事件

坂口洋平のFacebook顔画像「福岡大学薬学部卒の超エリート」熊本わいせつ事件

容疑者-顔画像事件

熊本県で起きた女子高生わいせつ事件。

逮捕されたのは、福岡県福岡市に住む福岡大学薬学部助教授の坂口洋平(さかぐちようへい)容疑者(37)。福岡大学薬学部卒で超エリートの坂口洋平容疑者のFacebook顔画像を検証します。

坂口洋平容疑者のFacebook顔画像

ニュースでは、まだ坂口洋平容疑者の顔画像などは一切出ていません。

そこで、フェイスブックなどのSNSを調査して、坂口洋平容疑者の顔画像を確かめてみました。

まずは、フェイスブックで「坂口洋平」と検索してみると、

坂口洋平容疑者-フェイスブック-1

100件ちかい「坂口洋平」のフェイスブックアカウントがありましたが、福岡県福岡市に住んでるアカウントはありませんでした。

次に「yohei sakaguchi」で検索してみると、

坂口洋平容疑者-フェイスブック-2

こちらも、坂口洋平容疑者に合致するようなフェイスブックアカウントはありませんでした。

次に、インスタを調べてみました。

坂口洋平容疑者-インスタ

こちらも、一致するようなものはなく、ツイッターでも何もでてきませんでした。

坂口洋平容疑者-ツイッター

引き続き、フェイスブックなどのSNSと、大学関連のHPやニュースなどで、坂口洋平容疑者の顔画像を調査していきます。

読者の方で、坂口洋平容疑者の情報をご存じの方がいらっしゃれば、コメント欄に一言書いていただければとても嬉しいです。

坂口洋平容疑者の事件概要

坂口洋平容疑者-ニュース

(引用:時事通信社)

女子高校生にわいせつな行為をしたとして、熊本県警荒尾署は21日までに、県少年保護育成条例違反の疑いで、福岡大助教の坂口洋平容疑者(37)=福岡市中央区梅光園=を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は6月18日午前、熊本県内のホテルで当時17歳と知りながら女子生徒とみだらな行為をした疑い。
同署によると、2人はインターネット交流サイト(SNS)を通じて知り合ったという。女子生徒の学校関係者が把握し、県警に通報した。福岡大は「事実関係を確認し、調査の上、厳正に対処する」とコメントした。(引用:時事通信社)

坂口洋平容疑者の事件概要をまとめると、

  • 6/18午前
  • 熊本県内のホテル
  • 17歳の少女とみだらな行為
  • 2人はSNSでしりあう
  • 17歳の少女の学校関係者が通報

坂口洋平容疑者の住んでるところや働いてる場所は、福岡県福岡市です。

被害者の17歳の少女はおそらく熊本県に住んでいて、そこまで坂口洋平容疑者が乗用車か電車などで会いに行ったと思われます。

ナビタイムでその間の距離などを調べると、地図はこんな感じです。

福岡-熊本-地図

行き先は熊本市中央区で検索してみました。

距離は116kmで、乗用車だと1時間50分程度かかる距離になります。

福岡県と熊本県の間には佐賀県があり、2つ先の県まで出向いていったと言うことになります。

それだけの手間ひまをかけたということは、坂口洋平容疑者には奥さんも恋人もいなかったのでしょうか。

それとも、いわゆるロリコンと言われる人だったのでしょうか。

管理人には、こういう人たちの気持ちはちょっとわかりません。

ですが、17歳の少女の親御さんの気持ちはよくわかります。おそらく、坂口洋平容疑者は普段からこういったことを繰り返し行ってきてるはずです。

普段からのネット関係の教育も足りなかったのかもしれませんが、ぜひ、坂口洋平容疑者の余罪等もすべて調べてもらって、厳罰に処してもらいたいものです。

坂口洋平容疑者の経歴とFacebook顔画像

坂口洋平容疑者の経歴は、

  • 氏名 坂口洋平(さかぐちようへい)
  • 年齢 37歳
  • 住所 福岡県福岡市中央区梅光園
  • 職業 助教授
  • 勤務先 福岡大学薬学部
  • 出身校 福岡大学薬学部
  • 家族 調査中

坂口洋平容疑者の顔画像やフェイスブックなどのSNSはまだはっきりと分かっていません。

引き続き調査をしていますので、分かり次第追記していきます。

坂口洋平容疑者の福岡大学での仕事やそれまでの経歴をくわしく調べてみました。

福岡大学のHPを調べると、坂口洋平容疑者は福岡大学薬学部の薬学科の助教授でした。

そこで、薬品分析学について研究していました。

坂口洋平容疑者-薬学部

小さくともきらりと光るような研究ができるように、地道にこつこつと、日々精進したいと思います。

坂口洋平容疑者の論文、研究テーマも3件ほどヒットしました。

「KAKEN」という研究者に関する情報をまとめたサイトですが、そこに坂口洋平容疑者の情報が乗っていました。

坂口洋平容疑者-研究テーマ

経歴の部分には、坂口洋平容疑者は、福岡大学薬学部に来る前の2015年度から「国立研究開発法人産業技術総合研究所」で研究員としていくつかの研究をしていたと書かれています。

「国立研究開発法人産業技術総合研究所」(略称:AIST、産総研)とは、経済産業省所管の公的研究機関です。

国のトップ研究機関と言ってもいいかもしれません。そんなところで働いていた坂口洋平容疑者は、かなりのエリートだったといえます。

実際に、福岡大学薬学部在学中に表彰もされています。

坂口洋平容疑者-表彰

2011年度の受賞者リストです。

坂口洋平容疑者は九州分析化学奨励賞をもらっています。

よく見てもらいたいのは残りの人達の所属先です。すべて九州大学の理学府や工学府の方たちです。理学府や工学府は大学院のことです。

その方たちを押しのけて、一番はじめに名前が書かれているということはかなりすごいことだといえます。

この研究などが評価されて「国立研究開発法人産業技術総合研究所」に入ることができたと思われます。

ここまで坂口洋平容疑者の経歴を調べてみると、そんなすごい人がなぜ?と思ってしまいます。

こういったわいせつ事件のことを調査してると、管理人はいつも思ってしまいます。

なかにはとんでもない人もいますが、わいせつ事件を起こしてしまう人は普段は真面目で笑顔がとても似合う人だったりします。

頭もよく、勉強一筋で頑張って教師になった人も多いです。世界的な研究機関で働いていた人もいました。

そういった人たちを思うと、ある程度バランスを取って暮らしていくほうが、犯罪には関わらずに生きていけそうだなと感じます。

これから警察での取り調べが始まると思います。坂口洋平容疑者にはすべてを自供してもらいたいものです。

ちなみに、坂口洋平容疑者が疑われてるのは、熊本県少年保護育成条例違反の疑いです。

熊本県の条例を調べてみると、熊本県少年保護育成条例違反の疑いは第13条に違反してるのがわかりました。

第13条第1項とは、

熊本県第13条

「何人も、少年に対し、みだらな性行為又はわいせつ行為をしてはならない」

というものです。

これに対する罰則がこちら。

熊本県-罰則

「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」

ということです。

ちょっと軽すぎるような感じですが、坂口洋平容疑者にはしっかりと罪を償ってもらいたいです。

新しいことが分かり次第、追記していきます。

名古屋高速バス横転事故

小野優陽ちゃんの父親のツイッター

山上徹也容疑者のフェイスブック顔画像

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント