帯広市遺体遺棄事件

宮田麻子さんのFacebook顔画像「美人の英語教師」帯広市遺体遺棄事件

宮田麻子さんの顔画像-1帯広市遺体遺棄事件

北海道帯広市で、行方不明だった女性教師が雑木林の中から遺体で発見された事件。

遺体で発見されたのは、犯人の片桐朱璃要義者の元同僚で北見市に住む宮田麻子(みやたあさこ)さん(47)。美人で英語教師の宮田麻子さんのFacebook顔画像を検証します。

宮田麻子さんのFacebook顔画像「美人の英語教師」

ニュースで報道された宮田麻子さんの顔画像です。

宮田麻子さんの顔画像-1

宮田麻子さんの顔画像-2

2枚めの左側の男性は、宮田麻子さんの遺体を遺棄したとして逮捕された片桐朱璃容疑者です。

今のところ、上の2枚しか、報道されていません。

そこで、フェイスブックなどのSNSで宮田麻子さんの顔画像などを調べてみました。

まずフェイスブックで「宮田麻子」と検索すると、

宮田麻子さん-フェイスブック-1

15人の「宮田麻子」さんのフェイスブックアカウントがありましたが、北海道に住んでる方のアカウントはありませんでした。

さらに、「asako miyata」で検索してみると、

宮田麻子さん-フェイスブック-2

こちらも、当てはまるフェイスブックアカウントはありませんでした。宮田麻子さんはフェイスブックを使われてなかったと思われます。

つぎに、インスタで検索してみると、

宮田麻子さん-インスタ

それらしいアカウントはありませんでした。ツイッターでもありませんでした。

宮田麻さん-ツイッター

引き続き、宮田麻子さんの顔画像を調べていきます。

宮田麻子さんの事件概要

宮田麻子さん-ニュース

(引用:HBC北海道放送)

北海道帯広市の公園の雑木林に女性の遺体を埋めたとして、35歳の高校教諭の男が逮捕された事件で、遺体は、男の元同僚の47歳の女性教諭で、亡くなった原因は窒息だったことがわかりました。
帯広農業高校の教諭、片桐朱璃(しゅり)容疑者35歳は5月30日午後8時ごろ、帯広市南町の公園の雑木林に、女性の遺体を埋めた死体遺棄の疑いが持たれています。
その後の調べで、遺体は、3月までオホーツク地方の高校で片桐容疑者の同僚だった、教諭の宮田麻子さん47歳と判明しました。
5月30日、宮田さんの夫から「きのう(29日)午後に妻が外出してから、戻らない」という相談が警察にあり、その後、夫の話から片桐容疑者が浮上。
警察が31日、片桐容疑者に事情を聴くと、当初、片桐容疑者は関与を否定したものの、1日になって遺棄を認めて「車で運んだ」などと話しました。
そして、片桐容疑者の供述に基づき、雑木林の土を掘り起こしたところ、2日午前2時半ごろ、宮田さんの遺体が見つかっていました。
捜査関係者によりますと、片桐容疑者は宮田さんを殺害したこともほのめかす供述をしていて、宮田さんの首には絞められたような跡があり、警察は○人の疑いを視野に捜査しています。
2人を知る教え子は「片桐先生と宮田先生は同じ大学で、仲が良くて遊んだりしていた。学校の中ではそうでもなかったけど」などと話しています。(引用:HBC北海道放送)

宮田麻子さん遺体遺棄事件の概要をまとめると、

  • 5/29の午前、「釧路に行く」といって車で宮田麻子さんが出かける
  • 5/29の夜まで、夫とLINEで連絡とりあっていた
  • 5/30に夫が捜索依頼を警察に
  • 5/31に夫が行方不明届を提出
  • 夫から片桐朱璃容疑者の話がでる
  • 警察が片桐朱璃容疑者に話を聞くも否定
  • 6/1、片桐朱璃容疑者が埋めたことを自白
  • 6/2午前2時半、宮田麻子さんの遺体が見つかる
  • 遺体が見つかった場所は「帯広の森」公園の雑木林の中
  • 遺体には首が締められた跡が
  • 片桐朱璃容疑者は車で運んだと供述

宮田麻子さんの遺体が見つかった場所は、こちらです。

遺体遺棄現場-FNNニュース

片桐朱璃容疑者が務める帯広農業から車で約7分のところです。

片桐朱璃容疑者-遺体遺棄現場-2

帯広駐屯地の横にある駐車場です。付近には野球場などがあり、午後5時以降は人気がなくなります。街灯もありません。

片桐朱璃容疑者は、午後8時ころにここに来るまで来て、宮田麻子さんを埋めたと供述しています。

宮田麻子さんの経歴とFacebook顔画像

宮田麻子さんの経歴は、

  • 氏名 宮田麻子(みやたあさこ)
  • 年齢 47歳
  • 住所 北海道北見市南町
  • 職業 教師
  • 勤務先 北見緑陵高校(元美幌高校)
  • 家族 夫、ほか不明
  • ソフトテニス部の顧問

宮田麻子さんの顔画像はこちら。卒業アルバムからの写真です。

宮田麻子さんの顔画像-1

宮田麻子さんのフェイスブックなどのSNSは見つかっていません。

宮田麻子さんは、今年の4月から北見緑陵高校で働いていました。それ以前は、美幌高校に勤めていたことが分かっています。

美幌高校の「報徳の風」という月刊誌に載っていた宮田麻子さんの異動記録です。

2016年4月に美幌高校にやってこられました。英語の担当で美術部の顧問になられたようです。

宮田あさこさん-異動-2016年

同じ北海道の常呂郡にある訓子府(くんねっぷ)高校から異動されました。

ニュースによると、この2016年4月から2022年の3月までの6年間、宮田麻子さんと片桐朱璃容疑者は同僚として一緒に働いていました。

宮田麻子さんの出身大学は、片桐朱璃容疑者と同じ酪農学園大学だったことが分かっています。

片桐朱璃容疑者の経歴

宮田麻子さんは47歳、片桐朱璃容疑者は35歳と、12歳も年齢が離れいてますが、同窓生として意気投合したのではないでしょうか。

酪農学園大学では、高校の農業・理科・公民の免許と中学校の理科・社会の免許が取れます。英語の免許は、その後他の大学に入学したとか、何らかの方法でとられたと思います。

今年の3月に、宮田麻子さんは北見緑陵高校へ、片桐朱璃容疑者は帯広農業高校へ異動になっています。

教え子たちは、

「片桐先生と宮田先生は同じ大学で、仲が良くて遊んだりしていた。学校の中ではそうでもなかったけど」

学校の外で仲良く二人で遊んでいたのを目撃されていたようです。

さらに、

「(宮田さんは)優しくて親しみやすい先生でしたね。(片桐容疑者と)一緒にいるイメージはなかったですね。とても残念だし複雑な気持ちですね。知っている分、複雑な気持ちがあります。両方知ってるんで」

「それはびっくりですよね。あの朱璃がっていう。ましてや宮田さん?っていう。二重三重の驚きです。(片桐容疑者は)加工の方にいたので、肉製品や乳製品の加工の部分を担当していました」

「(宮田さんは)確か美術部の顧問だったと思うんですけど、作品を運んだり展示会行くのに下準備というか、そういうのをしっかりやっていた先生ですね」

現在の北見緑陵高校の生徒からは、

「(宮田先生は)優しく、はっきりとしていた。英語の先生でした。(部活は)ソフトテニスの顧問でした」

同時期に別々の高校に移動になったことと、宮田麻子さんが釧路に行くと言って車で出かけたことから、二人の間には何らかの深い関係があったと思われます。

それは地図でみるとよくわかります。

北海道-地図

地図の右上に美幌高校がある美幌町があります。そのすぐ横に、宮田麻子さんが異動になった北見市があります。

そこに比べると、片桐朱璃容疑者が異動になった帯広市は全く離れた遠い街です。

帯広市は道央にちかい町です。釧路市は北見市と帯広市のちょうど真ん中あたりにあります。

ナビタイムで、北見市から帯広市まで来るまで行った場合を調べてみると、約150kmくらいあって、2時間40分はかかる距離です。

そんなに距離があるのに二人があっていたということは、何らかの深い関係性があったと推定されます。

なぜ、夫からすぐに片桐朱璃容疑者の名前が出たのかも疑問です。

今後、二人の関係性が徐々に明らかになっていくと思われます。

<追記>宮田麻子さん勤務の北見緑陵高校の場所

宮田麻子さんは、今年の4月から北見緑陵(きたみりょくりょう)高校に異動になりました。

北見緑陵高校は、「〒090-0008 北海道北見市大正255」にある高校です。

北見緑陵高校-地図

赤いタブが北見緑陵高校のある場所です。

住宅地から離れたところにあって、周りには畑などがたくさんある場所です。とてものどかで過ごしやすそうなところになっています。

北見緑陵高校-外観

<追記>宮田麻子さんの当日の行動が判明

宮田麻子三-ニュース2

(引用:日テレNEWS)

今年3月まで同じ高校の同僚で、お互い家庭を持っていた2人に何があったのか。事件直前の行動が明らかになってきました。
捜査関係者によると、先月29日、宮田さんは「(北見市から)釧路に行く」などと子どもに話していたといいます。その日のうちに、宮田さんは自らの車で外出したということです。
しかし、宮田さんは、帯広市内で行われていた片桐容疑者が顧問を務める野球部の試合を見に来ていたということです。
先月29日夜までは、宮田さんは、SNS上で夫と連絡をとっていたといいます。その後、連絡が途絶え、先月30日には夫が「妻が帰ってこない」と警察に相談していました。
そして、片桐容疑者が宮田さんの遺体を埋めた疑いがもたれているのが、先月30日午後8時ごろです。(引用:日テレNEWS)

宮田麻子さんの当日の行動が少しわかってきました。

  • 家族には「釧路に行く」と言って外出
  • 実は帯広で、帯広農業の野球の試合を見ていた
  • 5/29の夜までは、SNSで夫と連絡あり
  • 宮田麻子さんの車は埋められたそばの駐車場に

帯広農業の野球部の副部長は、片桐朱璃容疑者です。

片桐珠璃経歴は酪農学園大学大学院卒業

伊藤啓介のFacebook顔画像

山下克己のFacebook顔画像

土田昌太のFacebook顔画像

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント