事件

植田龍雅のツイッター顔画像「イケメンの4番レフト高校球児」佐賀市飲酒運転

事件

8/5の未明の佐賀市の国道で、飲酒運転による人身事故がおきました。

逮捕されたのは、小城市三日月町長神田の会社員植田龍雅(うえだりゅうが)容疑者(20)。植田龍雅容疑者のツイッター顔画像を検証すると、かなりのイケメンで高校時代に「レフト・4番」で野球をやっていたことがわかりました。

植田龍雅容疑者のツイッター顔画像

サガテレビなどのニュースでは、植田龍雅容疑者の顔画像はまだ報道されていませんでした。

そこで、ツイッターなどのSNSで植田龍雅容疑者の顔画像を確認してみました。

まず、ツイッターで「植田龍雅」と検索してみると、

植田龍雅容疑者-ツイッター-0

本名ではツイッターを使っていないことがわかりました。

そこで投稿欄を見てみると、2018年10月20日のツイートに、

植田龍雅容疑者-ツイッター-1

佐賀学園高校のスタメンで、「5番レフト」に「植田龍雅」の名前がありました。

次に、2019年7月のツイートには、

植田龍雅容疑者-ツイッター-2

佐賀のケーブルテレビ「ぶんぶんテレビ」の番組内で放送されたインタビュー動画の紹介がありました。

このときは、3年生で「4番レフト」の「植田龍雅」でした。

今回人身事故を起こした植田龍雅容疑者は現在20歳です。2019年の10月に高校3年生というのは年齢的に合致しています。

さらに、2018年のツイートで紹介されている「植田龍雅」選手の出身中学は「三日月中」です。

三日月中の住所は、「佐賀県小城市三日月町長神田」で、事故を起こした植田龍雅容疑者が住んでいた場所とも合っています。

なので、植田龍雅容疑者は高校時代に野球をやっていて、「4番レフト」というチームの主力だった可能性がとても高いといえます。

ぶんぶんテレビの動画の中には、インタビュー顔画像も載っていました。

植田龍雅容疑者-顔画像-1

植田龍雅容疑者-顔画像-2

とてもイケメンで、ジャニーズ系の甘い顔をしています。

ニュースなどで植田龍雅容疑者の顔画像が判明したら、モザイクをはずさせていただきます。

植田龍雅容疑者のツイッター以外のSNS顔画像

ツイッター以外のSNSで、植田龍雅容疑者の顔画像を検証してみました。

まずはフェイスブックで「植田龍雅」と検索してみると、

植田龍雅容疑者-フェイスブック

「ryuuga ueda」で検索してみても、「植田龍雅」と同姓同名のフェイスブックアカウントはありませんでした。

次にインスタで「植田龍雅」を検索してみると、

植田龍雅容疑者-インスタ

こちらも漢字の「植田龍雅」はありませんでしたし、それらしいのはありませんでした。ただ一つだけ野球に関するアイコンを使っているものがありましたが、非公開でデータも殆どありませんでした。

引き続き、SNSで植田龍雅容疑者の顔画像を調査していきます。

植田龍雅容疑者の事件概要

植田龍雅容疑者-ニュース

(引用:サガテレビ)

5日未明、佐賀市の国道で乗用車が歩行者をはねる事故があり、歩行者の男性が亡くなりました。警察は乗用車を運転していた20歳の男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。
5日午前3時20分ごろ、佐賀市松原一丁目の国道264号線で、長崎方面に進んでいた乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者をはねました。
この事故で、横断歩道を歩いて渡っていた佐賀市堀川町の荒尾彰さん49歳が病院に運ばれましたが、約1時間後に亡くなりました。
また、乗用車を運転していた自称小城市三日月町長神田の会社員植田龍雅容疑者20歳が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。
植田容疑者からは、基準値の2倍以上のアルコールが検出されていて、「飲酒運転して人をはねたことは間違いありません」と容疑を認めています。
警察は過失運転致○傷の疑いも視野に調べを進めています。(引用:サガテレビ)

植田龍雅容疑者の事件概要をまとめると

  • 8/5の午前3時20分
  • 佐賀市松原一丁目の国道264号線
  • 佐賀県警本部前の交差点
  • 車側の信号は黄色の点滅
  • 横断歩道を渡っていたひとをはねる
  • 基準値の2倍以上のアルコールが検出

車側の信号は黄色の点滅だったことがわかっています。

保険会社のサイトによると、黄色の点滅は、

「黄色点滅信号のある場所では、自動車は他の交通に注意して進むことができます。 法令上は赤色点滅と違って、黄色点滅では一時停止が義務付けられてはいません。 しかしあくまでも他の自動車や人の存在に注意しながら通行する必要があります。 危険とあれば一時停止や減速、徐行を必ずこころがけましょう」(引用:チューリッヒ保険HP)

と書かれていました。

十分に注意して進む必要があったのですが、飲酒運転をしていたので渡ってる人を見過ごしてしまったと推定されます。

こちらが植田龍雅容疑者の事故った車です。

植田龍雅容疑者-事故車

明らかに左側に当たったことがわかります。

そしてこちらが事故現場の画像です。

植田龍雅容疑者-事故現場-画像

植田龍雅容疑者は手前から奥に向かって進んでいて、信号機のある横断歩道で人をはねてしまいました。

手前の車線を見ればわかるように、右側の車線は右折車線です。植田龍雅容疑者は左側の車線を通ってまっすぐに突っ込んでいったことがわかります。

となると、植田龍雅容疑者のアルファードの左側が壊れてるということは、横断歩道を2,3歩わたり始めたところをひいてしまったと推定されます。

現場の地図を見てもらうと、

植田龍雅容疑者-事故現場-地図-1

植田龍雅容疑者は右(東)側から運転してきています。わかりやすくするために、植田龍雅容疑者の車は赤くしています。そして被害者は地図の下(南)側から歩いてきたはずです。

植田龍雅容疑者にとってかなり見通しのよい道路を通ってきています。事故を起こした時間が午前3時20分ということもふくめ、かなり酔っていたと思われます。

8/5の未明ということは平日の夜に飲んで車で帰ってしまったということです。まだ20歳なのに、なぜそんな事をしてしまったのか、理解に苦しみます。

入社して2年くらいでしょうか。まわりにちゃんと注意してくれる大人がいなかったのか、悔やまれます。

被害者には一瞬のことだったと思われます。ご冥福をお祈りします。

植田龍雅容疑者の経歴とツイッター顔画像

植田龍雅容疑者の経歴は

  • 氏名 植田龍雅(うえだりょうが)
  • 年齢 20歳
  • 住所 佐賀県小城市三日月町長神田
  • 職業 会社員
  • 家族 不明
  • 出身校 佐賀学園高校、三日月中、野球部

住所が小城市三日月町長神田となってることで、両親と一緒の実家ぐらしで、アルファードも父親の車だった可能性もあります。

植田龍雅容疑者の親御さんは、現在どう思っているのでしょうか。

管理人にも同じくらいの子供がいます。もしも自分の子供がこんな事を起こしてしまったら、どう思うのか、仮定がどうなってしまうのかめちゃくちゃ怖いです。

自分が事故を起こしてしまったとしたらまだしも、子供が起こした事故です。その責任をどうやってとっていくのか、これからどうやって生きて行くのか、自分の人生も終わってしまうような気がします。

弁護士サイトによると、色々なケースがありますが、一般的には、

「危険運転致○傷罪とは、アルコールによって正常な運転ができないにも関わらず自動車を運転するなど、危険な自動車運転によって他人を傷つけたり命を奪ったことに対する犯罪です。 刑事罰は、相手を負傷させた場合で15年以下の懲役、命を奪った場合だと1年以上の有期懲役(最長20年)となっています」

と書かれています。

植田龍雅容疑者も、刑務所をでてくるのは40歳位でその頃には親もいない可能性もあります。

刑罰だけでなく保証や周りからの目があります。たった1回の飲酒運転で、本人だけでなく家族全員の人生を狂わせてしまいました。

地域性もありますが、これを機会に飲酒運転をなくすようにしていってもらいたいものです。

新しいことが分かり次第追記していきます。

高井直子さん事件の詳細

小野優陽ちゃんの父親のツイッター

山上徹也容疑者のフェイスブック顔画像

編集長

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント