事件

園田雅之容疑者の顔画像「人が良くて気の弱そうな顔だけどネクラなオタク系」

園田雅之容疑者-住居侵入罪事件

福岡県柳川市にある私立柳川高校の教師・園田雅之容疑者(30、そのだまさゆき)が、住居侵入罪の疑いで逮捕されました。

園田雅之(そのだまさゆき)容疑者のかお画像を見ると、人がよく敵の弱そうな青年なのですが、やったことを見ると、かなりネクラなオタク系です。

園田雅之容疑者の顔画像や生い立ちなどを紹介します。

園田雅之容疑者の顔画像「人が良くて気の弱そうな好青年」

園田雅之容疑者-住居侵入罪

全国大会優勝などテニスの強豪校として知られる柳川高校の女子テニス部の監督が知り合いの女性のアパートに侵入したとして警察に逮捕されました。調べに対し「好意があり私生活をのぞいてみたかった」などと容疑を認めているということです。逮捕されたのは、私立、柳川高校の教諭で女子テニス部の監督を務める園田雅之容疑者(30)です。

警察によりますと今月6日の午後2時すぎ柳川市に住む20代の女性のアパートに侵入したとして住居侵入の疑いがもたれています。

女性の自宅のベッドの下からボイスレコーダーが見つかったことから女性が警察に相談し、捜査していたところ園田容疑者が玄関から入っていく姿がアパートの防犯カメラに写っていたということです。(引用:日テレnews)

 

園田雅之容疑者は、そのボイスレコーダーを仕掛けた女性に、5年前から好意を持っていたようです。

きっと好きで好きでたまらなかったのですが、声をかけたりデートに誘ったりなんかはできなかったんです。

たぶんその女性は教師じゃなくてふつうのOLとか、あまり接点のない女性ですね。教師なら宴会とかイベントとか会ってお近づきになれたはずですから。

そして、「私生活を覗いてみたかった」という理由からも、かなりオタク的な風貌、性格をしてると想像されます。

園田雅之容疑者は女子テニス部の監督をしています。そこから探してみると、園田雅之容疑者の顔画像が出てきました。

園田雅之容疑者-顔画像-0

園田雅之容疑者-顔画像-1

園田雅之容疑者-顔画像-2

園田雅之容疑者-顔画像-3

園田雅之容疑者-顔画像-4

園田雅之容疑者-顔画像-5

園田雅之容疑者が監督を務める女子テニス部が優勝したときや、いい成績を収めた時に一緒に撮った写真です。

漫画家の蛭子能収さんをもっとイケメンにして若くしたような、見るからに人の良さそうで、気の弱そうな男性です。

女子テニス部の女生徒たちも、笑顔で園田雅之容疑者と写真に映っています。

園田雅之容疑者の監督方針も、松岡修造選手のようにスパルタとか劇場型ではなく、褒めて育てるタイプにちがいないです。

それだけに、今回園田雅之容疑者がやってしまったことは、女子生徒にとっても、保護者の方にとっても、学校にとってもとても残念なことです。

あの尊敬していた園田雅之監督が、女性の部屋に忍び込んでボイスレコーダーを仕掛けた?マジでヤバいじゃん。そんな人に見えなかった。でも盗聴ならボイスレコーダーってダサくない?

という声が聞こえてきそうです。

もう教師として復職は難しいかも知れませんが、やったことはすべて自白して、ちゃんと罪を償って構成してもらいたいものです。

園田雅之容疑者のTwitter顔画像

園田雅之容疑者のTwitterがあるかどうか調べてみました。

園田雅之容疑者のツイッター

この1名しか該当するアカウントがありませんでしたが、なにもない空アカウントでした。

すでに情報は消してしまったと思われます。

園田雅之容疑者のFacebook顔画像

園田雅之容疑者のFacebookがあるかどうか調べてみました。

園田雅之容疑者のフェイスブック

この5アカウントしかありませんでしたが、全部違う人でした。

ツイッター同様、アカウントをすでに削除してしまったと思われます。

園田雅之容疑者も柳川高校の卒業生?

園田雅之容疑者-顔画像-4

柳川高校のテニス部は松岡修造選手や土橋登志久選手、福井烈選手、岩渕聡選手、本村剛一選手などのプロテニスプレイヤーを排出した名門校です。

女子テニス部もかなり強くて、九州大会通算優勝は43回、全国大会にも何度も出ている高校です。

その女子テニス部の監督です。

コーチは、元プロテニスプレーヤーの本村剛一氏がされていますが、園田雅之容疑者本人も、高校時代にテニスをやっていたと思われます。

そこで、園田雅之容疑者の生い立ちを調べてみましたが、ほとんどわかりませんでした。

ただ、私立高校の先生は、ほとんどその高校を卒業して先生になった方がなられることが多いです。

園田雅之容疑者も柳川高校を卒業したのかも知れないと思って調べてみると、面白いことがわかりました。

園田雅之容疑者は「過去に暴力事件?」

柳川高校2008年テニス部事件

 強豪として知られる福岡県柳川市の私立柳川高校のテニス部で、4月から6月にかけ1年生の男子部員がほかの部員から3回にわたって暴行を受け、鼻の骨を折るなどの重傷を負っていたことが13日、分かった。柳川署は近く、複数の部員を傷害などの容疑で書類送検する方針。(引用:スポニチ)

 

事件の顛末は、

  • 禁止された携帯を持っていた1年生が1年生により暴行される
  •  ボールで遊んでる途中、3年生がキレて1年生をボコボコに
  • 門限に遅れたことから顔面殴打

などのことが隠蔽されていて、全国大会にも素知らぬ顔で出場していたのがバレてしまったという事件です。

園田雅之容疑者は現在30歳です。

ということは、1991年生まれで、事件がおきた2008年にはちょうど高校2年生か3年生になっていました。

園田雅之容疑者が柳川高校の卒業生なら、当事者だった可能性があります。

暴力を奮っていた立場だったのか、それとも気が弱くてただ見てるだけの立場だったのか。

ただ、高校生のときのそういったヒエラルキーは性格にも影響してきます。

犯罪に対してあまりブレーキの聞かない性格になってしまったのかも知れません。

<追記>

柳川高校テニス部のOBからコメント頂きました。ありがとうございました。

2008年ころの男子テニス部には「園田雅之」という男子生徒はいなかったということです。

園田雅之容疑者は2008年の暴力事件には、全く関係ないです。

園田雅之容疑者の本性は「ネクラなオタク系」

園田雅之容疑者の笑顔はとても優しそうですが、実際はどうなのでしょうか。

本人が知らない間に違法に合鍵を作ってしまう人を想像してみてください。

かなり陰湿でネクラなオタク系を想像されるはずです。

女子テニス部の生徒や園田雅之容疑者に教わってる生徒は、

「ニタニタ笑ってるだけで、何を考えてるのかわからなくて気持ち悪い」

「近づくだけで、なにか変な匂いが」

「話が回りくどくて何を言いたいのかよくわからない」

といった声もあります。

同僚の先生からも、女子運動部の監督というと憧れの対象になりがちだけど、園田雅之容疑者だったら大丈夫じゃない?という声が聞こえてきそうです。

どのように元の鍵を入手したのか、はっきりと自白してもらいたいです。

それにしても、女子テニス部の生徒さんたちには衝撃的な出来事だと思います。

そして、柳川高校校長先生や教頭先生にしたら、せっかく全国レベルの部活に育ってるのに、「なんてことしてくれたんだ」と怒り心頭だと思います。

これが大事になってしまえば、これからやってくる大きな大会も辞退しないといけないですし、今年優勝したものも返還しないといけません。

学校の教師に対する管理責任や採用責任も問われます。

それは公務員と同じで、「なんで採用したんだ」「なんで、犯罪を犯した人を野放しにしておいたんだ」「なぜそういう人の性格をみぬけなかったんだ。試験の意味がないじゃん」と絶対にクレームが保護者からでます。

ちょっと間違えば、自分の子供が被害にあった可能性があるわけですし、園田雅之容疑者以外にももしかしたら変な教師を野放しにしてるかも知れないと思うからです。

公立高校と違って私立高校は、学内の体制変更をしやすい環境になります。

これを機に、管理体制の見直し、監督体制の見直しを考えてもらいたいという声が上がるはずです。ぜひ、真面目にとりくんでもらいたいです。

園田雅之容疑者には、余罪とか、今までに変なことがなかったかどうかなど、徹底的に調べてもらいたいものです。

新しいことが出てきましたら、追記していきます。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    柳川テニス部卒業生ですが、その世代に園田雅之さんはテニス部には在籍していないと思います。暴力事件とは関係ないです。

    • 水谷優子 より:

      コメントありがとうございます。
      訂正させていただきます。

      • 匿名 より:

        ご丁寧に返信、訂正ありがとうございます。
        特定されかねないので何年卒かは伏せさせていただきますが、2008年前後の世代です。
        園田雅之さんとは面識もなにもありませんが女子テニス部の生徒などに被害がなかったことを祈るのみです。
        また情報わかりましたら是非更新よろしくお願い致します。

        • 水谷優子 より:

          こちらこそご丁寧にありがとうございます。
          わたしにも年頃の娘がいますので、女子生徒たちに被害がないことを祈っています。
          なにか新しい情報がありましたら、すぐに追記していきます。
          ありがとうございました。