知床半島沖海難事故

知床半島沖の観光船浸水事故の場所「海水温4度のカシュニの滝付近」

知床半島沖観光船事故-地図-3知床半島沖海難事故

4/23の午後1時過ぎ、北海道知床半島沖で26人が乗った観光船が浸水してると救助要請があった事故。

観光船が浸水してる場所は、海道の知床半島西側にある「カシュニの滝」付近の海域。観光船が浸水してる場所などを検証します。

知床半島沖の観光船浸水事故の場所

知床半島沖-事故-最新ニュース

(引用:テレ朝ニュース)

23日、北海道の知床北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船から浸水したと通報がありました。現在、海上保安庁が救助に向かっています。
23日午後1時すぎ、北海道の知床半島西側にある「カシュニの滝」付近の海域を航行中の観光船から「船が沈みそうだ」と第一管区海上保安本部に救助要請がありました。
浸水した観光船は知床遊覧船が所有する「KAZU1」で乗客の大人22人、子ども2人と船長1人、甲板員1人の合わせて26人が乗っていました。
運行する知床遊覧船によりますと、観光船は北海道斜里町のウトロ港を出港し、知床岬の付近まで航行した後、ウトロ港に戻る途中だったということです。
海上保安庁が巡視船5隻と航空機2機で救助に向かっています。
そして、通報を受けた海上保安庁のヘリコプターが午後4時半ごろ、現場に到着しましたが、今も観光船は見つかっていないということです。(引用:テレ朝ニュース)

4/23の午後1時過ぎに救助要請が入り、午後4時半ころ、海上保安庁のヘリが現場到着しました。

<追記>いまのところ、観光船は見つかってない模様。

26人が乗った観光船が浸水してると救助要請してきた場所は、

「カシュニの滝」付近の海域

ということです。

知床遊覧船『KAZU 1』事故の経緯

知床半島沖観光船事故-1

【速報】知床半島沖合を航行中の観光船が浸水か 30人乗船

豊田徳幸船長の勤務は経った2年前から

知床半島沖観光船事故-2

乗客の皆さん救命胴衣は着用している模様だが水温4度では低体温症になる。早く救助される様に願ってます

知床半島沖観光船事故-3

速報 知床半島の沖合で観光船が浸水、巡視船などが乗船の26人を救助へ…航空機は現場上空に到着、潜水士ら捜索中

知床半島沖観光船事故-4

知床半島遊覧船の事故現場はカシュニの滝付近
どちらかと陸に近い場所
通報後は連絡途絶えてしまったらしいが、全員救命胴衣着用とのこと
場所柄、海上保安庁の巡回船が近くにいる可能性高い。航空機はもう到着していると思うし
海上保安庁は紋別かな

知床半島沖観光船事故-4

やばい こんな時だし尚更心配 無事でありますように お願い

知床半島沖観光船事故-6

北海道・知床半島沖 約30人乗った観光船が浸水 海保が救助に向かう

曽山聖甲板員のFacebook顔画像

知床半島沖観光船事故-7

知床半島の今の海水温は4度です。救命胴衣があったとしても相当厳しい気象条件です

知床半島沖観光船事故-8

【26人乗り観光船「船首が浸水、沈みかけている」】北海道・知床半島沖合で、海保船が現場に向かう

知床半島沖観光船事故-9

知床半島西側の「カシュニの滝」付近で知床遊覧船「KAZUⅠ」が浸水 乗客乗員26人 海保が救助に向かう。現場は波浪注意報と強風注意報が出てて、漁船も救助に行かれへんって事みたいやけど、何でそんな日に遊覧船を…これから稼 …

桂田精一社長の記者会見しない理由

ネットの掲示板でも、

「今どきの知床の水温なら、幾ら救命胴衣を着けていても10分で低体温症になるレベルです。 しかも日暮れも近い時間帯という事で、一刻一秒争う緊急事態と言っても差し支えないでしょう。 現場は波が高く漁船も午前で引き返してきたとの情報もあり、トムラウシ山で登山を強行し大勢の被害を出した事故を思い出させる。 どこか沿岸にでも非難してくれていることを祈る」

「海上保安庁が空と海から、そして、地元の漁師さんたちも懸命に観光船を探しているが、 いまだに、観光船が見つかっていない。 知床の日没は18:00頃、暗くなる前に見つかって欲しい。 救命胴衣を着けていても、海は水温5度程度なので、観光船に乗船している方々の安否が本当に心配です。 全員の無事を祈っています」

「一番近い釧路航空基地からヘリコプター(S-76)、千歳航空基地から固定翼機(Q300)が出たという未確認情報は流れています。状況によっては空自千歳救難隊のU-125やUH-60も出るかもです(おそらく海保機より夜間捜索救助能力が高い)なんとか助けてあげて欲しいです!私もいつか乗りたい航路ですしね」

知床半島沖の観光船浸水事故の地図

グーグルで観光船が浸水手していると思われる場所を見てみます。

カシュニの滝は、知床半島にあります。

知床半島沖観光船事故-地図-3

拡大してみると、船はウトロから出たということです。そして知床岬(先端)に巡って帰ってくる計3時間の航海だったということです。

知床半島沖観光船事故-地図-2

もう少し拡大してみると、

知床半島沖観光船事故-地図-1

このあたりは知床国立公園なので、温泉や旅館などを除いて、普通の民家はほとんど建っていません。

カシュニの滝をグーグルのストリートビューで見てみると

カシュニの滝-外観

こんな感じで、海岸線には道路は走っていません。すぐそばまで山が迫ってきています。

<追記>知床半島沖の観光コース

知床半島沖-観光コース

一番長いコースです。行き帰り3時間のコースで、大人8,800円、子供半額です。午前10時に出港して、午後1時ころに寄港する予定だったということです。

現場の状況は、波浪強風注意報が出ていて、波の高さ3m、風速15mだったということです。明日の朝まで同じ状況が続くとされています。

ちょっと心配なのは、「ヒグマ遭遇率94%」という言葉です。海岸まで泳げたとしても、そこにヒグマがいる可能性が高いです。

知床半島沖-観光コース2

桂田精一社長の経歴「5,6年前から社長」

<追記>知床半島の海岸線の航空図

グーグルの航空図で海岸線を見てみます。まず、カシュニの滝付近です。

知床半島-海岸線-航空図-1

カシュニの滝付近から北方向に行った場所です。

知床半島-海岸線-航空図-2

知床半島-海岸線-航空図-3

もしもここで船が沈没したら、こういった上陸できる浜があるところまで泳いでいかないといけません。

現在、巡視船5隻やヘリ、航空機2機などで懸命の捜索が続いています。

<追記>24日早朝、4名救助

共同通信社によると、

「北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船「KAZU 1(カズワン)=19トン」が浸水し、乗客乗員26人が安否不明となった事故で、現場周辺で捜索していた第1管区海上保安本部(小樽)などの航空機が24日早朝、知床岬先端で遭難者とみられる4人を発見した。いずれも容体は不明で、1管などがヘリコプターで救助している」(引用:共同通信社)

と、4名救助されましたが、意識不明だと伝えています。

見つかったのは午前5時5分ころと45分ころで、知床岬先端の海上で3人、1人が知床半島の先端だとういことです。

<追記>さらに3名見つかる

北海道ニュースUHBによると、

「また場付近では24日午前10時までに、さらに3人が発見され、救助されたのはこれまでに7人となっています。斜里町内の学校では午前5時50分、発見したとみられる道警のヘリコプターが着陸し、消防が救急車で搬送しました」

ということです。

この3名の状態は報道されていません。

<追記>4/24午後2時時点で9名見つかる

HBC北海道放送によると、

「知床岬付近では、24日の捜索で、『KAZUⅠ』に乗っていたとみられる9人が見つかっていますが、このうち8人に意識はなく、1人が容体不明です」

ということです。氏名などはまだ公表されていません。

<追記>10名見つかる

ANNニュースによると、

「海上保安庁の関係者によると、北海道の知床半島で26人が乗った観光船が浸水した事故で、これまでに発見された乗客とみられる10人全員の死亡が確認された。また、死亡が確認された10人は全員が大人で、男性が7人、女性が3人。うち5人は救命胴衣を着用した状態で発見されている」

ということです。

<追記>4/24深夜、子供1名見つかる

4/24の深夜、性別不明の子供が1名見つかりました。発見時は、意識不明で搬送されたということです。

今まで見つかった10名は、知床半島西側、カシュニの滝側で見つかっていましたが、この子供は、逆側の知床半島西側の海で見つかったということです。

このあたりの潮流は複雑なため、捜索範囲を広げる努力がされています。

<追記>亡くなった11人の方の原因がわかりました

知床半島沖事件-原因

(引用:読売新聞)

北海道・知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」(19トン)が消息を絶った事故で、第1管区海上保安本部は25日、知床岬東側の海上で子供1人が見つかり、死亡が確認されたと発表した。死者は計11人となり、全員が溺れて亡くなったことも捜査関係者への取材でわかった。
11人については、1管と道警が遺体を検視し、いずれも水死だと判明した。遺体には擦り傷などが残っていたが、大きな外傷はなかった。気象庁によると、事故のあった23日、現場海域の海水温は2~4度だった。1管などは、11人が海水につかり、低水温のため短時間で身動きが取れなくなり、溺れた可能性が高いとみている。発見時、救命胴衣を着用していたのは5人だったという。
(引用:読売新聞)

ライフジャケットの専門サイトによると、

水温-平均生存時間

低体温症による、水中での大人の平均生存時間

  • 0度 15分 15~45分
  • 0~5度 15~30分 30~90分
  • 5~10度 30~60分 1~3時間

(水温 疲労又は意識不明時間 生存可能時間)

豊田徳幸船長の勤務は経った2年前から

5度の場合、疲労又は意識不明になる時間が、大人だったら約1時間で、水中で生存できるギリギリが3時間と書かれています。

つまり、『KAZU 1』が浸水して海に放り出された後に、1時間以内に海岸まで泳いでたどり着くことができたら、助かっていた可能性が高いということになります。

救命胴衣をしっかりと正規に着用していなかった可能性もありますし、海のどのあたりで浸水したのかも問題です。

<追記>捜索中の船のソナーに反応

『KAZU 1』の可能性がある反応が、水中音波探査機にありました。

反応があった場所は、カシュニの滝の沖合30mの場所です。

第1管区海上保安本部の潜水士が付近を潜り調査を始めましたが、悪天候kのため、2時間後に捜索中断しました。

<追記>4/29午前、船体を発見か?

4/29の午前、海上自衛隊の掃海艇が観光船「KAZUⅠ(カズワン)」とみられる船体のようなものを見つけました。

カシュニの滝付近で、推進100mの改定と見られています。

また、新たに3人の男性の方の遺体が発見されました。

<追記>『KAZU 1』の名前を水中ドローンが確認

『KAZU 1』の船首部分に書かれている「KAZU 1」の文字を、水中ドローンが確認しました。

カシュニの滝の沖で、水深120mのところに沈んでいるということでうす。

KAZU-1-画像

新しい状況がわかりましたら追記していきます。26人の方のご無事をお祈りしています。

豊田徳幸船長の勤務は経った2年前から

曽山聖甲板員のFacebook顔画像

桂田精一社長の経歴「5,6年前から社長」

桂田精一社長の記者会見は?

知床遊覧船『KAZU 1』事故の経緯

桂田精一社長の記者会見内容

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント

  1. すてのの より:

    ゴミトレンドアフィうざい消えろ