おすすめ

お茶碗とお椀の違いって?お茶碗にご飯を入れる理由とは?

こんにちは、ゆうこです。

夕食のときに「そのお茶碗、取って~ご飯、よそうから。」っていわれたときに、ご飯入れるのに、お茶碗?って思っちゃいました。つぎに、「じゃ、つぎ、そこのお椀。お味噌汁入れるから」えっ?これも、お椀?どういうこと?って、ふと疑問を感じました。そこで、お茶碗と、お椀の違い、調べてみました。

お茶碗とお椀の違い

お茶碗とお椀
よーく、見てください。何か、違いますよね。

そーなんです。お茶碗、ご飯茶碗の「碗」の文字は、石偏(いしへん)。お椀の「椀」の文字は、木偏(きへん)なんです。石から作られたもの、つまり、瀬戸物、陶器なんかを、碗。木から作られた、漆器、木器を、椀って、呼ぶんです。発音は、おなじ「わん」です。ややこしいですが。

多くの家庭では、陶器のお茶碗をご飯につかって、木製のお椀をお味噌汁を持ってることが多いので、無意識にそう呼んでしまってるのかもしれません。

木と石以外では、金属製の(かなまり)っていうのも、あります。韓国製のものです。大昔、水やお酒を入れた、丸い器のことです。

でも、これは、材料の違いだけ。なんで、ご飯をもるのに、お茶碗っていうのか、わかりませんよね。実は、大昔からの食生活に関係があるんです。

お茶碗にご飯を盛った理由は?

大昔、安土桃山時代以前は、ごはんは、朝と晩だけの1日2回でした。

まあ、電気が無かったから、暗くなる前に食べちゃえ!そして、早く寝ろ!ってことだったのかもしれませんし、そもそも、たべるものも今よりはだいぶ少なかったのかもしれません。

そんなときの食事は、ごはんと、漬物くらいだったんです。大盛りのごはんと、つけものと汁椀。とにかく、ごはんだけでお腹いっぱいにしてました。だから、飯椀っていうと、木のお椀で、大っきいです。

当然、お茶を入れて飲むのは、茶碗でした。茶碗は、陶器のものが中国から入ってきてたんです。ほとんど、抹茶用でしたが。ですが、江戸時代以降、 1日3食で、おかずも食べることが、流行ってきてしまったんです。当然、ごはんの量は少なくなりますよね。だって、おかずも食べるから。そんなに食べきれません。

じゃあ、大きなお椀はいらないな~?って思って、近くにあった、小さな茶碗でイイんじゃない?ってことに。それが、茶碗でごはんを食べるようになった始まり!だといわれています。

始めは、中国製のものが主流だったんですけど、瀬戸とかで安く大量に作られるようになったので、どんどん、広まっていきました。なんで、1日3食食べるようになったかって言うと、ろうそくが普及しだして、夜遅くまで起きているようになったから。

初めは、夜食って感じだったんでしょうか?とはいえ、肉体労働の人たちは、1日2食じゃもたなかったと思います。

まとめ。

お茶碗とお椀の違いをしょうかいしてきました。お分かりになってもらえたでしょうか。

主な違いは、材料の違いと、大きさの違いです。お茶碗に、なんてご飯を入れるのか?その答えは、1日2食から3食に変わって行った時に、ちょうどいい量のごはんを盛れる器が、たまたま、そばにあった茶碗だったから。江戸時代からの風潮っていうか、通り名、習慣が、今でも残っているっていうことのようです。

ちなみに、ご飯茶碗と、汁椀の置き方、知ってますか?

左御膳に、右椀

食べる人からみて、左側が、ごはん。右側が、お味噌汁。逆の、右御膳は、仏様にあげるときです。間違えないようにしましょう。

以上、お茶碗とお椀の違いについての記事でした。

コメント

  1. 小谷 親康 より:

    最近、テレビで見ました。「茶碗と汁椀の置き方について」
    右に汁椀、左に茶碗を置きます。その理由の説明に合理性を説いていました。
    どれが正解なのか?何が正解なのか?解らないのでお聞きしたくって投稿しました。
    できれば古の言い伝えや古事記などの面から教えて頂けないでしょうか?
    私は京都西陣生まれで父や母から教わり損なった様な気がしてきました。
    法事やお祝い事などでは、気を付けなければならない事でしたが、思えばば無頓着に過ごし恥ずかしい事でした。
    言葉の大切さも含め、お教え頂けないでしょうか、よろしくお願いいたします。

    • 水谷優子 より:

      コメントありがとうございます。

      返信遅くなって申し訳ありません。

      本文のまとめでは「左御膳に右椀」と書かさせてもらいましたが、地方によって違うようです。

      関西地区の大阪、京都、兵庫では、左側手前にゴハンのお茶碗を置いて、その奥に汁椀を置くということです。

      これは忙しい商人が多いせいとか、おかずがたくさんあって立派に見せようとか、色々な理由があるようですが、文化として定着してるようです。

      他の地区でも多少のずれがあるようです。

      茶道などからつくられたマナー教室で教えられてきたものが、TVとかで一般的に正解と言われてるようです。

      お葬式でも右御膳にしたり、ご飯を炊かなかったり、炊いても仏飯器というご飯を盛る小さな器にもったりと、宗派や地域によってかなり違うようです。

      基本的には「左御膳に右椀」と覚えておいてもらって、地域や人によって色々合わせたほうがいいと思います。

      混乱させてしまって申し訳ありませんでした。