おすすめ

冷え性の解消に効くバスフィズって何?作り方は?

お風呂おすすめ

こんにちは、冷え症がはげしいゆうこです。

冷え性の解消に効くモノシリーズの第2弾をしょうかいします。今日は、バスフィズ・・・なんですが、知ってますか?冷え性には、バスフィズが効くってよく言われていいますよね。バスフィズとは、自宅で炭酸風呂ができてしまう発砲入浴剤のことなんです。このバスフィズの作り方をシェアします。意外にかんたんです。

バスフィズとは?

バスフィズってのは、重曹とクエン酸でつくる入浴剤なんです。要は、炭酸ってことです。あのコーラとか、炭酸水みたいに、ジュワジュワーーってなるものです。

この泡が、冷え性の解消にスッゴク効いちゃうといわれています。

多くのサイトで紹介されていますし、楽天市場や近所のスーパーでもたくさん売ってますから、あなたも見たことがあるんじゃないでしょうか。

バスフィズの作り方

作り方は、とても簡単です。どうやってもいいけど、重曹とクエン酸を、2対1の割合でまぜるだけです。

1回あたり、30gくらい使うので、重曹20gとクエン酸10gくらいでしょうか。それをまぜるだけです。そして、バスオイルなどの乳化剤5mlをいれて団子状にしたら、らっぷなどにくるんで乾燥させればできあがりです。

乳化剤なしで、粉のままお風呂に入れてもだいじょうぶです。

アレンジとしては、精油、アロマオイル、粗塩などを入れて香りなどをプラスすることです。いろいろな香りをプラスできますので、たのしめます。

この手作りバスフィズだけど、安いし、効果が高くて安全なんで、今、ひそかなブームでやっている人が多いんです。

混ぜて、固めてから使う人もいるし、まず、重曹をお風呂に入れてから、そこにクエン酸を入れて、かき回して終わりって人もいるから、あなたなりの作り方を考えればいいんじゃないでしょうか。

 

バスフィズはなんで効果があるの?

前回の記事で、塩化物温泉が冷え症に効く!って書いたんですけど、このバスフィズも冷え性の解消に、スッゴク効果があるといわれています。

冷え性というのは、血行障害、つまり、血液の流れが悪くなって体が冷えてしまうって事なんです。なので、血液の流れをよくすると、冷え性も改善されるんじゃないの?って言う考えかたです。

血液の流れを良くするには、炭酸が一番。炭酸って、皮膚から体内に入り込みやすいといわれています。CMなどでも盛んに宣伝しています。

炭酸が血液の中に入ると、血液中の二酸化炭素濃度が濃くなって毛細血管を広くして、血液を沢山流さないとダメっていう信号が、脳から手足の先に伝わるといわれてます。

ですから、炭酸のお風呂に入ると、血行が良くなって、冷え性の改善が進むということのようです。

じっさいに、炭酸風呂に入った後はポカポカして、暖かさが長い間持続するかんじがするのでよくつかっています。それを毎日にすることで、じょじょに体質を変えていけば冷え性の解消につながるんじゃないかとおもっています。

ですから、市販のバスフィズ、バスクリン、バブなんかもいいけど、余計なものも交じっているので、まずは手作りバスフィズで効果をためしてみてはどうでしょうか。

まとめ。

冷え性の解消のためにバスフィズの作り方をシェアしてきました。おわかりになってもらえたでしょうか。

いちばんの基本は、重曹とクエン酸を、2対1の割合でまぜるだけです。

それをお湯に溶かすと、炭酸がでてきてポコポコとした泡がふきでてくるわけです。その泡がからだにとても良い効果があるということです。なので、バスフィズが、冷え性にはとっても効果があるといわれています。

もっとかんたんに言えば、バスフィズは、炭酸風呂の素です。家に居ながら炭酸温泉をたのしめるということです。効能とか冷え性の改善とか難しく考えずに、からだがあったまるな~とおもいながらお風呂を楽しんでみてはどうでしょうか。

ちなみに、近所のスーパーなんかでもいろいろ売っているんで、みたことがあると思います。最近では、クエン酸はおそうじにとても重宝するのでおいてるスーパーがだいぶ増えています。重曹は昔からどのスーパーでも売ってるので手に入りやすいと思います。さらに塩をひとにぎりいれると効果がさらにアップして、わたしのばあいかなりぽかぽかになります。

コメント