白金高輪駅硫酸事件

白金高輪駅硫酸男の顔画像と特徴「犯人は白金高輪駅の2番出口から北の方へ逃走中?」

ryuusannotoko-gazou白金高輪駅硫酸事件

8/24夜9時10分ころ、東京都メトロ白金高輪駅で、22歳男性と34歳女性に硫酸がかけられる事件が発生しました。

男性は顔や背中に、女性は足にやけどを負いました。

警視庁は現場から逃走した硫酸をかけた男の画像を公開して捜査をしています。

白金高輪駅硫酸男の顔画像と特徴

ryuusannotoko-gazou

犯人の硫酸男は、計画的にこの犯行を考えていたようで、服は黒の上下、黒の帽子、マスク、手袋と、画像だけでは特徴を断定できないように準備しています。

ryuusannotoko-gazou2

ryuusannotoko-gazou3

警視庁から発表された硫酸男の特徴は

  • 30代~50代
  • 身長 175cm
  • 黒の上下
  • 右手に白手袋

です。

画像をよく見てみると、

  • 黒のバッグ
  • 黒のスニーカー(白ソール?)
  • 手袋はゴム手袋?

などがわかります。

硫酸男が事件を起こした場所

siroganedai-3

硫酸男が事件を起こした場所は、

  • 東京メトロ白金高輪駅
  • 2番出口に向かう上りエスカレーター

地図で見てみると、

siroganedai-1 siroganedai-2

犯人の硫酸男は、2番出口から出てまっすぐ北方向、古川橋の方へ逃走した模様です。

現場を見ていたひとは、

「液体は赤くて、ぬるっとしていた。一体何が起きたのか」

と話しています。

<追記>

警察の発表では、硫酸男は2番出口から出た後、再び電車を利用したようです。

硫酸男事件の概要

硫酸男の事件の概要は、

男は24日午後9時すぎ、東京メトロ・白金高輪駅のエスカレーターで、会社員の男性(22)に向かって硫酸とみられる液体をかけ、その後、逃走しました。男性は顔や背中などにやけどをする重傷を負い、「目が開けられない」と話しているということです。また、滑って転んだ34歳の女性の足にも液体がかかり、軽いやけどをしています。(引用:TBSニュース)

なにか知ってる方はこちらへ。

【捜査本部】  警視庁高輪警察署  電話:03-3440-0110

<追記>白金高輪駅事件の犯人は3駅前から尾行

日テレNEWSでは、

捜査関係者への取材で、この男と特徴が似た人物が、東京メトロ・溜池山王駅のホームで男性の近くに立ち、その後、同じ電車に乗り込む様子が防犯カメラに映っていたことがわかりました。(引用:日テレNEWS)

と報道されました。

TBS NEWSでは、

東京・港区で、男が、硫酸とみられる液体を20代の男性にかけて逃走している事件で、男が、犯行前に、被害男性の勤務先の周辺をうろついていたとみられることがわかりました。

その後の捜査関係者への取材で、防犯カメラの捜査などから、事件当日の犯行前に港区の東京メトロ・赤坂見附駅近くにある男性の勤務先周辺で、男がうろついていたとみられることがわかりました。警視庁は、逃げた男について、男性の顔見知りで、勤務先からあとをつけながら、犯行の機会をうかがっていた可能性もあるとみて、傷害の疑いで行方を追っています。(引用:TBS NEWS)

と、報道されてます。

つまり、今回の事件は無差別とかいきあたりばったりではなく、完全に計画的に被害者の男性を狙ったものだということがわかりました。

女性、お金、会社、友人関連からの捜査で、犯人はかなり絞られそうです。

【関連記事】

花森弘卓の顔画像「エスカレーターに残ってた指紋と逮捕歴の照合で身元が判明か」

花森弘卓の生い立ちや大学「両親は病気で亡くなっていて葵区に一人住まい」

宮崎英美さんの顔画像「物静かでおとなしい感じの人だった」熊谷女性殺害事件

 

コメント