事件

増山邦夫の経歴「深夜3時の高速道での幅寄せの理由」群馬北関東道事故

masuyamakunio-kaogazou事件

2020年の12月の群馬県北関東道で起きた乗用車がガードレールにぶつかって死傷者が出た事故の容疑者が、2021年8月10日に逮捕されました。

当初はガードレールにぶつかった乗用車運転されていた方の単独事故だと思われていましたが、同乗していて重軽傷を負った方の証言で、急転直下、逮捕となりました。

容疑者は増山邦夫(ますやまくにお)という54歳の会社役員です。経歴も立派なもので、なぜ幅寄せなどしてしまったのでしょうか。

逮捕されても、「今は何も答えたくありません」と増山邦夫容疑者は話しています。

増山邦夫容疑者の経歴や顔画像、8ヶ月後にやっと逮捕できた経緯の裏側などを見ていきます。

増山邦夫容疑者の経歴

masuyamakunio-kaogazou

今の小トロわかってる増山邦夫容疑者の経歴は、

  • 氏名 増山邦夫(ますやまくにお)
  • 年齢 54歳
  • 職業 増山工業代表取締役社長
  • 職種 土木工事・建築工事
  • 住所 栃木県真岡市
  • ゼネコンで8年間修行
  • 30歳で増山工業を継ぐ
  • 真岡青年会議所
  • 真岡商工会議所青年部
  • PTA
  • 栃木県建設業協会芳賀支部副支部長
  • 社員 17名
  • 既婚

という零細企業の社長によくありがちな経歴の持ち主です。

増山工業は56年前、増山邦夫容疑者の父親が左官業からスタートした会社です。

そこからお客様の声似答えながら建築・土木を請け負う会社になっていきました。

増山邦夫容疑者は、ゼネコンで修行を積んで30歳前後で経歴に箔をつけた後、増山工業を継いでいます。

その後の20年間で社員17名の会社まで大きくして、社会的なボランティアも同時に行ってきました。

しかも、栃木県真岡市は人口約8万人という小都市です。増山邦夫容疑者はその中で多くの社会奉仕をしていて、肩書は立派なものが多いです。

社員数17名の建築・土木会社なので、家族的な経営をされていたと想像されます。

零細企業、中小企業の社長はかなりわがままで自己中の人が多いです。自分に従わない社員や家族はすぐに切ってしまう・・なんて方も多いです。

増山邦夫容疑者がやったことを見ると、同じように、かなりワガママで傲慢な零細企業社長だったのではないでしょうか。

というのも、高速道での幅寄せ運転で相手の車を事故らせて、それを見ながらその場を立ち去るなんてことはふつうできません。

ましてや、8ヶ月間何事もなく仕事をしたり社員と接していた・・・なんて。

増山邦夫容疑者は、もしかしたら逮捕されるのをまっていたのかもしれませんが、普通の人ではありえないですよね。

地元の掲示板では、こんなことも。

masuyamakunio-uwasa

  • 保証金や裁判とか金掛かるからユンボとか土地を売却すんのかな

すでに会社や、自分の持ってる土地、重機や資産などを売却してお金を作ってる可能性はあります。

<追記>8/12

増山邦夫容疑者には、年下の美人妻がいたと地元の掲示板で噂になっています。

ただ、風○嬢だったというのはガセネタのようです。

masuyamakunio-yome

  • 奥さんも子供も可哀想だな。ちなみに風俗嬢だったって情報あるけどあれはデマだよ。こいつの奥さん見たことある

やはり、奥さんと高校生になる子供もいたようです。

幅寄せして事故らせたことを話してたのかどうかわかりませんが、家族としてはつらいところです。

増山邦夫容疑者の顔画像

masuyamakunio-kaogazou

(引用:FNNプライムオンライン)

増山邦夫容疑者は栃木県真岡市にある建設会社の社長なので、顔画像などが早めにわかりました。

masuyamakougyou

masuyamakunio-kaogazou2 masuyamakunio-kaogazou3

かなり強面の顔をしています。掲示板などでは「ゴリラーマン」とも呼ばれています。

単独事故から逮捕に至った経緯

gunma4ninsisyoujiko-genba

事故の当初、警察は亡くなった運転手の方の居眠りやよそ見による単独事故だと考えていました。

それは高速道で目撃者がいなかったためだと思います。

それが一転して逮捕となったのは、同乗者の証言です。

2020年12月、亡くなった運転手を含む4人の主婦友は早朝から富士山観光に向かう途中で事故に会いました。

4人の中で亡くなられたのがお二人、重軽傷がお二人でした。

亡くなった方の旦那さんが、事故の一週間後に、重軽傷を負った方からおはなしをきかれました。

亡くなった方の夫(66):「(事故から)1週間後に助手席にいた方から直接、お話をうかがえたので。右前にいた車がいきなり左へ寄ってきて、それを避けるために左へハンドルを切ったらもう真正面に分離帯があって、どうすることもできずに、そこへ衝突したと…」

当時、同乗していた女性が事故のショックを抑えきれないまま証言した音声データが残されています。

同乗者の証言:「事実だけは…しっかり話しておかないと、私しか見てないですから。あの日は結構ゆっくりでトラックとかは結構、何台か前に追い越されていって、そんなに車も走ってなかったので。で、そこにあの白っぽい、クリーム色に緑のラインが入った(車が)ほとんど並行するような形で走っていて。私たちの車が走行車線を走っていて、そしたら急に…中へ入ってきて、もう皆が『あ、危ない!おい、おい、おい』って。その瞬間にぶつかる感じだったんですね」(引用:テレ朝ニュース)

こうして亡くなった方の旦那さんが、インタビューした音声や証言を集めて警察に上申書を提出されました。

そして、警察が動いて今回の増山邦夫容疑者の逮捕となりました。

事故現場の画像を見てもらうとわかるように、高速道の出入り口で起きているようです。

見た感じでは増山邦夫容疑者の居眠りか、よそ見、スピードの勘違い何じゃないかなと思います。

増山邦夫容疑者は、「今は何も答えたくない」と言ってるようですが、警察の鑑定結果を待ちたいところです。

8ヶ月というとちょっと長かったのかもしれませんが、警察の捜査のおかげで亡くなった方の旦那さんも少しは胸の内が晴れたのではないでしょうか。

増山邦夫容疑者の幅寄せの理由

masuyamakunio-jikosya

(引用:デイリー新潮)

この車の画像は、幅寄せされ大破した女性の車です。

増山邦夫容疑者の車の動きと事件の状況は、上のインタビューから、

  • 被害者は走行車線を走っていた
  • 被害者の右前にいた車がいきなり左へ寄ってきた
  • それを避けるために左へハンドルを切ったらもう真正面に分離帯

という形です。

なので、よくあるあおり運転とか挑発行為ではない模様です。

では、なぜいきなり幅寄せをしてしまったのか、というと、

  • お酒
  • よそ見
  • 居眠り

などが考えられます。

地元の掲示板でも、

masuyamakunio-jiko1

masuyamakunio-jiko2

masuyamakunio-jiko3

masuyamakunio-jiko4

  • たまたまの事故で 煽り運転容疑か。  この映像はよそ見運転だな。
  • スマホでも見ながら割り込んだんやろ
  • 酒飲んでたから、煽って事故させて満足して逃げたのかね
  • 増山工業のHPが削除されている用意周到って感じ。事件について話したくないは故意かどうかは分からないが、最低でも被害車両が事故起こしていたのは把握していたと言うこと。何故早朝現場を走行していたか?同乗者は?愛人と不倫旅行に行く途中で加害車両だと名乗り出られなかった?これで倒産だろうね、そして被害者は製造会社の社長夫人とお友達で地方都市のセレブ達だから民事起こされたら残された家族は悲惨だね。

など、理由が想像されています。中には増山邦夫容疑者を擁護する書き込みも見られます。

ただ、事故現場と自宅が離れてることと事故の時間から、事故の理由が想像できます。

事故現場は北関東道の伊勢崎ICで、増山邦夫容疑者の自宅の栃木県真岡市とは車で1時間ちょっとぐらい離れている場所です。

事故の時間は12月13日(日)の午前3時50分ころです。

被害者の女性たち4人は富士山に行くために朝早くでかけたと話されています。

これらを総合すると、増山邦夫容疑者の居眠り運転か飲酒運転じゃないかなと想像できます。

そして、隠していたのは愛人が乗っていたんじゃないと思います。普通、その時間に愛人といる場所は殆どホテルだと思われるからです。

なので、増山邦夫容疑者は大きな音や光は確認できたけれども、暗くて何が起きたのかよくわからなかったというのが妥当なんじゃないかなと考えられます。

ただし、事故後、すぐに増山邦夫容疑者は事情聴取を受けています。その際になにも話さなかったのは増山邦夫容疑者が隠そうとする意思があった、つまり故意だったと思います。

いずれにせよ、理由はこれからの警察の取り調べではっきりしてくると思います。

増山邦夫容疑者の罪状は?

masuyamakougyou

増山邦夫容疑者の罪状は何になるのでしょうか。

状況としては、接触はなくて、死者2名と重軽傷者が2名出ていて、車が大破している状態です。

また危険なあおり運転や執拗な挑発行為ではないということです。

通常のあおり運転では、「妨害運転罪」が適用されます。

妨害運転罪の罰則は

  • 3年以下の懲役または50万円以下の罰金(免許取り消し、欠格期間2年)
  • 5年以下の懲役または100万円以下の罰金(免許取り消し、欠格期間3年)

これは、どれだけ危険なのかによる差です。

さらにあおり運転などにより、死傷事故に結びついた場合には、危険運転致死傷罪が適用されます。

罰則は、

  • 怪我をした場合 15年以下の懲役刑
  • 死亡した場合 1年以上20年以下の懲役刑

になります。

増山邦夫容疑者の場合、2名が亡くなっており、2名が怪我をされています。

増山邦夫容疑者が幅寄せした理由や立ち去った理由など、勘案するところはありますが、どのくらいの刑罰が処せられるのか、見守っていきたいところです。

<追記>

8/16、増山邦夫容疑者の容疑が発表になりました。

  • 自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)
  • 道路交通法違反(救護義務違反)

この2つの容疑で、只今取調べ中です。

増山邦夫容疑者への声

ツイッターでも多くの方が発信されています。

  • 栃木県真岡市にある増山邦夫って人が代表取締役の会社のHPが消されてるのは何でなんだろう??
  • 2人死亡事故 幅寄せの車特定 過失運転致死傷容疑などで逮捕!!
  • 警察(栃木県警?群馬県警?)グッジョブ 幅寄せをして死亡事故を起こしておきながら、逃走。逮捕されても、黙秘し、捜査に非協力的。栃木県真岡市の会社社長・増山邦夫 容疑者(54)
  • 去年12月、群馬県、北関東自動車道で、幅寄せあおり運転をし、4人を死亡させ、逃げていた、真岡市の建設株式会社、増山工業株式会社の社長、増山邦夫が、本日やっと逮捕された。こいつは、どあほや!
  • このニュース以前から気になってたんよ!助かった人が泣きながら老後に向けて最近いい友達が出来て喜んでた矢先にこんな事になって…とか、数々の証言をしてくれてたよ。生き残った人も大変やで!割に合わない矛盾した安い刑期で出所…命ってなんなんや…

幸せな家庭を壊してしまうなんて、理由はどうあれ、絶対にやってはいけないことです。

しかも、増山邦夫容疑者が経営していた会社の社員17名やその家族はもちろん、増山邦夫容疑者自信の家族の人生も、たった一瞬のハンドル操作で壊してしまいました。

合わせると100人以上の人の幸せをわずか1,2秒で奪ってしまったわけです。とんでもないことです。

増山邦夫容疑者がいくら社長でも、それまで立派なことをしてきたとしても、さらに理由が何であれ、それは絶対に許されるべきことではありません。

罪を償うとともに、何が起きていたのか、なぜそうなってしまったのかを、増山邦夫容疑者には正直に告白してもらいたいと思います。

新しい情報が出てきたら追記していきます。

<追記>増山邦夫容疑者の近所の評判

近所の住人たちからのその後の調べで、増山邦夫容疑者は二面性がある人だと言う情報が出てきました。

デイリー新潮からの抜粋です。

  • まあ、正直言って、二面性がある人ですね
  • 人に対して、表面上は穏やかで好人物のように接するのです。子どもが通っていた小学校のPTA会長を務めたこともありますしね
  • 彼は父親が設立した建設会社、増山工業株式会社の社長を務めています。社員は15人ほどですが、残業をさせても残業代を払わないそうです。日曜出勤しても休日手当も出さないので、社員から不満の声が上がっていますよ。つまり、お金に汚い人、ケチなんです
  • 大学卒業後、修業のために東北地方にある建設会社に勤務。30歳過ぎてから増山工業に入社しています。奥さんも増山工業で事務の仕事を担当しています。子どもは3人いて、長男が大学生で、次男と長女が高校生です
  • 増山家は、近隣地域での評判は最悪ですよ。というのは、増山容疑者の父親はトラブルメーカーとして知られていましたからね。もう20年以上前のことですが、増山家と隣接する他人の土地の一部を自分の土地だと言い張って奪い取っていたんです。登記簿謄本上の権利関係を全く無視してですよ、ブルドーザーを使って勝手に他人の土地を地ならしして、『ここまでが俺の土地だ』と。もう無茶苦茶ですよ
  • 増山工業の駐車場を増設するとき、他人の土地の一部を駐車場にしたこともありました。最初は、間違って駐車場にしてしまったと謝ったそうですが、結局それっきり。数年前に邦夫さんの父親が亡くなってから、土地を奪われた人が『私が固定資産税を払っているんだから、土地を返してくれ』と言っても、邦夫さんは知らぬ存ぜぬでしたね。結局、増山工業が土地を勝手に使っていますよ
  • 父親も逮捕された邦夫さんも自分のことしか考えていない人ですからね、今回、増山容疑者が逮捕された時、近所の人は『やっぱり、起こるべくして起こった』『人の土地を奪ったから、天罰が下った』なんて言っていましたよ。私も同感です。どういう状況で幅寄せしたのかわかりませんが、事故を誘発したのに、車を止めないで逃げたわけでしょう。すぐに救急車を呼んでいれば助かったかもしれません。他人のことは全く考えない。彼の人間性をよく表していますね

よくあるタイプの零細企業の社長のようです。外面はとてもいいけども、やってることは横暴でがめつい・・という感じです。

こういう感じの人とは、物理的にも精神的にも距離を起きたいものです。

 

コメント