事件

山本孝の顔画像「目付きの鋭い46歳」4年前の羽曳野市事件

山本孝容疑者-顔画像1事件

4年前に羽曳野市の路上で64歳の男性を刺して命を奪った犯人が、やっと逮捕されました。

逮捕されたのは、64歳男性の知人の隣人でかなり目付きの鋭い46歳の男、山本孝(やまもとたかし)容疑者でした。山本孝容疑者の顔画像を紹介します。

山本孝容疑者の顔画像「かなり目付きの鋭い46歳」

大阪府警捜査一課は、4日、無職の山本孝容疑者を逮捕して捜査本部のある羽曳野所に連行しました。

その時の様子がニュースで流れています。山本孝容疑者の顔画像はこちらです。

まずは車で移送されてる途中の山本孝容疑者の顔画像です。

山本孝容疑者-顔画像-3

次に車から降りてきたところの山本孝容疑者の顔画像でです。

山本孝容疑者-顔画像6

羽曳野署に向かって歩き出したところの山本孝容疑者の顔画像です。

山本孝容疑者-顔画像1

ちょっとボケていて、山本孝容疑者の顔画像ははっきりしません。もっと拡大してみます。

2月4日の午前6時34分、大阪府の羽曳野署に入るときの山本孝容疑者の顔画像です。

山本孝容疑者-顔画像2

どの画像も、かなり目付きが鋭いことがわかります。

過去の山本孝容疑者への取材!「顔つきがどんどん変わっていく」

実は、事件が起きたあとに3回、MBS NEWSが山本孝容疑者に取材をしていました。

はじめは事件直後の2018年4月です。

山本孝容疑者-顔画像-10

家の前に移動しても、山本孝容疑者は優しそうな笑顔を交えながら話しています。

山本孝容疑者-顔画像-11

このときは、優しい口調で、

「(平山さんは)たぶんこの辺で倒れていた。どこに倒れていたかまでは見られへんかった。(Q警察とか周りの人はどっちに逃げたとか言っていました?)たぶん…、向こうに逃げたんと違うかな。『(犯人に対して)なんで?』っていうのを知りたいというのもあるし、なぜしたんやろと。(Q事件当時は家にいた?)そうです」(MBS NEWS)

と身振り手振りを交えて、詳しく答えています。

この1ヶ月後の2018年の5月に、ふたたびインタビューに行っています。

山本孝容疑者-顔画像-12

あるきながら、いろいろと話してくれてます。

山本孝容疑者-顔画像-13

ただ、このときは声も低く笑顔はいっさい出ていません。眼鏡も外していて、ちょっと目つきが鋭くなっていました。

インタビューの内容は、

(事件当時)外に出ていたんですよ。(Q用事があった?)用事があったというか、ちょっと表に出ていて。ガサ入れが入ってから1か月経ちますけど、当然証拠もやっていないから出てこない。だから僕は今ここにおるわけなんですけど」(MBS NEWS)

でした。この時点で、1ヶ月前に家にいたと言っていた証言をくつがえしています。

さらにこの2ヶ月後の2018年の7月に、ANNニュースが独自で取材をしていました。

その時の山本孝容疑者の顔画像がこちらです。

山本孝容疑者-顔画像-7

どこからか帰宅してきた途中の山本孝容疑者の顔画像です。「一切、そういうことされていない?」という記者の質問に、

「もちろんです。どういう意味ですか?」

と半ばキレがちで答えています。

そして、そのときの全身画像がこちらです。

山本孝容疑者-顔画像-8

記者に対して言葉少なに返答して家の方向に向かっていきました。

山本孝容疑者-顔画像-9

このときは建設業のような仕事をしていたように見えます。

わずか3ヶ月位の間で、声も顔つきも変わってまるで別人のようになっています。5月以降の山本孝容疑者の目つきが鋭くなってるのがわかります。

事件が起きてから、いろいろなメディアから犯人だと思われながらインタビューされたのが影響しているのではないでしょうか。

4年前に羽曳野市で起きた事件の概要

4年前に羽曳野市で起きた事件の概要です。

  • 2018年の2月17日の午後9時45分頃
  • 羽曳野市軽里3の路上
  • 被害者は平山喬司(ひらやまたかし)さん
  • 韓国名は崔喬可(さいきょうか)さん
  • 会社員

崔喬可さんは一緒に食事をした知人女性を家に送っていったあと、近くの駐車場に止めて知人女性の家に行く途中でした。

山本孝容疑者は、その知人女性の家の隣に住んでいました。

事件の1年も前から、山本孝容疑者は「植木鉢が車の出入りに邪魔だ」とその知人女性や崔喬可さんに苦情を訴えていました。

同時に、植木鉢を動かしたり、植木の葉を切ったりしていて、さらに29年の12月29日には警察に「隣の家の植木鉢が道路にはみ出しているので注意して」と連絡していました。

そんなことを繰り返しながら、2月17日の夜に、知人女性宅に向かって歩いてる崔喬可さんの後ろからなにものかが刃物で突き刺して命を奪ったということです。

近くに止めてあった車のドライブレコーダーからの解析で、180cm以上の長身男性がウロウロしていたことと、その男性に山本孝容疑者が似てるということで、逮捕に踏み切ったということです。

山本孝容疑者は冤罪の可能性も

山本孝容疑者は、事件当時のインタビューはもちろん、逮捕された今でも犯行を否認しています。

上で紹介したMBS NEWSのインタビューでは、「家にいた」から「外にいた」に変わってますが、「やってない」と一貫して言い続けています。

また、産経新聞からの取材では、

「(警察の捜査を受けている ?)

4月中旬に家宅捜索を受けた。任意(の取り調べ)なのに強制的に連行されたこともあった

(自宅近くで事件があったが、当日は?)

自宅にいたが、事件があった時間帯にちょっとだけ外出したせいで怪しまれている

(訴えたいことは?)

僕はやっていない、ということだ

(警察の捜査についてどう思うか?)

カメラに写っている背格好が犯人と似ていると警察からは言われたが、似ているだけで犯人扱いをされるのか」

と、こたえています。

逮捕されてからは、羽曳野署の事情聴取では、

「納得できません。やっていません」

「事件の時間帯に外出していた」

と答えています。

4年間もの長い間、「やってない」と言い続けて逮捕されなかったのが、ここに来てなぜ大阪府警が逮捕したのか、ニュースで解説されていました。

今回山本孝容疑者を逮捕した理由をカンテレでは、

「500人以上への聞き込み、防犯カメラの解析なども続け、『山本孝容疑者以外の犯行はない』と判断して、事件から4年が経とうとしてる今日、逮捕に踏み切りました」(引用:カンテレ)

と説明してました。

犯罪に詳しいジャーナリストは、

「この程度の理由で逮捕はちょっとリスクが高い。まるで昭和の時代の警察を見てるような気がする」

と話されていました。

また、山本孝容疑者を知る人のインタビューでは

「そんなことをするような子じゃないとおもうけどね、わたしは。目つきも悪うないしね」(50代女性)

と話していました。

山本孝容疑者の目つきが鋭くなったのは、ほぼメディアのせいだと思われます。

真犯人は他にもいる可能性があるので、しっかりと事情聴取してもらいたいものです。

沖縄警察署暴動事件は騒乱罪

平木雅人校長がスカートの中を盗撮

黒田歩夢はジャニーズじゃない

長野県松本市出身。静岡大学理学部卒業。その後、大手出版社に20年勤務したのち、いくつかのweb系メディアの立ち上げる。業界のウラ側からニュースを検証しています。

水谷優子をフォローする
ロイヤル通信

コメント