事件

高原一貴の元交際相手顔画像「接客業の土屋聡美」土屋翔雅ちゃん虐待事件

高原一貴容疑者-顔画像事件

2020年の群馬県高崎市で、自宅で預かっていた土屋翔雅(つちやしゅうが)ちゃん(3)を虐待して命を奪った疑いで、高原一貴(たかはらかずき)容疑者(29)らが再逮捕された事件。

虐待された土屋翔雅ちゃんは高原一貴容疑者の元交際相手の子供でした。高原一貴容疑者の元交際相手を検証します。

高原一貴容疑者の元交際相手顔画像「接客業の土屋聡美」

高原千夏容疑者-ニュース

読売新聞の発表によると、

群馬県高崎市で2020年、自宅で預かっていた男児に暴行し、けがを負わせたなどとして、県警は5日、同県伊勢崎市、高原一貴(29)を傷害容疑で、妻・高原千夏(25)を暴行容疑でそれぞれ逮捕した。
男は同年3月20日頃、高崎市内にあった当時の自宅で、元交際相手の息子の土屋翔雅(しゅうが)ちゃん(当時3歳)を数回殴り、けがを負わせた疑い。妻は同年4月11日頃、翔雅ちゃんを足で数回踏みつけた疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。
翔雅ちゃんは同年4月22日、2人の自宅から救急搬送され、外傷性ショックで翌日未明に死亡した。県警は2人を傷害致死容疑などで逮捕したが、前橋地検は21年3月、2人を不起訴とした。県警はその後も捜査を続けていた。(引用:読売新聞)

となっています。

ここででてくる人物は、

  • 高原一貴
  • 高原千夏
  • 高原一貴の元交際相手
  • 高原一貴の元交際相手の子供(土屋翔雅ちゃん)

この4人になります。

初めてこのニュースを見た人は、「亡くなった子供は高原一貴のこどもだったんじゃない?」と思われたはずです。

そこで亡くなった土屋翔雅ちゃんの名前で調べてみると、次のようなニュースがあることがわかりました。

画像は2020年4月前後のものです。

高原一貴容疑者-顔画像

22日午後3時ごろ、群馬県高崎市矢中町のアパートで「男の子がけいれんしている」と119番があった。
同市筑縄町の土屋翔雅ちゃん(4)が市内の医療機関に運ばれたが、23日早朝に亡くなりました。全身に多数のあざがあり、医療機関が県警高崎署に通報。県警捜査1課と同署などは23日、2月と4月にそれぞれ翔雅ちゃんを殴ったとして、母親と元交際相手の男を暴行容疑で逮捕した。翔雅ちゃんを司法解剖し、亡くなった経緯を詳しく調べる。
逮捕されたのは母親の接客業土屋聡美容疑者(25)=同市筑縄町=と、元交際相手の自称販売業武藤一貴容疑者(27)=同市矢中町=。
逮捕容疑は、聡美容疑者が2月下旬ごろ、自宅で翔雅ちゃんの頭部を殴打した疑い。武藤容疑者が4月初旬ごろ、自宅で翔雅ちゃんの腹部を殴打した疑い。
いずれも容疑を認め、聡美容疑者は「育児ストレスがあった」と供述しているという。
同課によると、聡美容疑者は仕事中に翔雅ちゃんを武藤容疑者に預けていた。22日も、翔雅ちゃんが搬送されたのは武藤容疑者宅からで、聡美容疑者は不在だったという。
翔雅ちゃんが搬送された医療機関は、22日午後6時25分ごろに高崎署に通報。県警が両容疑者に事情を聴いたところ、以前に暴行したことを認めたという。翔雅ちゃんは搬送時に意識がなく、全身にあざが多数あり、硬膜下血腫と診断された。(引用:NHK NEWS WEB)

高原一貴容疑者-顔画像-1

高原一貴容疑者-顔画像-2

さらに、朝日新聞では、

県警は26日、無職武藤千夏容疑者(23)=同市矢中町=を男児への暴行容疑で新たに逮捕し発表した。県警は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていない。千夏容疑者は、男児に対する別の暴行容疑で逮捕された武藤一貴容疑者(27)の妻
千夏容疑者は4月中旬ごろ、自宅で土屋翔雅(しゅうが)君(4)=同市筑縄町=を平手で殴った疑いがある。翔雅君は当時、母親の土屋聡美容疑者(25)=暴行容疑で逮捕=が元交際相手の一貴容疑者に預けていた。
翔雅君は22日午後3時ごろ、意識不明の状態で武藤容疑者宅から搬送され、約13時間後に外傷性ショックで亡くなった。
一貴容疑者は「間違いありません」と大筋で容疑を認め、千夏容疑者は黙秘しているという。(引用:朝日新聞)

高原千夏容疑者-顔画像-1

ただ、時事ドットコムニュースでは、

 元交際相手の女性から預かった群馬県高崎市の4歳男児に暴行を加えて命を奪ったとして、傷害致○容疑で逮捕された男性(27)とその妻(23)について、前橋地検は3日、処分保留で釈放した。理由は明らかにしていない。今後も任意で捜査を継続する。(引用:時事ドットコムニュース)

という一連のニュースが出てきました。

まとめると、この事件は2020年4月に起きたのですが、

  • 4/23 土屋聡美と武藤一貴を逮捕
  • 4/26 武藤千夏を逮捕
  • 6/3 処分保留で釈放

という流れでした。

このニュースに出てくる武藤一貴と武藤千夏の夫婦が、改名して高原一貴容疑者と高原千夏容疑者になり、再逮捕されたのが今回のニュースなんです。

なので、高原一貴容疑者の元交際相手とは、土屋聡美元容疑者です。

土屋聡美元容疑者-顔画像-1

高原一貴容疑者の元交際相手の土屋聡美元容疑者の拡大した顔画像です。

土屋聡美元容疑者-顔画像-2

おそらく、武藤一貴、武藤千夏という名前は犯罪者として知れ渡ってしまったので、仕事などに支障が出てきてのことだと思います。

武藤千夏のもとの戸籍の名前だと推測されます。

では、なぜ土屋聡美元容疑者は自分の子供・土屋翔雅(しゅうが)ちゃんを、元交際相手で妻がいる高原一貴(武藤一貴)容疑者に預けたのでしょうか。

土屋聡美元容疑が土屋翔雅君を預けた理由「デリ〇〇」

土屋聡美元容疑者-顔画像-1

NHK NEWS WEBによると、

平成27年12月、市の保健センターからこども家庭課に対し、「妊娠届を提出した心配な妊婦がいる」と連絡がありました。
保健センターの担当者が土屋容疑者と面談した際に、妊娠発覚後、当時の交際相手と連絡が取れず、家族にも妊娠を隠しているなどと説明したということです。
このあと土屋容疑者の実家で祖父母の育児支援を受けられることになったため、保健センターは見守りを続けることになったということです。
保健センターは定期的に家庭訪問などを続け、3か月健診、1歳児健診、1歳6か月健診では特に問題はなかったということです。
去年5月の3歳児健診で翔雅くんが眼科の受診を勧められて経過観察となり、保健センターは去年8月に家庭訪問を行って、保育所への入園を勧めましたが、祖父母による育児支援が引き続き確認できたことからそれ以降は連絡をとっていなかったということです。(引用:NHK NEWS WEB)

と、土屋聡美元容疑者のことを説明しています。

簡単にまとめると、

  • 2015年12月 土屋聡美元容疑者の妊娠発覚
  • 妊娠させた交際相手が行方不明
  • 土屋聡美元容疑者は祖父母の家で出産・育児
  • 2019年8月 祖父母の育児支援を確認
  • 2020年4月 事件

ということになっています。

ただ、爆サイに土屋聡美元容疑者のことが載っていました。

土屋聡美元容疑者-仕事

元デリ〇〇嬢
捕まるまでデリ〇〇嬢

信憑性は全くありませんが、ニュースでも接客業とされていますので、キャバクラなどそっち系の仕事だったと思われます。

祖父母による育児支援はあるとしても、夜の仕事をしながら翔雅ちゃんの面倒を見るのは大変だったと思います。

逮捕されたときにも土屋聡美元容疑者は容疑を認め、「育児ストレスがあった」と供述しています。

ただ、2019年8月までは祖父母に預けられたのが、病気などの理由で無理になって、仕方なく元交際相手の高原一貴容疑者に預けだしたと思われます。

もしかしたら、2015年に音信不通になった元交際相手が高原一貴容疑者で、偶然にも2019年の後半に現れたのかもしれません。

前述の情報番組のコメンテーターは、

「そして、土屋聡美元容疑者による虐待の跡を見つけた高原一貴容疑者は、ふつうなら土屋聡美元容疑者を怒るのですが、逆に、妻の高原千夏容疑者とともに、虐待をエスカレートしていったのではないでしょうか。

そこは逮捕されて釈放された後に、逃げるようにして住所を変え、身を潜めるように名前を変えためちゃくちゃ卑怯な高原一貴容疑者と高原千夏容疑者です。人間の心を持ってる2人だとは思えません。

そんな2人に虐待を受けた土屋翔雅(しゅうが)ちゃんが可愛そうでなりません」

と語っていました。

高原一貴容疑者へのネットからの反応

精神異常者そのもの
元交際相手もなぜ、実父ではない男に一時的にしろ預けたの?
仕事や入院等いろいろ事情はあるだろうが、公的な一時保育とか、施設とかを利用すれば良いのに…。
虐待をしてしまう人というのは普通に世間に馴染んでいるようで、必ずどこかに、「あれ? この人ちょっと普通と違う感覚持ってない?」って感じさせてしまう何かがあるのだと思うのです。だから、その違和感を本人が子を持つまでに発見する必要があると思います。
可哀そうで仕方ないです。まだ生きたかったよね、3歳の命。子どもは望まれて生まれて来るのが当たり前なのに。一番愛情をかけてもらえるべき時期に、よりによって実の親からの暴力で亡くなるなんて。
虐待する人間を理解する事はできないけど、それは治らない病気なんだろうか。自身が幼少期に虐待を受けると虐待する大人になると何かで読んだ記憶があるが、勿論それだけではないだろう。
この子にとっては実父ということか。預かることがあったということは複数回預けられているわけで、それまでに子どもが預けられることを嫌がることはなかったのかな、実母は気づけなかったのかな。
実父と新しい妻に子どもが預けられるって、誰にとっても穏やかな空間ではない。もちろん暴力を振るう前に預かることを断るべきだったが。
知人がその夫婦しかなかったという悲しい現実
そもそも子どもの父親はどこにいるのかな?離婚の時に養育費は強制にしないとだめだね
母親が仕事するにあたって、親権が母親にあっても預けなくてはいけない状況となると、父親がDVだとどうしようもないけど、父親にも預かるとかの義務を課してもいいんじゃないかな?

なんとなく、高原一貴容疑者にたいする厳しい意見が少ないです。

どちらかというと、高原一貴容疑者に預けた母親のせいだとする意見のほうがおおく、別なところに預けろとか、たとえ父親だったとしても妻がいる元交際相手に預けるべきじゃないという声が多かったです。

最近、似たような事件が多くなりすぎてしまい麻痺してしまったかもしれません。

どう考えても土屋翔雅ちゃんが亡くなった原因の虐待をした高原一貴容疑者と高原千夏容疑者が悪いに決まってます。

可愛い盛りの3歳の子供・土屋翔雅ちゃんを虐待するなんて、精神のどこかが欠けてるとしか思えません。

中岡恵佑の職業は社長

末海征河は冤罪「真犯人は別にいる」

千葉南部の看護学校は木更津看護学院

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント