事件

寺沢忠社長刺傷事件の場所「府道173号線の衣摺3丁目」凶器を持って逃走

寺沢正社長刺傷事件-場所事件

11月20日(土)午前10時前に、東大阪市衣摺3丁目でゴミ収集会社の寺沢忠社長が胸を刺された事件。犯人はそのまま逃走中で、逮捕されていません。

寺沢忠社長が胸を刺された場所は「府道173号線の衣摺3丁目」で、逃走経路を検証します。

寺沢忠社長刺傷事件の場所「府道173号線の衣摺3丁目」

寺沢正社長刺傷事件-場所

20日午前、大阪府東大阪市で、ゴミ収集会社社長の男性が何者かに胸を刺されました。犯人は現在も逃走していて、警察は未遂事件として行方を捜査しています。
午前10時前、東大阪市衣摺で、「胸を刺されたと言って助けを求めてきた」と、不動産会社の男性から110番通報がありました。
警察と消防が駆けつけたところ、近くに住むごみ収集会社社長の寺沢忠さん(56)が胸から血を流していましたが、意識はあったということです。警察によりますと、現場近くで凶器は見つかっておらず、犯人は凶器を持ったまま立ち去ったとみられるということです。
また、寺沢さんは、助けを求める際に「知人男性に刺された」と話していたということで、警察は未遂事件として犯人の行方を追っています。(20日17:24)(引用:TBS NEWS)

ニュースでは、寺沢忠社長が刺された場所付近を警察が現場検証している画像が流れていました。いた。

ヘリで上空から事件現場の場所を冊言えしている画像です。真ん中の三角形のビルの前が事件が起きた場所です。

寺沢忠-事件-場所-1

拡大した事件が起きた駐車場の場所画像です。緑色のホロのトラックが止まってる駐車場で事件はおきました。

寺沢忠-事件-場所-2

おそらくこの駐車場は、寺沢忠社長のゴミ収集会社の駐車場だと思われます。刺された場所に鑑識の方が調べています。

寺沢忠-事件-場所-3

別な場所でもなにかの痕跡があったようです。

寺沢忠-事件-場所-4

刺された場所の駐車場を道路側からみた画像です。ゴミ収集車も止まってるのが見えます。

寺沢忠-事件-場所-5

止まってる車の指紋を取ってるように見えます。

寺沢忠-事件-場所-7

駐車場の奥にあるフェンスも調べていますので、ここが侵入経路だと思われます。

寺沢忠-事件-場所-8

寺沢忠社長を刺した犯人が逃げていった道路の画像です。

寺沢忠-事件-場所-9

事件の場所には警察犬も出動しています。

寺沢忠-事件-場所-10

ニュースでは事件がおきた場所の地図も映し出されていました。

事件-地図-1

この場所と、駐車場の画像から、下記の地図の場所で事件が起きたと推定されます。

寺沢忠-事件-地図1

拡大してみます。

寺沢忠-事件-地図2

グーグルのストリートビューで見ると、

寺沢忠-事件-場所-外観

地図を見てもらうとよく分かりますが、かなり建物が密接に建てられてる市街地です。

犯行時間は午前10時ころなので、車や歩いてる人も多かったはずです。

その中を狂気を持った犯人が走って逃げていったということなので、目撃者は多いはずです。

寺沢忠社長を刺した犯人の逃走経路「金岡公園から長瀬駅?」

寺沢忠社長を刺した犯人は、凶器を持ったまま逃走しています。

ヤフコメでも、

ヤフコメ

犯人像が何故発表されないのでしょうか、
被害者は話せてるし、犯人逃亡中なら是非詳しく発表してくれないと安心して眠れない

近所の人はかなり不安に思っています。

犯罪関連が専門のジャーナリストによると、

「血まみれの凶器をもって逃走してるはずなので、すぐに車に乗るか、徒歩なら身を隠しながら血を洗い流したいと思うんじゃないかな。キレイにしたら、まずは電車に乗って現場から離れようとするはずです」

と解説されていました。

そこで、刺された場所の地図をもう一度見てみると、

寺沢忠-事件-地図1

寺沢忠社長が刺された場所の東側には、金岡公園があります。西側にも衣摺南公園があります。そこで手を洗ってから、凶器を処分して移動したと推定されます。

そもそも、犯人の家が直ぐ側にあるとしたら、家に帰ったはずです。

電車で逃げるには、北側にある近鉄大阪線の長瀬駅、もしくはJRの衣摺加美北駅が近いです。

「公共機関を使って逃走を測れば、白金高輪駅の事件のようにすぐに身元が判明するはずです。足取りもすぐにわかるはずなので、犯人が疲れて眠ってるときや朝起きたときに踏み込むのではないでしょうか」(前述のジャーナリスト)

ニュースでは規制線を貼ってるところと、警察犬が出ている場面が映し出されていました。

その場所をグーグルのストリートビューで探してみると、ありました。

規制線を貼ってる場所は、すぐ隣の路地でした。

寺沢忠-事件-逃走経路-1

そして、警察犬が探してる場面は、この路地を奥に入ったところでした。

寺沢忠-事件-逃走経路-2

このことから、寺沢忠社長を襲った犯人は、この路地を走っていったと推定されます。

地図で逃走経路を見てみました。

寺沢忠-事件-逃走経路-3

寺沢忠社長を襲った犯人がこのまま逃げたとすると、その先には民家が立ち並んでる区域になります。

このことから、前述の犯罪関連専門のジャーナリストは、

「病院、幼稚園、小学校などもあって、かなり入り組んだ町です。土地勘がある人物が犯人ではないでしょうか。さらに逃げた先には衣摺南公園、JR衣摺加美北駅があります。家に戻って夜まで潜んでいるか、電車に乗って逃げたと思われます」

寺沢忠社長を刺した犯人は「知人男性」

寺沢社長は警察官に対して、

「知人男性に刺された」

と証言しています。

また、ニュースを見た人からは、

「大阪府警捜査4課のオリジナルブルゾン着た刑事が来てるという事は,暴力団系の反社絡みの事件?」

「西成区に潜伏か?」

「知人男性って言ってるから、社長が回復したらすぐに犯人がわかるんじゃない?」

「おそらく、仕事がらみのことじゃない?元社員とか、元取引先とか」

というコメントが出ています。

寺沢忠社長は現在病院で治療されてると思いますが、事情を聞けるようになれば、コメントで言われてるようにすぐに犯人は特定されると思われます。

近隣の住民からは「早く逮捕してもらいたい」「警察には犯人像を早く発表してもらいたい」という声が出ています。

追記していきます。

渡辺健の顔画像「眼鏡が似合うイケメン看護師」

コメント