おすすめ

婚約指輪のお返しをしないって大丈夫?幸せな結婚をするには話し合いが必要です。

指輪おすすめ

こんにちは、ゆうこです。

「ぼくと結婚してください」って言われた後にきになるのは、婚約指輪ですよね。どんなものがいいのか選ぶのもドキドキして楽しいです。ただ、そのうれしい婚約指輪の事で、揉めてしまう人も多いようです。

婚約指輪をもらった後に、お返しをするかしないかでもめてしまって、結局結婚するのもなしになってしまうこともあるようです。どんなことなのか見ていきましょう。

婚約指輪のお返し問題とは?

婚約指輪のお返しとはどういう事かというと、結納と関係があります。結納と、婚約指輪は違うという考えと、同じ位置づけのものと、考えるか・・・そこに問題があります。

かんたんにいうと、結納は、結納の半分をお返しします。例えば、男性は、結納金として、100万円持ってきます。その後に、女性側から、50万円くらい返ってきます。それが、結納返しというものです。

婚約指輪も結納の一部だと考えると、婚約指輪の価値の半分を、腕時計とか、スーツで返さなきゃいけないんじゃないか?という事です。

でも、婚約指輪は、彼氏からもらうものなんで、単純に、女性がもらうプレゼントだと思う人もいます。そう言う人は、お返しなんて、考えません。プロポーズのときにいきなり出してきて、「おねがいします」っていわれただけだとおもうひともいるはずです。

もちろん、もらったからには、何かを返さないといけないですが、半返しなんて聞いたことがなければいくらでもいいやと思ってしまいます。まして、給料3ヵ月分の指輪なんてきいたら、いったいいくらのプレゼントをかえさないといけないの?ってびっくりしますよね。

そこで、お返しをもらえると思っていた男子が、高い腕時計をゆびさして「僕はこれ!」みたいなことを言うと、ケンカが始まります。

それが、婚約指輪のお返し問題です。

お返しって、するの?

まわりが半返しとか、お返しをしていると、ああ、自分もしなくては!って思いますよね。ともだちだったり、姉妹だったり。特に、公務員やサラリーマンのように家が商売をしていないと、半返しというのはよくわからないようです。

商売や、おけいこ事をしていると、かならず、お祝いが来て、内祝いという半返しをします。もらったら、必ず返す習慣が身についています。

まあ、実際に結婚式に行ったら、引き出物もくるし、お葬式でも、もらって帰ってきます。なので、良く考えると婚約指輪も返すのが当たり前!ってことはわかるはずです。

ただ、当たり前といえば、当たり前なんですが、婚約指輪に関しては、ちょっと意味合いが違ってるようです。

婚約指輪をもらうっていうのは、なんというか、女子のプライドみたいな部分があるんじゃないでしょうか。結婚の着手金とか、入場料みたいな感覚・・・で、極端に言えば、「結婚してやるよ・・・」みたいな。

すみません。怒らないで読んでくださいね。

憧れもあるんでしょうね。でも、男子には、そういう部分がわかりません。結婚指輪ならいいけど、結婚式までしか付けないのに、なんで、ウン十万もするものを欲しがるの?って・・・

別にいらないじゃん!みたいな。でも、何かの雑誌で、半返しを読んだりすると、じゃあ、おれは時計がイイかな~なんて、思っちゃいます。

実話ですが、婚約指輪を買ったあとに、「じゃあ、僕はこの時計で」なんて言った人もいるんです。で、そこで喧嘩が始まったそうです。
「なんで、私が買わなきゃいけないの?」
「だって、決まりだろ~」
「えー!知らないよ。」なんて。

では、お返しって、しなきゃいけないモノでしょうか?

結論は?

うーん・・・わたしは、どっちでもいいと思います。そうじゃなきゃいけない!っていうルールも婚約指輪にはありません。結納とか、結婚式には、あります。でも、婚約指輪は、比較的新しい習慣なんで、本人たちで、考えて決めたら、それでOKだと思います。婚約指輪を結納の中にふくめるかどうかによってもかわってきますし、その土地によって違う場合もあります。

そもそも、わたし自体、婚約指輪はいらない派です。それよりも新居代とか、生活のためになにかをかったり貯金しておいた方がこれからの時代にはとてもたいせつだとおおもっています。

婚約指輪のお返しっていうはなしよりも、大事なことがあるようなきがします。

もっと大事なこと。

実は、この婚約指輪の問題の根っこに、大事なことが隠れているんです。

あなたは、付き合っている人、いますか?
そろそろ、結婚!って考えていますよね。

で、ケンカ・・・したこと、ありますか?ありますよね~。でも、婚約指輪の問題は、いままでのケンカの種とは、レベルが違う問題です。

お金の問題もからみ、実家や性格、生活態度も含んでいるので、ふたりの生活の根本を見つめ直す必要が出てきます。

今までは、「好き」「愛してる」って言っているだけでよかったですが、これからは、二人の生活が懸かってきます。この人と一緒に暮らしていけるのかどうか、一番初めの関門じゃないでしょうか。

夢から、現実世界に引き戻されるんです。

このときに、違和感を感じたら、ちょっと、突っ込んで話し合いをしておいた方が後々、楽になってきます。

「あばたもえくぼ」って知っていますか?「恋は盲目」とも言います。「大好きな彼となら、どんなことがあっても、仲良く幸せに暮らしていけそう~」なんて、幻想、夢、まぼろしです。

実際に二人が暮らし始めると、現実が覆いかぶさってきます。その初めの、現実直視が、この婚約指輪問題です。ここで、しっかり彼の事を見極めておきましょう。

まとめます。

婚約指輪のお返しについて問題点を見てきましたがおわかりになってもらえたでしょうか。

わたし的には、しても、しなくてもイイんじゃないか、二人で話し合えばだいじょうぶだと思います。婚約指輪は欲しいけど、お返しはしないっていうのも、お互いに納得できればいいんじゃないでしょうか。

ただ、親の意向も聞いておきましょう。今後、家と家との付き合いになりますから、親の意見も大切になってきます。

一般的には、
30万円の婚約指輪をもらったら、10万円ちょっとくらいの腕時計、スーツ、他、欲しいものを結婚記念品として贈ることが多いです。

結婚は当人同士だけではすまないぶぶんがでてきます。べつに「親の顔が見てみたい」なんていわれてもわたしはへっちゃらですが、周りの人が変な風に見られるのはいやですね。このさいですから、いろいろ考えておきましょう。

今の人たちは、結婚式ナシ、結納ナシ、なんにもナシの三ナシが流行っています。本人たちは良いんですが、親が、本当はどう思ってるか?ですよね。親のために結婚するわけではないですが、親の言うとおりにするのも、親孝行のひとつだと思います。

あまりにも自分たちとの考え方と親の考え方が違っていたら、縁を切るのもアリだとわたしは思います。くるしむのは当人たちですから。そうなったらほんとうにくるしいです。嫌いな両親の介護をしないといけなくなった友だちが、苦しんで病気になって入院してしまったってこともあります。

はたからみてると、何のための介護なのかよくわからないのですが、本人たちは煮詰まってしまっていてにっちさっちもいかなくなっていました。

結婚も同じです。親から無理難題を押し付けられたら、ふたりして何処かに行ってしまいましょう。親のために人生を犠牲にする必要はありません。

そのことも含めて、婚約指輪をどう買って、お返しはどうするのか、彼氏と真剣に話し合っておいた方が良いと思います。結婚するのが嫌になってからでは、遅すぎますよ・・・

コメント