事件

西岡竜司の顔画像「人の皮を被った悪魔」乳児17箇所骨折暴行事件

西岡竜司容疑者-顔画像事件

生後4~6ヶ月の乳児に、頭や両足、胸など全身17箇所の骨を折って重症を負わせた事件。

逮捕されたのは、大阪市東住吉区駒川の西岡竜司容疑者。西岡竜司容疑者の顔画像を検証します。

西岡竜司容疑者の顔画像「人の皮を被った悪魔」

まずは、逮捕されたときの西岡竜司容疑者の顔画像です。

西岡竜司容疑者-顔画像-8

車のフロントガラス越しで、雨が降っていますのでわかりにくいですが、いちおううつむいてパトカーに乗っています。

西岡竜司容疑者のSNSに載っていた写真です。

西岡竜司容疑者-顔画像-7

西岡竜司容疑者-顔画像-6

西岡竜司容疑者-顔画像-5

西岡竜司容疑者-顔画像-4

西岡竜司容疑者-顔画像-3

西岡竜司容疑者-顔画像-2

西岡竜司容疑者-顔画像-1

西岡竜司容疑者はピースしたり、笑顔でいたり、子供を抱いたりしていて、優しいマイホームパパを演じています。

そして、虐待している父親は、車に執着してることがとても多いです。西岡竜司容疑者も、スポーツカータイプのきれいな車を2台所有しています。

同じ色のときと、違う色のときがありますので、全塗をかけて車を楽しんでいるようです。

西岡竜司容疑者の虐待「かわいいという気持ちから意地悪をした」

西岡竜司容疑者の虐待は、次男に対するものだけがわかっています。

  • 2021年4月 ホテルの冷蔵庫や冷凍庫に次男を入れて虐待
  • 2021年6~8月 次男の骨を17箇所折る

報道されてるのはこの2件だけですが、おそらく長男に対しても何かしらの暴行をしてるはずです。

西岡竜司容疑者のSNSには、子どもたちが泣いてる写真がたくさんアップされていました。中には、水道水を直接かけられていたり、血の跡があるものがありました。

西岡竜司容疑者-フェイスブック-1

nishiokaryuuji-facebook-3

nishiokaryuuji-facebook-4

泣いてる子供の顔ばかりがSNSにアップされていました。異常としか思えません。

西岡竜司容疑者の妻も、絶対にわかっていたはずです。わかっていても見ないふりをしていたということは、犯罪の共謀者です。

西岡竜司容疑者が疑われてる暴行内容は、

  • 3分50秒間のうつ伏せ姿勢
  • ブロアーで顔に空気を吹き付ける
  • 手などを複数回指で弾く
  • ラジコンヘリを頭の近くで旋回
  • ラジコンヘリを指にぶつける

近所の住民からは、

「もし操縦を誤ってラジコンヘリが落下し、目などを傷付けたらどうするのか。やっていいことと悪いことの区別がついていない。子ども好きで温厚そうな父親だと思っていたのでショックです」(40代女性)

という声が聞こえました。

警察による西岡竜司容疑者の取り調べでは、

「子どもがかわいいという気持ちから、意地悪をしたいと思ってやりました。暴行のつもりはありませんでした」

と話してるようです。

警察には、これを犯罪として対処してもらいたいと願います。

西岡竜司容疑者へのネットの反応

法律の改正を望む。 まず、医師や児童相談所の職員が、虐待があったと思われると判断しただけで、強制的に子供を保護できるようにするべきだと思う。 親が言い逃れたり、子供が訳も解らす嫌がったとしても、子供の為だということを第一に考えて、強制的に親から離した後で、詳しく調べるべきだと思う。
子煩悩なフリ、子煩悩アピールの酷い人だと周囲の理解も得にくいから、夫の虐待を母親が訴えてもほぼ確実に信用されないし。こういう父親に育休を取らせない制度も作ってほしいけど、絶対無理よね…。
小さな体で17箇所骨折‥どんなに痛かっただろう。これから成長にも支障が出るかもしれない。これは虐待じゃない、○人未遂だよ。
虐待され命が失われた時は、虐待内容により刑を決め、命はあっても一生後遺症が残る傷害を受けた場合はそれに見合った刑。今の法律は子供が受けた壮絶な中身と、刑の重みや期間が合っていない。もっと長くしなければ、虐待は親の権利子供は自分の持ち物だから何しても許されると勘違いする。
虐待され命が失われた時は、虐待内容により刑を決め、命はあっても一生後遺症が残る傷害を受けた場合はそれに見合った刑。
今の法律は子供が受けた壮絶な中身と、刑の重みや期間が合っていない。
もっと長くしなければ、虐待は親の権利子供は自分の持ち物だから何しても許されると勘違いする。

多くの人が訴えてるのは、虐待という言葉はで片付けるのではなくて、犯罪なんだと認識してもらいたいということでした。

教育評論家の方も、

「実際に、小中高で起きてる虐待、いじめは、中身を見てみると、犯罪でしか無いような事が多いです。虐待だから隠蔽してももみ消せるし、教育長にもなれるわけです。これが犯罪だという認識があって、半坐位という言葉を使えば、もみ消したり、隠したりする人はいなくなるかもしれません」

と語っています。

実際に、骨を折るというのは犯罪です。親だから虐待、子供だからいい・・ということはないはずです。

もうちょっとそのあたりの認識を変えていく必要があります。

瀧本崇充は浜松市の会社役員

高井直子さんの養子の顔画像

末海征河は冤罪「真犯人は別にいる」

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント