事件

南波大祐のツイッター顔画像「メガネが似合う超イケメン」廿日市市ホテル事件

南波大祐容疑者-顔画像事件

2021年11月、大量のアルコールを飲ませて命を奪ったとされる事件。

逮捕されたのは、広島市西区鈴が峰町、職業訓練生南波大祐(なんばだいすけ)容疑者(31)。南波大祐容疑者のツイッター顔画像を検証しました。メガネが似合う超イケメンの可能性。

南波大祐容疑者のツイッター顔画像「メガネが似合う超イケメン」

南波大祐容疑者の顔画像などは、ニュースではまだ報道されていません。

そこで、ツイッターなどのSNSで南波大祐容疑者の顔画像を探してみました。

まず、ツイッターで「南波大祐」と検索してみると、

南波大祐容疑者-ツイッター-1

1件だけ「南波大祐」と同姓同名のツイッターアカウントがヒットしました。

このツイッターアカウントを開いてみると、

南波大祐容疑者-ツイッター-2

ツイートは一つもなくフォロワーやフォロー中には被害者の名前はありませんでした。

ただ、プロフィールには顔画像が載っていました。その顔画像はメガネが似合う超イケメンでした。

南波大祐容疑者-顔画像-1

ニュースなどではまだ南波大祐容疑者の顔画像がないので、このアカウントが本人のものなのか特定できていません。

顔画像が報道されて、一致したらモザイクははず扨せていただきます。

次にフェイスブックで「南波大祐」を検索してみると、

南波大祐容疑者-フェイスブック

「南波大祐」と同姓同名のアカウントは一つしかなく、しかも何も入っていない空アカウントでした。

削除してるか、もともと使っていないのか、判定できませんでした。

次にインスタを見てみると、

南波大祐容疑者-インスタ

こちらも南波大祐容疑者に該当するようなアカウントは見つかりませんでした。

引き続き、ツイッターやSNS、ニュースなどで南波大祐容疑者の顔画像を調査していきます。

南波大祐容疑者の事件概要

南波大祐容疑者-ニュース

(引用:中国放送)

去年11月、広島県廿日市市内のホテルから搬送された男性が翌日、病院で亡くなりました。警察は、ホテルに一緒にいた知人の男に、去年から事情を聞いていましたが、容疑が固まったとして、この男を逮捕しました。
逮捕されたのは、広島市西区の職業訓練生 南波大祐容疑者(31)です。
警察によりますと南波容疑者は、去年11月21日夜、廿日市市のホテル内で、愛知県の大学生 安藤魁人さん(21)に何らかの方法でアルコール等を大量に摂取させ、翌日、廿日市市内の病院で低酸素脳症により亡くならせた疑いがもたれています。
事件当時、南波容疑者は「一緒にいた男性の意識がなくなった」という内容の119番通報をしていて、病院にも一緒に行ったということです。
調べに対し、「殺害しようとする目的はありませんでした」と供述しているということです。
南波容疑者は去年2月、愛知県を訪れたときに、安藤さんが活動していた団体の勧誘を受け、知り合ったということです。去年11月21日、安藤さんは、団体の活動の一環で広島に来て南波容疑者と会っていたということです。
南波容疑者は、去年11月9日、自分の弟の健康保険証を不正に利用して広島市西区の医療機関を受診し、医療費7560円相当の財産上の不法の利益を得て、薬局で精神安定剤など150錠の交付を受けたとして、詐欺の疑いで先月逮捕され、容疑を認めていたということです。(16日付け起訴)警察は、この詐欺事件と、今回の事件にも関連があるとみて調べています。
RCCの取材に対し、ホテルの関係者は「去年の11月に男性2人組で、若い男性がおんぶされて入ってきた。最初は数時間の利用で部屋に入ったが、数時間後、『宿泊に切り替えたい』とその若い男性がフロントに言いにきた。その時は水をかぶったように汗びっしょりで、部屋に戻る時には、自分の部屋が分からないかのように廊下を徘徊しているような様子だった。その後、フロントを通さずに呼ばれた救急車がきて、若い男性が運ばれていった。救急車には、一緒に来ていたもう一人の男性も乗っていった。その日のうちに、ホテルに警察官が数人来て部屋の中を調べていたようだった」と話しています(引用:中国放送)

南波大祐容疑者の事件概要をまとめると、

  • 2021年11月21日の午後4時半頃
  • 広島県廿日市市のホテル
  • お酒に酔った感じでふらふらと入ってきた
  • 数時間後、宿泊に切り替えた
  • その時も汗びっしょりで、ふらふらして廊下を徘徊
  • 夜になって被害者の意識がなくなった
  • 南波大祐容疑者自身が119番通報
  • 11月22日の未明、低酸素脳症で亡くなる

実は、南波大祐容疑者はこの件では再逮捕でした。

この件の前に、健康保険証詐欺の疑いで先月逮捕されていました。内容は、

  • 自身の弟の保険証で受診
  • 薬局で150錠の精神安定剤を処方される

被害者は愛知県に住んでる大学生(21)で、昨年2月に南波大祐容疑者が愛知県を訪れたときに団体の勧誘を受け知り合ったということです。

その団体の活動で被害者が広島県に来て、南波大祐容疑者と会って事件に巻き込まれました。

警察によると、事件のポイントは

「何らかの方法でアルコール等を大量に摂取させ、低酸素脳症により亡くならせた」

ということです。

「何らかの方法」が、精神安定剤によるものか、一気飲みなどの無知な飲み方によるものなのか、まだはっきりとは発表されていません。

また、地方のニュースでは、低酸素脳症の原因として「嘔吐物を喉につまらせた」と報道されてるところもあります。

医療サイトによると、急性アルコール中毒でも低酸素脳症になりうるとしています。

何がおきて亡くなったのか、その原因はまだはっきりとは発表されていません。

さらに疑問なのは、午後4時半頃にフラフラになって予約していないホテルに入ってきたことです。お昼から2人で、もしくは団体の活動で飲んでいたのでしょうか。

上記のニュースでは、

「去年の11月に男性2人組で、若い男性がおんぶされて入ってきた。最初は数時間の利用で部屋に入ったが、数時間後、『宿泊に切り替えたい』とその若い男性がフロントに言いにきた。その時は水をかぶったように汗びっしょりで、部屋に戻る時には、自分の部屋が分からないかのように廊下を徘徊しているような様子だった。その後、フロントを通さずに呼ばれた救急車がきて、若い男性が運ばれていった。救急車には、一緒に来ていたもう一人の男性も乗っていった。その日のうちに、ホテルに警察官が数人来て部屋の中を調べていたようだった」

というフロントの証言があります。

上記の証言以外でも、ホテルの従業員の証言があります。

「お酒に酔ったという感じではなくて、顔がゆがんだというか、自分も見たことないような顔をしてたので、これはなんかおかしいなという感じだった」

「2名で、時間が16時30分くらいに来店している。ちょっと行動がおかしいような感じでふらふらしてたので、自分はすぐフロントに『あそこの部屋の人物怪しいですよ』という報告をした」

南波大祐容疑者は、

「命を奪おうという目的はありませんでした」

と供述しています。正しくこの通りで、ちょっとやりすぎてしまったという可能性が高いです。

新しいことが分かり次第、追記していきます。

南波大祐容疑者の経歴と顔画像

南波大祐容疑者の経歴は

  • 氏名 南波大祐(なんばだいすけ)
  • 年齢 31歳
  • 住所 広島市西区鈴が峰町
  • 職業 職業訓練生
  • 家族 不明

本人のものと考えられる顔画像はまだニュースなどで報道されていません。報道され次第、追記していきます。

南波大祐容疑者が住んでる広島市西区鈴が峰町を地図で見てみると、

南波大祐容疑者-自宅-地図

南波大祐容疑者の自宅と、事件が起きた廿日市市のホテルの間の距離は約10kmほどで、車で行くと約10分位にある場所です。

愛知県から来ている被害者は、おそらく宿泊するホテルも予約していたはずです。

そのホテルではない違うホテルに入ったというのも、事件を解明するきっかけにもなりそうです。

<追記>南波大祐容疑者たちが行ったホテルが判明

南波大祐容疑者が被害者をおんぶして入っていったホテルが判明しました。

ニュースで流れたホテルの画像はこちら。

南波大祐容疑者-ホテル-1

南波大祐容疑者-ホテル-2

この画像から、ホテル名は「ホテル ミッシェル2」(廿日市市地蔵前5-318)だとわかりました。

ある場所の地図は、

ホテルミッシェル-地図

廿日市駅から南に行ったところで、広島電鉄宮島線阿品東駅、JR阿品駅から近くにあるホテルです。

グーグルストリートビューでみてみると、

ホテルミッシェル-外観

料金表の部分が全く同じものですので、間違いないと思われます。

<追記>南波大祐容疑者は被害者と複数回会ってた事が判明

南波大祐容疑者-ニュース-2

(引用:FNNプライムオンライン)

広島・廿日市市内のホテルで、男子大学生の命を奪ったとして、職業訓練生の男が逮捕された事件で、男は、以前から複数回にわたり、大学生と直接会っていたことがわかった。
南波大祐容疑者は2021年11月、ホテルで大学生の安藤魁人さんに、何らかの方法でアルコールなどを大量に摂取させ、命を奪ったとして、17日に逮捕された。
南波容疑者は2021年2月、愛知県を訪れた際に、安藤さんが所属する団体から勧誘を受けて知り合っていて、それ以来、2人は複数回にわたって、直接会っていたという。(引用:FNNプライムオンライン)

南波大祐容疑者は、今回が初めてではなくて、過去に何度も被害者に会っていたことがわかりました。

<追記>南波大祐容疑者の顔画像が報道される

南波大祐容疑者が連行されるときの画像が報道されました。

南波大祐容疑者-顔画像-1

南波大祐容疑者-顔画像-2

南波大祐容疑者-顔画像-3

南波大祐容疑者-顔画像-4

南波大祐容疑者-顔画像-5

さらに、ホストをしていたときの南波大祐容疑者の顔画像もアップされました。

南波大祐容疑者-顔画像-11

南波大祐容疑者と被害者のつながりは、宗教団体とかマルチ商法だと言うことがわかってきました。

新しいことが分かり次第、追記していきます。

高井直子さん事件の詳細

小野優陽ちゃんの父親のツイッター

山上徹也容疑者のフェイスブック顔画像

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント

  1. 弟より より:

    ツイッターの画像南波大祐で間違い無いです!