。

櫛田昇容疑者

櫛田昇わいせつ逮捕はえん罪の可能性も

櫛田昇福容疑者

 鍼灸師の櫛田昇容疑者(71)は去年11月から今年3月までの間、千葉県船橋市の鍼灸院で施術中に20代と30代の女性に対し、わいせつな行為をした準強制わいせつの疑いが持たれています。 警察によりますと、3月、被害を受けた30代の女性が警察署に相談に訪れたことから事件が発覚しました。

取り調べに対して櫛田容疑者は容疑を一部、否認しています。

櫛田容疑者の鍼灸院は不妊治療などをうたい、女性専用としていました。

警察は余罪があるかどうか調べを進めています。(引用:テレ朝news)

 

事件の経緯としては、

  1. 2020年11月~2021年3月
  2. 20代、30代の女性ふたりにいかがわしい行為
  3. 2021年3月に警察に相談
  4. 2021年9月に櫛田昇容疑者逮捕
  5. 櫛田昇容疑者は一部否認

30代女性が警察に相談にやってきたのは、今年の3月ということです。

この事件の経緯から見ると、警察がそこから半年間かけて、潜入捜査やおとり捜査などを仕掛けて証拠を握ったと考えるのが普通です。

ただ、櫛田昇容疑者は容疑を一部否認しています。警察が半年かけて掴んだ証拠を否定しているわけです。

そこで考えられるのは、櫛田昇容疑者は本当は不妊治療の鍼灸施術をしていただけ、女性の体を触ったのもそのためだと、訴えてるのではないでしょうか。

早く言うと、櫛田昇容疑者はえん罪かもしれないということです。

本当にいかがわしい行為をしたのか、それともしていないのか、それは本人の自白や警察の取り調べではっきりすると思います。

ただ、えん罪なのかどうかを推測できる判断材料があります。

それは、

  • 櫛田昇容疑者のカリカ鍼灸院がある場所
  • カリカ鍼灸院のHPの中身
  • 櫛田昇容疑者の年齢と家族

この3つです。

櫛田昇福容疑者カリカ鍼灸院の場所「街のど真ん中」

カリカ鍼灸院がある場所は、

千葉県船橋市二和東5-25-35 TM壱番館102号

です。

グーグルマップで調べてみると、普通の街の中にあるお店で、人通りや車の通りも激しい場所にありました。

グーグルマップで出てきた場所は、新京成線の二和向台駅のすぐ近くです。

カリカ鍼灸院地図1

縮小してみると、

カリカ鍼灸院地図2

かなりの町中にあることがわかります。

グーグルマップのストリートビューで見ると、

カリカ鍼灸院のグーグルマップ

こんなかんじで、かなり人通りの激しい通りに面しています。

テレ朝NEW-Sで紹介されたカリカ鍼灸院の外観はこちらです。

カリカ鍼灸院の外観-1

カリカ鍼灸院の外観-2

カリカ鍼灸院の外観-3

一応駐車場もありますし、近くには駅もあるのでかなり通いやすい場所にあります。

街の風景にも溶け込んでいて、かなり新し目のおしゃれな建物になっています。

しかも、この数年にできたわけではなくて、平成20年にカリカ鍼灸院を開設してずっと営業しているようです。

カリカ鍼灸院のHPに櫛田昇容疑者の言葉でそう書かれていました。

櫛田昇容疑者のカリカ鍼灸院の詳細「意外にしっかりしたHP」

カリカ鍼灸院

櫛田昇容疑者は、カリカ鍼灸院の院長として櫛田昇福(くしだしょうふく)を名乗っています。

スタッフとして「櫛田マリ子」さんという女性が妊活アドバイザー、光線治療アシスタントとして登録されていました。

おそらく奥さんだと思われます。

奥さんと一緒に働きながらそんないかがわしい行為をするものでしょうか。

たしかに、奥さんが高齢になったので、「若い女性を」という気持ちもわからないではないですが、ちょっと無理かも知れないです。

そして、経営母体として、株式会社健康道場という名前が上がっています。

住所は千葉県千葉市花見川区さつきが丘1-43-22です。

その場所をグーグルマップのストリートビューで見てみると、

株式会社健康道場

普通の家でした。そして株式会社健康道場を調べてみると、2015年の登記になっていました。

おそらく、住んでる家を株式会社として登録したのではないかと思われます。

カリカ鍼灸院の料金としては、

カリカ鍼灸院料金メニュー

  • 不妊鍼灸 50分 5,200円
  • 不妊鍼灸光線コース 60分 6,200円
  • 逆子治療 50分 5,200円
  • マタニティ鍼灸 50分 5,200円
  • レディス鍼灸 60分 6,200円
  • SL光線治療 20分 3,100円
  • ほか

 

他にも治療方法が載っていて、一部を抜粋しました。

実は、不妊治療をしている鍼灸院は珍しくありません。「不妊治療 鍼灸」で検索すると、山ほど出てきます。

多くの鍼灸院で言ってるのは、櫛田昇容疑者が言ってるようなリンパの流れ、内臓の健全化などです。

料金も櫛田昇容疑者のカリカ鍼灸院と同じくらいです。なので、櫛田昇容疑者は特別な鍼灸院ということではなくて、どこにでもある普通の鍼灸院だと言えます。

さらには、カリカ鍼灸院は平成20年から開業しています。すでに13年ほど経っていて、その間に子供を授かったお母さん方からのメッセージも多く乗せられていました。

今回の事件では、

「去年11月から今年3月までの間、千葉県船橋市の鍼灸院で施術中に20代と30代の女性に対し」

犯罪行為を行ったと報道されましたが、それ以前は、まっとうに不妊治療の鍼灸をやっていたと想像されます。

櫛田昇容疑者の経歴「50歳過ぎから鍼灸師を目指す」

櫛田昇容疑者

櫛田昇容疑者の経歴です。カリカ鍼灸院のHPに載ってるものですので、ちょっともってるかも知れません。

  • 千葉県出身
  • 高校を卒業後、医薬品専門商社クラヤ薬品(現・メディセオ)に入社
  • 営業企画部長、PMS事業部長、札幌支店長などを歴任
  • 東洋医学を志して早期退職
  • 退職後、上海中医薬大学付属日本校通信教育課程で中医学と関東鍼灸専門学校で鍼灸を学ぶ
  • 鍼灸師免許取得して平成20年にカリカ鍼灸院を開設

という感じです。

現在が71歳ですので、50歳過ぎで早期退職して鍼灸師の道を選びました。

カリカ鍼灸院は平成20年に開設してるので、58、9歳頃に独立してカリカ鍼灸院を始めたと思われます。

開設して10年以上真面目にやってきて、しかも現在の年齢が71歳・・・・、しかもすぐそばに奥さんが。

ちょっと違和感があります。

開設した直後なら、60歳くらいですのでまだまだそういう気持ちもたくさんあったはずです。

「でもそんなことをしたら、勉強した年月やわざわざ脱サラした意味がないんじゃない?」

と思って、ひたすら鍼灸の道を突き進んだはずです。

10年経ってやっと一息ついたときには、もう70歳を超えています。たつものもたたないんじゃないでしょうか。

若い女性を見てもそんな気持ちはどこかに行ってしまってるはずです。そもそも、面倒くさいんじゃないでしょうか。

とはいえ、警察が半年も捜査をした結果です。

もしも、実際にそんな事が起きていたとしたら、怒りしか覚えません。

患者は不妊治療を目的に来てるわけです。赤ちゃんがほしいと思って来ている気持ちを思いっきり踏みにじってしまったわけです。許せませんよね。

密室で二人きりになって変なことをされたら、櫛田昇容疑者はガタイが良さそうですし、そのうえ針という凶器を持っています。声なんてあげられないです。

厳罰を適用てもらいたいところです。

なので、櫛田昇容疑者には、早く本当のことを話してもらいたいです。何をしたのか、どうしたのか、えん罪なのか、です。

そして、たとえ犯罪を犯していたとしても、せっかく鍼灸の技術を持っていますので、早く改心して多くの困ってる人をできるだけ助けてもらいたいものです。罪滅ぼしとして。

新しい事実が発表されたら、追記していきます。

コメント