京都府井手町行方不明事件

末海征河は冤罪の可能性「真犯人は別にいる」京都府井手町行方不明事件

京都府井手町行方不明事件

2016年10月に、京都府井手町の女性が行方不明になったとして、末海征河(すえうみせいが)容疑者が逮捕された事件。

女性が行方不明になる前日、「元彼と喧嘩した」とSNSに書き込みをしていたことがわかりました。

末海征河(すえうみせいが)容疑者は、この時点ですでに別れていたのではないでしょうか。末海征河(すえうみせいが)容疑者に冤罪の可能性がでてきました。

末海征河は冤罪の可能性「遺体未発見と自供の違和感」

2016年10月、京都府綴喜郡井手町の19歳の女性、木村京花(きむらきょうか)さんが行方不明になりました。

木村京花さんの妹さんやご家族は行方不明になったとして警察署に届けますが、その時点では事件性がないと判断され、捜査されませんでした。

それがなぜか、5年後の2022年2月15日に、末海征河(すえうみせいが)容疑者が遺体を遺棄したと自供して逮捕となりました。

何も言わなければそのままだったのに・・・です。

さらに、現在のところ、木村京花さんのスマホや着衣は出てきていますが遺体は発見されていません。末海征河容疑者が現場に行ってるにも関わらずに、です。

そこにはわかってない何かが隠れてるとしか思えません。

もしかしたら、末海征河容疑者は誰か別の人をかばって、自ら罪を認めてる可能性、つまり冤罪の可能性があるのではないでしょうか。

ニュースで出てくる末海征河容疑者の顔画像や、末海征河容疑者に対する近所の評判、知人たちや勤め先の人の証言には、とうてい末海征河が犯人だとは思えないものがあります。

5年も経った今、末海征河容疑者がやったと自供してることにも違和感があります。

ひとつずつ検証していきます。

末海征河容疑者と木村京花さんの人物像

まずは末海征河容疑者と木村京花さんの人物像を見ていきます。

木村京花さんは、

  • 京都府綴喜郡井手町出身
  • 井手小、泉ヶ丘中、木津高卒業
  • YIC京都ビューティ専門学校在学中

詳しくはこちら⇒木村京花さん生い立ち

木村京花さんは、とてもちっちゃくて可愛らしくて笑顔の素敵な女性です。

一方、犯人とされてる末海征河容疑者は

  • 京都府綴喜郡井手町出身
  • 井手小、泉ヶ丘中、木津高卒業
  • 帝塚山大学卒業か中退?
  • 高橋商事勤務

詳しくはこちら⇒末海征河容疑者生い立ち

末海征河容疑者のツイッターの中では、仲間たちとふざけあってるとても気の良い末海征河容疑者しかいません。

それどころか、虫もつぶせないようなやさしそうな顔をしています。

末海征河容疑者-ツイッター-顔画像-2

この二人は、高校3年生のときから付き合い始めています。

木村京花-ツイッター-1

2013年の11月に末海征河容疑者から木村京花さんへのツイッターです。「美緒」さんというのは、木村京花さんの双子の妹です。

このツイッターは高2のときのもので、すでに好意を持っていたようです。友人たちは「高3から交際していた」と証言されています。

そして、高3の卒業式前に、木村京花さんの誕生日を妹の美緒さん含めて3人でお祝いしています。

木村京花さん誕生日デート

好きですと書かれたケーキと、15万円もするヴィトンのサプライズプレゼント。

このときに二人はすでに付き合っていました。

そして、末海征河容疑者が帝塚山大学に、木村京花さんがYIC京都ビューティ専門学校に入ったときの画像と思われるのがこちら。2015年4月です。

末海征河-帝塚山大学2

これを機に二人の写真がなくなります。それぞれが大学、美容学校の写真を載せています。

この次に二人が関係するツイッター画像の日付が、木村京花さんが行方不明になる前日の2016年10月21日です。

お互い2年生の秋です。入学からこれまでの1年半の間には何が起きていたのか、何の手がかりもありません。

木村京花さん行方不明事件の経緯

木村京花さんが行方不明になったときの経緯を説明します。

2016年10月21日、事件の前日に木村京花さんが誰かに流したツイッター画像です。ニュースで発表されていました。

木村京花さん-最後のメッセージ

(引用:MBSニュース)

「何か元彼と喧嘩して上狛のファミマらへんで降ろされて携帯ももとかれのくるまやって歩いて帰ってました、わら」

そして、10月22日の未明、つまりこのツイッターを流したその日の深夜に木村京花さんは行方不明になりました。

そのツイッターから行方不明になるまでの出来事は、実はュースで報道されていました。

「捜査関係者によると、行方不明になった前日の21日、2人が口論し、女性が一時、音信不通になったという。末海容疑者や親族らが捜し、数時間後に自宅に戻った。

だが、22日未明、自宅近くで再び2人が口論する姿が家族に目撃され、これが女性の最後の消息となった。家族は同25日、府警に行方不明者届を出した」(引用:朝日新聞)

車を降ろされた後、家に一度戻ってるわけです。

木村京花さんの10月21日の行動をまとめると、

  • 元彼とドライブ中に喧嘩
  • ファミマで降ろされる
  • 携帯を元カレの車に置き忘れる
  • 音信不通になる
  • 木村京花さんの家族と末海征河容疑者が京花さんを探す
  • 家に一旦戻る
  • 深夜、末海征河容疑者と口論
  • 車にのってそのまま行方不明

ツイッターの中の「元彼」が末海征河容疑者だとしたら、「音信不通になって家族と一緒に探した」というのはおかしいですよね。

これを見たある情報誌の関係者は、

「多くの人は、『元彼』が末海征河容疑者だと錯覚してるけど、じつは末海征河容疑者とはもうとっくに別れていて、その次にできた彼のことじゃない?その彼とも別れていたので、元彼と書いたと思うよ。そして末海征河容疑者の車の中じゃなくて、新しい元彼の車に携帯をおいてきたんでしょ。だから、末海征河容疑者は木村京花さんがどこにいるのかわからなかったんだよね」

と推測しています。

この人が言うような感じだったら、納得いきますよね。

このあと、木村京花さんの家族が行方不明届を出すも、警察は無視をしていました。

このときの妹さんのツイッターに衝撃的なことが書かれていました。

妹さんのツイッター「木村京花さんは妊娠していた!」

木村京花さんの妹さんのツイッターからわかった衝撃的なこととは、

木村京花さん妹-ツイッター-1 木村京花さん妹-ツイッター-2

木村京花さんは妊娠していたんです。

これを見た先程の情報誌の関係者は、

「だれもが末海征河容疑者の子供だと思っていたわけだけど、実は、末海征河容疑者のあとに付き合った新しい『元彼』の子供じゃない?となると、子供のことを巡って新しい『元彼』と喧嘩して車を降ろされたっていうのは、よく分かる。

そして、その事実を知った末海征河容疑者と夜中に喧嘩して、車でその新しい『元彼』のところに行った可能性があるよね」

とつぶやいていました。

つまり、

  • 行方不明時には、末海征河容疑者とは別れていた
  • お腹の子供の父親は別の男性
  • その件を10月21日に初めて末海征河が知った
  • まだ好きだった末海征河容疑者は激怒した
  • 木村京花さんをつれて新しい『元彼』のところへ行った

という流れです。

実際、そのころの末海征河容疑者は奈良の大学へ、木村京花さんは京都のど真ん中にある美容学校へ行ってました。

それまで田舎暮らしをしていた木村京花さんは、かなり美人でしたのでめちゃくちゃ誘われたのではないでしょうか。

おそらく全く別な大人の世界を覗いていたと思われます。

美容業界ですから、イケメンもたくさんいるし、しゃべりもうまい男性は掃くほどいます。木村京花さんはめっちゃ美人ですからハエのように男が寄ってきたのではないでしょうか。

そこで心変わりした木村京花さんに、末海征河容疑者がふられてしまうといういことは、ありえないことではないです。

ところが、田舎と違って都会には悪い男がたくさんいます。いろんな悪い男に散々ダマされて、結局、末海征河容疑者の知り合いと付き合うことになって・・・木村京花さんは妊娠。

ただ、責任は取らないとか、俺の子供じゃないとかいわれて、別れようと言われて喧嘩をしたのが、10月21日。

いきなりそんなことをきいた末海征河容疑者はどう思うでしょうか。

小中学校から一緒で、木津高の3年から付き合い始めて15万円もするヴィトンの財布をサプライズプレゼントするためにバイトしていた末海征河容疑者です。

振られたけど木村京花さんが幸せになればいいと思っていた優しい末海征河容疑者、まだ木村京花さんを大好きだった純真な末海征河容疑者です。

いてもたってもいられなくなり、木村京花さんのために、その知り合いのところに話をつけに行こうと思うのは当然の成り行きです。別れていても幼馴染で元恋人ですから。

その知り合いのところに二人で行きますが、末海征河容疑者が目を話してるすきに、木村京花さんはその知り合いに命を奪われます。

気が動転した末海征河容疑者は、その知り合いを警察に突き出すわけにもいかず、とりあえず遺体をどうにかしないといけないと思い一緒に若草山へ。

その知り合いには、「全部おれが責任を取るから」と言う感じで末海征河容疑者は言ったんでしょう。

そのときの末海征河容疑者の心の中は木村京花さんへの愛が溢れていたのではないでしょうか。

その後の末海征河容疑者の不可思議な行動

木村京花さんが行方不明になった数日後、末海征河容疑者の行動がニュースで報道されています。

「“彼女と連絡が取れなくなったので探している”というので、当時うちで働いていたバイトの子が一緒に(女性を)捜していたと聞いていたんですけど」(末海容疑者の勤務先の関係者)

「(容疑者の)友達が一緒に捜しに行ったみたいなんです。(一緒に捜しに行った人は)だまされてたと…本当にびっくりしていた。怖すぎるって言っていた。」(2人の中学時代の先輩)

「若草山まで探しに行ったけど、わずか10分ほどで帰ってきた」(後輩)

この不自然なまでの末海征河容疑者の行動は、真犯人がいたと考えれば納得できます。

さらにおかしなところは、末海征河容疑者のフェイスブックです。

2016年12月24日に変えたプロフィール写真です。末海征河容疑者-フェイスブック-1

おそらく、下向きの笑顔の可愛らしい女性は木村京花さんではないでしょうか。ただ、このとき木村京花さんが行方不明になって2ヶ月後です。

一応モザイクを掛けさせていただきます。

それと同日に、フェイスブックのカバー写真を変えています。

末海征河容疑者-フェイスブック-2

この手の組み方、なにか意味があるのかもしれません。音楽関連か、宗教関連か。

そして、2017年4月には、若草山の頂上で撮った写真をプロフィール画像にしています。

末海征河容疑者-フェイスブック-3

景色がいいわけでもなく、顔もはっきりしません。なんとなく証拠写真のような感じです。

なぜ、遺体を遺棄した場所に何回も来れるのでしょうか?

好きだった人に会いに行った・・のかもしれません。

そして、その知り合いをかばうために、大好きだった木村京花さんのために嘘をついて

「わたしがやりました」

と警察に話したのではないでしょうか。

末海征河容疑者は冤罪「真犯人は別にいる」

今回の木村京花さんの行方不明事件には、いろいろと不審な部分があります。

それらを総合して判断してみると、ある犯罪心理学の先生は

「この末海征河容疑者という人が犯罪を犯してる可能性は低い。真犯人は別にいるのではないか?その一番の理由は、年月だ。二人が一緒に暮らした時間と、末海征河容疑者が黙っていた時間。どちらも長すぎる。それと遺体が出てこないのも不自然。どこかに逃げて行きてる可能性も捨てきれない」

と話されています。

ヤフコメにも、

ヤフコメ-1

「めちゃくちゃ良い人かって話だと聞いてから写真を見たのだけど、いかにもやりそうな顔じゃん」

ヤフコメ-2

「本当にこの彼が犯人なのだろうか?時間が立ちすぎてるしそんな前のことを供述できるほど覚えているだろうか?心理学の観点から言うと犯人は別にいる。彼は真犯人をかばっているのではないか。この事件の裏にはなにか深い闇がありそうだ」

ヤフコメ-3

「喧嘩続きでつらかった?うそだとおもう。ありえないです」

ヤフコメ-5

「教え子です。おとなしいけど、まわりの友達は悪い子らばっかでした。もともと、井手という所がそういう子達が多い場所でした。その中ではまったく目立たない子でした。よく、テレビで聞く、あの子が!信じられない。ってやつです」

報道番組のニュースでも

「あの子はとても優しい子だった。会ったときには必ず向こうから笑顔で挨拶してくれるし。とてもあんなことを出来る子じゃない」(60代女性)

という末海征河容疑者を養護する声がたくさん上がっていました。

そもそも、すぐに行方不明者を捜索しなかった京都府警が悪いという声が大半です。

61人とか半端な数ではなく、木村京花さんと末海征河容疑者のために、京都府警の威信をかけて全力で捜査してもらいたいものです。

<追記>骨DNAで木村京花さんと判明

2022年3月8日、若草山で発見された骨のDNAが、木村京花さんのものだと特定されました。

末海征河の顔画像「しょうゆ顔のイケメン」

木村京花さんの生い立ち「失踪時に妊娠」

末海征河の生い立ち「木津高から帝塚山大へ」

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント

  1. より:

    どうしてそこまで悪意のある書き方ができるのか疑問です。プレゼントの件も妹さんへの物ですよね、見えにくくする様に小さくされてますが、キーケースですよね。元彼の件も、のちに解決してるという文章は記載されてないようですね。

    • 水谷優子 より:

      コメントありがとうございます。

      >プレゼントの件も妹さんへの物ですよね

      このヴィトンは妹さんへのものだったんですね。申し訳ありません。誤解していました。

      >元彼の件も、のちに解決してるという文章は記載されてないようですね

      この文章の意味はどういうことでしょうか?また、この「元彼」は誰なのかご存知ですか?
      よろしかったらご教示ください。