おすすめ

クリスマスに男性から告白されたいなら「逃げ恥」のテクニック12選!

クリスマスに、男性から告白されたいなら、この12個のテクニックを使ってください。待っていてもなかなか告白してくれなかったり、そもそも告白する気もなかったら、相手をその気にさせる必要があります。せっかくのクリスマス、有意義に使いましょう。

お互いのきもち

自分の気持ちは分かってるのですが、相手の気持ちがよくわからない・・・ってことですよね。何となく付き合ってるような気がするとか、誘えばくるけど、まだ何も進展がないし、二人の関係がどうなってるのか、ちょっと不思議なのではないでしょうか。

と言うのは、ある雑誌で、

  • 告白したい   16%
  • 告白されたい  54%

という調査結果がありました。これは、男女両方に聞いたわけではなくて、女性に聞いたわけでもありません。10代、20代、30代の男性に聞いたアンケート結果です。ほんの20~30年前は、男性が告白するもので、男性も自ら告白するのが当たり前で、女性から告白されるなんてとんでもないと思っていた時代でした。それが、今では告白したいという男性は、10人中2人もいないんです。

一方で、女性から告白する人も、当然、おおくはないです。結局、なんとなく付き合っていたり、しかたなく女性から言ってみるということもあるようです。

ただ、男性の心の中では、つきあいたいとは思っています。じゃ、なんで告白しないの?ってことですが、あなたにことわられるのが怖いからです。なるべく平穏無事にすごしていたい、波風たてたくない、という男性がおおいんです。人気のTVドラマ「逃げ恥」の平匡さんみたいな性格、かんがえ方なんです。あのドラマ見ていればわかると思いますが、結局のところ、平匡さんは告白しました。みくりは意識的ではないにせよ、告白させるように仕向けたと思うんです。そのテクニックを使って、せっかくのクリスマスに告白させてみましょう。

待っていても告白はしてくれません。告白させるように、みくりのように仕向けて行きましょう。

準備が大事

とは言っても、何も話したことがない、挨拶もしたことがなければ、クリスマスに告白するのはちょっとむずかしいかもしれません。とりあえずは、世間話、立ち話ができるくらいに仲良しになっていてください。

そして、クリスマスにデートに誘っておくことが必要です。クリスマスの日に、メールやLINEで告白しても結果は五分五分です。直接会って、気分を盛り上げてから告白させないと、上手くは行かないような気がします。また、初デートが、クリスマスって言うのもどうかとおもいますので、その前にカンタに夜の食事でもいっしょにしてみてはどうでしょうか。まあ、そこまでできれば、成功したも同然です。

準備は、仲良くなっておくことと、クリスマスの日に誘っておくことです。

告白させるテクニック

告白させるテクニックとしては、12個ありますので、一つずつ見ていきましょう。

 フットインザフェイス

フットインザフェイスとは、初めに大きな依頼をして、断られた後に、小さな依頼をしてOKをもらうという営業のテクニックです。例えば、いきなり1000円貸してと言っても多くの人はことわりますが、100万円貸してと言ってことわられたあとに、じゃあ1000円貸してというとたいがいの人はだしてくれます。

それと同じで、初めに大きなお願いを言うんです。例えば、クリスマスに旅行に行こうとか、です。たぶんだめですから、「じゃあ、旅行に行ったつもりで飲みに行かない?」と誘えばOKをもらいやすいといんです。もっと変化をつけると、「100万円貸してくれない?」「だめ」「じゃあ、チョット相談あるから23日、空いてない?」と誘うと、なにか困ってるんだなという想いと、断った罪悪感でおそらくOKしてくれます。なにかを買ってもらうときや、おいしいものを食べにいくときにもつかうことができます。このテクニックを使って今年のクリスマスにさそってみてはどうでしょうか。

フットインザドア

フットインザドアも営業のテクニックです。小さいことをOKさせておいて、徐々に依頼を大きくしていくんです。営業的には、まず家に入る→話を聞いてもらう→売る商品を見せる、→値段をいう→かってもらう、といったような展開で話をしていきます。

では、クリスマスの日に飲みに行くことを誘うには、

クリスマス近いよね→クリスマスは天気らしいよ→クリスマスは休みだね→夜あいてる→飲みに行かない

といったようなかんじで徐々に誘うと、かれはOKしやすいです。いきなり、「飲みに行かない?」と誘うと、何もなくても拒否反応をおこしてしまうときがあるので注意が必要です。まずは誘わないことには、告白されませんので気をつけてみてください。

はっきりとした好意は告げない

クリスマスの前に、チョット起こったり、他のひとと仲良くしてみたりしてミステリアスな部分をみせとくと、うまく行く確率が高いです。猫のように、どっちつかずの態度でいると、彼は不安になってきます。その状態にすることが大事です。言ってみれば、嫉妬をいだかせるということです。「逃げ恥」の平匡さんも、風見に嫉妬していました。何もしていませんが、話しているだけで、風見の家に行くだけで嫉妬してしまいました。なので、おおげさではなくて、彼の目の前で他の男性と笑顔で話すだけで十分に嫉妬させることができると思います。

手に入りそうで入らない

手に入りそうで入らないという雰囲気を出すことも大切です。クリスマスの前に、デートをしておいたほうがイイと、上に書きましたが、そのときはあっさり目でにしておいたほうが良いです。デートというよりも、食事をしたくらいにして、てをつないだりするのはやめて早めに帰るほうがイイと思います。LINEやメールの返事も、クリスマス直前は、なるべく遅く返すか、全く返さないかにしておいてください。何か言われたら「ごめん、忙しくて」と言えば大丈夫です。たとえば、12月23日にデートするなら、20日くらいからはめったに返さないほうが良いです。同じ会社なら話もしないほうが良いです。その分、23日に会った瞬間に思いっきりの笑顔で迎えてあげてください。

「デートの前は、連絡をとらない」これを覚えておいてください。

追いかけさせる

基本的に、追いかけさせてください。ポイントは、匂いとリアクションです。匂いはとくに重要ポイントです。すれ違った瞬間にフワーッとただよう感じになれば、最高です。石原さとみさんのCMをイメージしてみてください。男性は、きつめのフレグランスよりも石鹸のカオリが好きです。直接、クビにつけるよりも、出会う30分くらい前に、手首やウェストに1~2回つけてみてください。

お勧めの石鹸のカオリの香水は、

  • フィアンセ ボディミスト ピュアシャンプーの香り
  • アクアシャボン ウォータリーシャンプーの香り 80ml(EDT・SP)
  • グロウバイジェイロー30mlオードトワレスプレー[ジェニファーロペス]
  • リトルウィングフォードリーマー EDT 50ml

まだまだ探せば、たくさんあります。

リアクションとは、LINE、メールなどでは、おおく返さないということです。できれば、彼の半分くらいがいいです。ただ、彼が落ち込んでいる時は、長い文章でOKです。多くの男性は、短い文章の方が好きですから、普段は、なるべく短くの方が良いと思います。

ルックス

意外に大事です。メイク、服装、ヘアメイク、全て、クリスマス仕様にしながら抑え気味にしてください。シンプルに可愛いほうが良いです。「逃げ恥」のみくりの様な衣装がベターです。

メイクは暖色系で、いつもよりすこし派手目。ヒールを履いたり、女を感じさせるように思い切って印象を変えることが大事です。「今日はちょっと違うな」「おれのために」「特別な日だ」と彼に思わせれるような服装にすることをお勧めします。

清楚、素直

印象も清楚っぽくしたほうがいいです。話すことも素直にしてみてください。「今日はどうしたの?素直じゃない?」と言われるくらいがいいです。恥ずかしがって、固くなってしまったり、すねたりせずに、笑顔で話を聞いてあげてください。

そこで、ひとつポイントがあります。彼の味方になってください。世界中の人が分からなくても、私だけは分かってあげてるよ、ということを教えてあげるんです。かれを批判してはいけません。

NGワードは、

  • それダメじゃん
  • そうじゃないでしょ
  • こうしたほうがいいよ

などで、あいづちのくちぐせは、

  • わかる、わかる
  • そうだよね。
  • すごい

などです。あくまでも彼の味方になることで、言いなりになることではありません。たとえまちがったことを言っていても「いいたいことはすごくわかるよ」くらいに、肯定しておいてください。また、「私たち」というかんじで、「たち」をつかうようにこころがけてください。ちょっとしたことですが、効き目はあります。

彼のホームでデート

男性は、意外に小心者です。始めていったところとか、知らない場所に行くと怖くなってしまい普段の自分でいられなくなります。平匡さんも、プロポーズする時は、何日もかけてレストランを予約して下調べをしてましたよね。あんなかんじですので、クリスマスのデートの場所は彼におまかせして、彼のホームグランドであうようにして下さい。

彼のテンションを1歩ずつアップ

男性でも女性でもおなじですが、いきなりハイテンションになれる人はあまりいません。芸能人くらいです。なので、徐々に彼のテンションをあげていってください。その極意は、リアクション芸人です。クリスマスのデートの日は、ちょっと大げさにリアクションを取ってみましょう。ぶりっ子でもすねるかおでも、怒った顔でも良いですが、いつもより大袈裟にしてみると、徐々に彼のテンションが上がってきます。期待感と言い換えてもイイかもしれません。

そして、ちょっとずつ、もしかしたら?と思わせるようなセリフをはさんでいきましょう。

  • なんかつきあってるみたい
  • デートしているみたい
  • 他のひとから見たらどう思うかな
  • 今日会ってるのは、秘密にしとこうね
  • なんか、今まででイチバン楽しいかも

とか、あなたがどう感じているのかをちょっとずつはさむと、効果的です。男性は、相手がどう思ってるのか、楽しいのか、楽しくないのかをけっこう気にします。相手が喜んでいるとわかると、気持ちよくなってきてテンションが上がりますので、「楽しい」「うれしい」「びっくり」とか、感情を表現する言葉をおおくつかってみてください。

目を合わせる

デートの前は、2~3日は、忙しくして目も合わせないほうが良いと書きましたが、デートのときは、まっすぐに目を見て話すほうが良いです。「2~3日は忙しくて会えなかったんだけど、デートをしてゆっくり見ることができる」という雰囲気を出して、勇気をだして、笑顔で見続けてください。何も言わなくても良いですので、見ることが大事です。

ただ、一点、アドバイスがあります。彼の真正面には座らないということです。真正面、時計で言えば、12時と6時の方角に座ってしまうと、話が続かなくなってしまったり、意見がぶつかってしまうことが多いです。さらに、きまづくなってしまうと、ますます空気が悪くなります。真横か、斜め前に座ることで、そういったことはふせげます。そのときは、かれのひだりがわにすわってください。彼の左耳にあなたの声が良く届くためです。車の運転と同じです。彼が運転席、あなたが助手席の位置に、居酒屋でも座ればうまく行きます。そして、目を見ることを忘れずにしてみてください。

肩と肩の距離感

肩と肩の距離感が大事です。これは、かすかに、肩と肩が触れ合うくらいの距離を保つということです。はなれず、ひっつきもせず、ときどきかるくふれあうくらいの距離にいてください。そして、ときどき軽めのボディタッチをおすすめします。肩、二の腕、わき腹を時々触ります。席を立つときは、とくにチャンスです。席を立つふりをして、かならずかれのかたにさわってください。ふたり、並んで歩くときもかすかに触れあうくらいが良いです。

告白環境をつくる

クリスマスの日にデートをして、いい感じで始まって、途中も盛り上がったら、いよいよ告白タイムです。告白させる環境をつくります。

告白させる環境は、場所、照明、話し方です。

告白することが多い場所は、

  1. 思い出の場所
  2. 夜景
  3. 公園
  4. レストラン
  5. 観覧車
  6. 花火大会
  7. 帰り道

の順番です。今回はクリスマスがテーマですから、イルミネーションの夜景を見ながら公園の脇で、というのがイイかもしれません。もしくは、海の近くの公園とか。横浜、神戸などのイルミネーションがあって、海の近くに公園がある場所が良いと思います。イルミネーションを見に行こうと言えば大丈夫です。基本的に、二人並んで立ち止まって話をするシチュエーションを作ってみてください。

照明は、薄暗い方がいいです。真っ暗と、明るい場所のちょうど中間くらいがいいです。できれば、マジックアワーと呼ばれる、よると夕方の境目くらいがベストです。なぜかというと、本心が出やすいからです。いろいろなことを考えずに、話しができる時間帯です。

そして、話し方です。基本は沈黙です。ドラマでよくありますが、それまで明るかったのに、イルミネーションを見ながら涙をこぼすシーン。大体、そのあとは告白シーンになったり、抱擁、キスシーンになることがおおいです。ただ、何も言わずに沈黙していると変に思われますので、ちょっとずつ感情をだしていけば大丈夫です。そのセリフは例えば、

  • きょう、楽しかった
  • 今までで、イチバン楽しかった
  • なんか悲しくなっちゃうね
  • 帰りたくなくなっちゃうね
  • 私たちどう見えるのかな
  • デートしてるように見えるのかな
  • 好きな人いる?
  • こんなの初めて
  • イルミネーションなんて〇〇くんだけとだよ
  • 告白ってしたことある?

などです。もしも、待っていても何も言ってこなければ、最終手段です。あなたから告白しましょう。

あなたから告白の言葉は?

最終手段で、あなたから告白する場合のセリフを考えてみました。状況は同じで、イルミネーションなどをみながら、

  • 私達ってどういう関係?
  • そろそろ気持ちを聞かせて
  • どう思ってるの?
  • つき合ってないのに、こんなに二人で夜遅くまで遊んじゃったね
  • 私、告白されたい派なんだ
  • こうしていると、なんだか付き合ってるみたい
  • 〇〇くんといっしょにいると素直になれるんだよね

などですね。いいセリフがうかんだら、随時のせていきます。

まとめます。

クリスマスに男性から告白されるためのテクニックや関係の作り方をまとめてきました。

男性は特に、いきなり恋人になろうとする人がおおいですが、いきなりはやっぱり無理です。よく言われるように、まずはともだちからです。まずは、なかよくなって冗談も言えるようなかんけいにならないと、つきあうのはなかなかむずかしいのではないでしょうか。漫画やドラマでしたら、何となく付き合うようになったりしますが、現実では無理だとおもいます。

「逃げ恥」では、たまたま、同じ家に住むことになったり、みくりが妄想力を発揮することで平匡さんを好きになってくれたおかげでうまく行くことができました。中々あそこまでうまく行くには、いろんな条件が重なっていないと無理のような気がします。

ただ、みくりが使ったテクニックを応用して、男性をあなたの虜にすることは可能ですので、ここにかかれてあるテクニックや、「逃げ恥」をもう一度見直して、みくりのテクニックをおぼえてつかってみることをおすすめします。

なんといっても、クリスマスですから、デートすることにOKしてくれたら、ほとんど好意をもってると考えていいと思います。あとは、どちらから告白するかだけですので、せっかくのクリスマスを楽しんでみてください。

最後に、初めてのクリスマスのプレゼントにシルバーのペアネックレスはどうでしょうか。二人だけの記念日にするために、二人で決めてお互いに付け合うっていうのはいい感じになると思います。

コメント